新ベンチャー革命

2019年9月1日より、ヤフーブログからライブドアブログに移行しました。 日米関係、時事、技術経営などを扱います。

2019年10月

新ベンチャー革命20191031日 No.2506

 

タイトル:完全犯罪を狙って安倍氏は、安倍晋三記念小学院の実現に奔走したにもかかわらず、豊中市議・木村氏の努力で、不正がばれてしまった:もう辞任するしかない!

 

1.あの安倍夫妻は、教育勅語を教える時代錯誤の森友学園に異様に肩入れしたのはなぜか、国民はみんな、大いに疑問を持つべき

 

 本ブログ前号(注1)にて、久々に森友事件を取り上げました。この事件の核心は、国有地の不正な払い下げや、学校設立に絡む補助金の不正受給などではなく、日本国総理大臣であるあの安倍氏が、なぜ、幼稚園児に教育勅語を暗唱させるような時代錯誤の森友学園の小学院建設に異様に肩入れをしたのかという点です。

 

 時代錯誤の森友学園の異様さは、事件発覚当時、テレビでさんざん放送されていました。

 

 筆者は、この学園の幼稚園児が、教育勅語を暗唱していたシーンを観たときはさすがにギョッとしました。いまどき、こんな幼稚園があるのかと信じられませんでした。

 

 さらに驚いたのは、この異様な森友学園に、あろうことか、あの安倍夫妻が熱心に肩入れしていた事実です。

 

2.安倍氏が時代錯誤の森友学園に肩入れしたのは、日本会議(戦前回帰の大日本帝国主義信奉勢力)の意向だった可能性がある

 

 安倍氏の背後に日本会議が控えているのは周知のことですが、彼らは戦前回帰の大日本帝国主義信奉者と本ブログでは観ています。

 

 したがって、彼らは、今の日本を戦前回帰させたいのです。初等教育における教育勅語の復活策謀は、その延長線上にあります。

 

 そして、上記、日本会議勢力は、戦前回帰の大日本帝国主義を復活させる第一歩が、子供の教育(洗脳教育)にあるとみなしているのではないでしょうか(注2)。

 

 このような野望に基づいて、安倍氏を背後から操っているのは、ズバリ、葛西氏(注3)ではないでしょうか。この人物(安倍氏の指南役)はすでに、海陽学園の経営者でもあります。

 

3.日本会議の意向を受けて森友学園の支援を請け負った安倍氏は、完全犯罪を狙って隠密行動を取ったのにばれてしまったに過ぎない、単に身から出たサビだった

 

 葛西氏などからのアドバイスで、秘かに森友学園支援を請け負