新ベンチャー革命

2019年9月1日より、ヤフーブログからライブドアブログに移行しました。 日米関係、時事、技術経営などを扱います。

2018年09月

新ベンチャー革命2018930日 No.2138
 
タイトル:日本国のトップツーである安倍・ 麻生コンビの国語力が国民にばれてしまった:両者を支える官僚は猫のクビに鈴を付ける覚悟で、国民の声を二人に伝えるべき
 
1.国連演説で“背後”を“せぃご”と読んで、すまして帰国した安倍氏は、国民からただちに辞めて欲しいと思われていることに気付いているのか
 
 安倍氏は今回の国連演説で、“背後”を“せぃご”と読んで、読みの間違いにも気付かず(注1)928日、予定通り帰国しています。本人はネットでこの話題が盛り上がっているのを知っているのでしょうか。いつものように、アベトモ・マスコミは完全に沈黙していますが・・・。
 
 さて、安倍氏の国連演説後の2018929日のテレ朝“朝まで生テレビ”の視聴者アンケートによれば、安倍三選が決まって、安倍新政権にもっとも期待することは何かと聞かれて“安倍氏はただちに辞めて欲しい”の声がトップになったそうです(注2)
 
 筆者個人が同じ質問をされたら、同じ答えをしたでしょう。ネット住民で政治に関心のある国民は、ネトウヨを除いて、みんな同感なのではないでしょうか。ネット投稿サイト・阿修羅では、そのような国民の投稿であふれています。
 
 そのような国民の声が、テレ朝のアンケート結果として表れているということです。
 
2.安倍官邸や外務省は、安倍氏が“背後”という漢字を正しく読めなかった上に、自分の読みの間違いにも気付かなかったことを知っているのか
 
 安倍氏の場合、上記の例以外にもそのようなシーンがいくつもあって、マンガしか読まないとわかって総理を辞任した麻生氏のみならず、安倍氏の国語力も、小学生以下ではないかと国民が疑い始めています。安倍官邸や外務省の官僚は、そのことに気付いているのでしょうか。
 
 若い官僚はネットアクセスしているはずなので、国民の声を、もう、とっくに知っているはずです。
 
 ところで、筆者個人が安倍氏の読み書き能力に関して、前々から感じていたことは、ひょっとして安倍氏は、パソコンができないのではないかと疑っていました。安倍氏が日頃から、パソコンを使っていたら、“背後”という漢字を入力するとき、“せぃご=seigo”と入力しても、“背後”という漢字は出てこないはずなのです。
 
 パソコンを日常的に使用している国民から見れば、安倍氏が“背後“という漢字が読めなかった上に、その間違いにも気付かなかったのは、到底、信じられないのです。
 
 そのような安倍氏の周辺で蠢いている官僚は、みんな東大卒であり、安倍氏が実は、パソコンができないと知っているかもしれません。
 
3.日本のトップツーである安倍・麻生コンビの国語力が小学生以下の可能性があることは、もう国民にばれている:それでも、官僚はこのコンビを支えるのか
 
 安倍・麻生コンビは、日本のトップツーとして、今後3年も政権に居座ることが確定したのも同然ですが、両コンビは、単に首相の孫だったというだけで、ここまで上りつめているに過ぎません。だからと言って、日本語レベルが小学生以下では、官僚のつくった書類が十分に読めないし、完全に理解できないでしょうから、大臣に求められる意思決定ができないのではないでしょうか。そう言えば、安倍氏はかつて国会で改憲問題の質疑を受けた際、答弁できなくて、“読売新聞を読め!”と言い放ったことがあります(注3)。今振り返ってみると、安倍氏は憲法を正しく理解して、改憲を叫んでいるのか、大変疑問です。
 
 国民から、安倍・麻生コンビに対し、ここまで、その素性が見破られたら、そのことを、彼らの側近は、猫のクビに鈴をつける覚悟で、国民の声として、ちゃんと本人たちに伝えるべきです。
 
 いずれにしても、国語力が小学生以下の可能性がある安倍・麻生コンビと国民の間には修復できない溝ができてしまったのです。
 
 このようなコンビが日本国のトップツーとして、ノウノウと居座っている状態は、国家としても、歴史に残るほどの前代未聞の珍事です。
 
注1:本ブログNo.2136“背後”を“せぃご”と読んでも間違いに気付かない安倍氏は、社会人として必須の自己分析すらできていない:このザマでは日本のみならず世界に恥を晒すだけ』2018928
 
注2:阿修羅“<朝まで生テレビ 視聴者アンケート>安倍新政権にやって欲しいこと 1位 安倍総理には辞めて欲しい”2018930
 
注3:Kojitakenの日記“安倍晋三「読売新聞読め」()201759
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2018929日 No.2137
 
タイトル:安倍氏は北朝鮮のキムジョンウンと同類のアクターに過ぎなかった:国民は、安倍氏が大根役者であると知ったので、今後3年は絶対に持たないだろう
 
1.北朝鮮のキムジョンウンは独裁者ではなく、単なるアクターと言われているが、安倍氏も同類だった
 
 米トランプ政権を支持している謎の陰謀論集団・Qアノンは、北朝鮮のキムジョンウンは独裁者ではなく、単なるアクターに過ぎないと暴露しています(注1)
 
 なお、上記、Qアノンについては本ブログでも取り上げています(注2)
 
 さて、本ブログでは、日韓朝は、米国戦争屋の傀儡国家と観ていますが、日韓が、米国の同盟国という名の属国であるのに対して、北朝鮮は、米国の敵役傀儡国家と観ています。だからこそ、米朝首脳会談が実現したのです。この点が、米国のホンモノの仮想敵国であるイランやシリアと異なる点です。
 
 この見方に立てば、北朝鮮のキムジョンウンは、米国の傀儡政治家ですから、Qアノンが、彼をアクターと呼ぶのは間違っていません。
 
 一方、安倍氏も、米国の傀儡政治家ですから、キムジョンウンも安倍氏も米戦争屋の傀儡という観点からは、同じ穴のムジナなのです。
 
2.安倍氏は、日本を闇支配する米国戦争屋の傀儡アクターそのもの
 
 今回、安倍氏は国連で演説を垂れて、背後という漢字も読めない首相であることがばれました(注3)
 
 安倍氏をキムジョンウン同様、米国戦争屋の手のひらで踊らされるパペット(操り人形)とみなせば、安倍氏が国内外で、やっていることはすべて、アクターとしての演技でしかありません。
 
 われら日本国民は、米戦争屋の振り付けに沿って演技しているアクターとしての安倍氏を日夜、観させられているのです。
 
 一方、安倍氏も、自分は米戦争屋のアクターとして雇われているとわかっていますから、国連でも、演説を垂れる演技をしたに過ぎません。
 
 ただ、安倍氏がアメリカ様から起用されているのは、単に稀代の対米売国奴首相だった岸信介の孫だからに過ぎません。
 
 そして安倍氏は、忠実にアメリカ様のためのアクターを演じてきたということです。
 
3.安倍氏は、アクターとしては残念ながら、大根役者だった
 
 安倍氏が日本の主役として起用されているのは、アメリカ様にとって演技がうまいからではなく、岸の孫だったからです。
 
 今回、安倍氏がアクターとしても、大根役者であることが国民にばれたのですが、これは国民にとって、ある意味、不幸中の幸いだったかもしれません。
 
 安倍氏が演技のうまいアクターだったら、国民はもっと、彼にだまされて、日本が宗主国・アメリカ様によって、とんでもない状況に追い込まれることに気付くのが遅れたでしょう。
 
 ところが、安倍氏は大根役者だったので、彼の国民だましの演技にみんなだまされないわけです。
 
 そして、安倍氏をみんな、くそバカにし始めています。
 
 いずれにしても、安倍氏の正体が国民に見破られた以上、安倍氏があと3年も首相の座に居座ることは、到底、無理でしょう。
 
注1:トカナ“【米朝会談】「北朝鮮を動かしているのは金正恩ではない、彼は役者」「もうすぐ崩壊、CIAが…」”政府の内部告発者・Qアノンが暴露!“2018612
 
注2:本ブログNo.2113戦後日本を闇支配してきた帝王・デビッド・ロックフェラーが亡くなって、米国トランプ政権が誕生し、米国民は陰謀論集団・Qアノンによって覚醒し始めた:われら日本国民は、宗主国・米国の変化に気付くべき』201895
 
注3:本ブログNo.2136“背後”を“せぃご”と読んでも間違いに気付かない安倍氏は、社会人として必須の自己分析すらできていない:このザマでは日本のみならず世界に恥を晒すだけ』2018928
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2018928日 No.2136
 
タイトル:“背後”を“せぃご”と読んでも間違いに気付かない安倍氏は、社会人として必須の自己分析すらできていない:このザマでは日本のみならず世界に恥を晒すだけ
 
1.ネットで“デンデン(云々)”男とあだ名で呼ばれている安倍氏は、今度はあろうことか、国連演説にて、“背後”を“せぃご”と読んだ?
 
 安倍氏は三選されてすぐ、意気揚々と渡米、国連でエラソーに演説を垂れました。傍聴席は関係者を除いて、いつものようにガラガラで、まばらに座っている人も、安倍氏の演説を聴いているのではなく、パソコンに向かって、自分の仕事をしている人が多かったようです。
 
 国民の前では、何事も、やってるフリをするだけの安倍氏にとっては、国連という晴れの舞台で演説すれば、国民から一目置かれると勝手に思い込んでいるのでしょう。
 
 ところが、好事魔多し、安倍氏はまたまた、自分のボロが出てしまったのです。“背後”という漢字を“せぃご”と読んだのです(注1、注2)。この誤読はしっかり、中継されており、もうこのミスを打ち消すことは不可能です。
 
2.安倍氏は、“背後”という漢字を子供の頃に“せぃご”と間違って憶えた可能性がある
 
 なぜ、上記のような見苦しい誤読が生じたのでしょうか。この原稿は、いつものように専属のスピーチライターが作成したのでしょうが、安倍氏が国連演説で読み上げる間際に、事前に自分で原稿をチェックしたはずです。
 
 このとき、安倍氏が読めなかった漢字は、スピーチライターにルビ(振り仮名)をつけてもらっていたはずです。
 
 ところが、安倍氏は、“背後”という漢字を、“せぃご”と憶えていて、それが正しいと思い込んでいたら、この漢字をスピーチライターに読めないからルビをつけてくれと頼むことはなかったでしょう。
 
 一方、スピーチライターの方も、自分の作成した原稿を子供に読ませるわけではないので、すべての漢字にルビをつけるのは、いくらなんでも、一国の総理大臣たる安倍氏に失礼となります。この結果、安倍氏は、国連演説という晴れの場で、遂にボロが出てしまったということです。
 
そして安倍氏は、“背後”を“せぃご”と読むのが正しいと思い込んでいて、そのまま国連で、何のためらいもなく、“せぃご”と読んだのでしょう。
 
 上記、安倍氏の発音は、“せんご”(=戦後)にも聞こえないこともありませんが、その場合、前後の文脈と合致しません。
 
3.安倍氏の誤読は他にもある:アベトモ・加計氏を“ばくしん”の友と紹介した
 
 安倍氏は、全国的に有名なアベトモ・加計氏のことを“ばくしんの友”と人前で紹介した過去があります(注3、注4)
 
 このときの原稿には、“莫逆の友”と書いてあったようですが、この漢字が読めなかったのです。こちらは、確かに誰でも知っている漢字ではないので、読めない可能性はあったのですが、安倍氏は、この漢字を“ばくしんの友”と苦し紛れに読んだのです。そして、それを報道したメディアは、加計氏を、安倍氏の腹心の友と報じて、お茶を濁したわけです。
 
 腹心とは、信頼のおける部下のことですから、腹心の部下ならわかりますが、腹心の友という言い方もちょっとおかしいのです(注5)
 
 いずれにしても、安倍氏は、客観的な自己分析ができていたら、恥ずかしくてとても、総理をやっていられないはずなのです。
 
 こんな人物を平気で三選させる自民党という政党も、まともではないと言えます。
 
注1:ゆるねとにゅーす“安倍総理の国連演説、「背後」を「せぇご」と誤読か!?ネット「やさしい漢字すぎて、側近がルビ振り忘れた?」「信じられない日本語レベル」”2018927
 
注2:New進ちゃんのブログ“◎安倍国連演説で、「背後には、」を「せいごには」と堂々と読み上げた!(驚)”2018928
 
注3:阿修羅“安倍晋三、「莫逆の友」を「ばくしん」と読み間違え、メディアが忖度した結果「腹心の友」と報じられていたことが判明!”2017526
 
注4:本ブログNo.2028この期に及んでも、加計学園獣医学部新設に無関係と言い張る安倍氏には根本的な社会常識が欠落しているとしか言いようがない』2018529
 
注5:ヤフー知恵袋“腹心の部下は良く聞きますが、腹心の友もあるのですか?”2017623
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2018927日 No.2135
 
タイトル:ケチって火炎瓶男・安倍氏は、アベトモ・葛西JR東海名誉会長とつるんでリニア新幹線という道楽プロジェクト建設のために、われらの血税・3兆円をドブに捨てるつもりか
 
1.戦後日本を闇支配する米国戦争屋ジャパンハンドラーとつながる日経グループは、モリカケ疑惑のみならず、リニア新幹線疑惑の追及もし始めた
 
 先日、三選された安倍氏は今、渡米中ですが、戦後日本を闇支配する米国戦争屋ジャパンハンドラーとつながる日経グループが、安倍氏の留守中に、森友事件追及の狼煙(のろし)を上げました(注1)
 
 その日経グループは、森友事件のみならず、第三のモリカケ疑惑といわれるリニア新幹線疑惑の追及も同時にやっていました(注2、注3)
 
 本件、本ブログも過去に取り上げています(注4、注5、注6)
 
 野党は、次期国会で、モリカケ疑惑に加えて、リニア新幹線疑惑も是非、追及して欲しい。
 
2.安倍氏は、われらの血税3兆円(安倍氏のカネではない)を、アベトモ・葛西JR東海名誉会長に勝手に贈与しようとしている
 
 内閣人事局をつくって官僚を押さえ込み、安倍一強体制をでっち上げた安倍氏の周辺には、様々なタカリ屋が寄ってきて、甘い汁を吸おうとしていますが、アベトモの一人・葛西JR東海名誉会長はナナナント、3兆円ものわれらの血税を安倍氏から勝手に贈与されているようです(注2)
 
 この案件は、国による融資というより、安倍氏から葛西氏へのビッグ贈与に等しいわけです。安倍氏にとっては、われらの血税は自分のモノと勘違いしているらしくて、なんと気前のよいことでしょうか。
 
 いずれにしても、われらの血税を自分のモノと勘違いしている人間を、今の自民議員は支持しているのです、ほんとうに嘆かわしいことです。
 
 そのような安倍氏は“ケチって火炎瓶男”と揶揄(やゆ)されているように、自分のカネには極めてケチですが、国民の血税ばらまきには、極めて寛容のようです、ほんとうに信じられない人間です。
 
3.技術に疎い安倍・葛西コンビは3兆円もの血税を超電導リニア新幹線につぎ込むとは狂気の沙汰:技術無知が権力を握る怖さを目の当りにする思い
 
 安倍・葛西コンビが、われらの血税3兆円を使って作ろうとしているのは、東京と名古屋を結ぶ第二新幹線ですが、それは超電導新幹線(リニア新幹線)です。
 
 ところで、筆者は、70年代末から2000年代にかけて、超電導技術の実現性の調査をやった経験がありますが、超電導状態を維持するのは非常に困難であることがわかっています。
 
 しかしながら、理系ではない安倍・葛西コンビは、超電導技術の現実に疎く、その困難性もわからないのでしょう。
 
 ちなみに、東京と名古屋間は普通の新幹線でも、2時間未満ですから、わざわざ超電導新幹線を使って30分で行っても、料金がバカ高くなるので、コストパフォーマンスは低いのです。いずれにしても、葛西氏の構想は実に愚かで、時代遅れの発想です。
 
 今のところ、リニア新幹線疑惑の追及をやっているのは日経グループだけのようですが、野党と他のマスコミは日経に倣って、安倍・葛西コンビの道楽プロジェクト・リニア新幹線疑惑の追及を是非、やって欲しいと願って止みません。
 
注1:本ブログNo.2134米国ジャパンハンドラーとツーカーの日経新聞系のテレビ東京が森友事件を取り上げた:立憲民主・枝野氏の日米同盟堅持発言とリンクしているのか』2018926
 
注2:日経ビジネス“財投3兆円投入、リニアは第3の森加計問題”2018830
 
注3:阿修羅“国民よ怒れ!こんなバカなことを許すな!(simatyan2のブログ)”
 
注4:本ブログNo.1872遂に本格的な安倍おろしが始動するのか:モリカケ・ヤマカケ・スパコン疑惑に加えて、リニア中央新幹線不正入札疑惑が表面化』20171210
 
注5:本ブログNo.1879反共主義者・葛西氏の企むリニア中央新幹線に従来型超電導技術使用は無理!:親米似非右翼だけが生き残るための地下核シェルターをわれらの血税でつくるつもりか』20171219
 
注6:本ブログNo.1880週刊朝日が大手マスコミのトップを切って、リニア新幹線談合と安倍利権の追及に踏み切った:安倍氏がもっともよく会食・ゴルフする相手はナベツネと鉄鋼ビル(かつて神戸製鋼東京本社所在地だった)専務と葛西氏(JR東海名誉会長)20171220
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2018926日 No.2134
 
タイトル:米国ジャパンハンドラーとツーカーの日経新聞系のテレビ東京が森友事件を取り上げた:立憲民主・枝野氏の日米同盟堅持発言とリンクしているのか
 
1.安倍夫妻が渡米中という鬼の居ぬ間に、あのテレビ東京(日経新聞系)が、ナナナント、森友事件追及を復活させた?
 
 先日、安倍氏は自民総裁選で再選され、意気揚々と血税浪費の渡米旅行に夫婦そろって出かけています。
 
 なぜ、テレ東が森友事件追及の番組を、このタイミングで流したのか、当初、不可解でしたが、日米関係に何らかの変化(水面下の変化)があって、テレ東がその内容を日経新聞経由で秘かに知っている可能性があります。
 
 いずれにしても、安倍氏が留守中に、日経新聞系のテレ東が、昨日、森友事件を取り上げたのです(注1)
 
 いくら安倍氏が自民総裁選で三選されても、モリカケ疑惑はウヤムヤにされたままであり、まったく決着はついていないのです。
 
 安倍氏自身は、自分は特別な人間だと勝手に思い込んでいるかもしれませんが、日本はれっきとした民主主義国家ですから、いくら安倍氏が総理大臣であっても、自分に掛けられた嫌疑を不問に付すことは絶対に許されません。こんなことは良い子の小学生にもわかる話です。
 
 さて、それでは、いったいなぜ、朝日新聞や日刊ゲンダイのようなアンチ安倍系メディアではないテレ東が、わざわざ、森友事件を取り上げたのでしょうか。
 
2.テレビ東京とつながる日経新聞は、日本を闇支配する米国戦争屋ジャパンハンドラーの巣窟・CSISと提携している
 
 上記、森友事件を取り上げたテレ東につながるのは日経新聞ですが、日経は米国シンクタンク・CSISと提携しています(注2)
 
 このCSISこそ、日本を闇支配する米国戦争屋ジャパンハンドラーの巣窟なのです。したがって、米戦争屋が今後、安倍氏をどのようにハンドリングしようとしているのか、日経新聞およびテレ東は秘かに知っている可能性は確かにあります。
 
 いずれにしても、テレ東は、安倍一派のもっとも嫌がることを堂々とやったのです。
 
3.米国戦争屋ジャパンハンドラーは、三選後の安倍氏をレームダック化(死に体化)しようとしているのか
 
 一つ言えることは、日経・テレ東ラインは、朝日新聞や日刊ゲンダイと違って、アンチ安倍系メディアではないので、米戦争屋ジャパンハンドラーからの了解なしに、安倍氏のアキレス腱となっているモリカケ疑惑を取り上げることは絶対にありません。
 
 ということは、米戦争屋ジャパンハンドラーは、モリカケ疑惑にまみれる安倍氏を嫌って、三選後の安倍氏をレームダック化させようと考えている可能性を否定できません。
 
 国民からの信用を失った安倍氏をいつまでも、傀儡首相に据え置くという発想は、米ジャパンハンドラーの発想ではないでしょう。
 
 したがって、今の安倍氏は、米戦争屋ジャパンハンドラーからは、もう、用済みになっているのかもしれません。
 
4.テレ東の森友事件番組と枝野・立憲民主代表のジョージ・ワシントン大講演はリンクしているのか
 
 今回のテレ東の森友事件番組放映の前、913日、野党第一党である立憲民氏の代表・枝野氏は、CSIS(ジョージタウン大配下)と同系統のジョージ・ワシントン大学にて、講演を行っています(注3)。そして、枝野氏は、この場で、聞き捨てならない重要な発言をしています。それは、立憲民主は日米同盟堅持主義政党と述べたことです。
 
 この発言は、立憲民主支持の国民の神経を逆撫でするモノです。
 
 この発言に基づいて、米戦争屋ジャパンハンドラーのジャパンハンドリングが変わる可能性があります。
 
 米ジャパンハンドラーは、自民党を米共和党に類似させ、立憲民主を米民主党に類似させ、両党を拮抗させる発想を持っている可能性が出てきました。
 
 要するに、彼らは、日本会議によって闇支援される安倍一強体制を崩壊させようと考えているかもしれません。
 
 ちなみに、米ジャパンハンドラーは、安倍一派を含む日本会議勢力の本性が、戦前回帰の大日本帝国主義者であることをよくわかっているはずなのです。
 
 彼らは自衛隊の米軍傭兵化のために、安倍一派を泳がしていたのですが、今後は、安倍一派の一強化にブレーキを掛けるつもりかもしれません。
 
 いずれにしても、安倍三選を境に、日本の政治の流れは、米ジャパンハンドラーによって変えられそうです。
 
注1:阿修羅“<テレ東、独自取材!>森友問題 公文書改ざん 自殺職員の父が語る遺書 「言われた通り書き換えた」財務局OBが決意の告白!”2018926
 
注2:日経・CSISバーチャル・シンクタンク
 
注3:時事通信“立憲・枝野氏「外交は日米基軸」=米で講演、辺野古移設は反対”2018914
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

↑このページのトップヘ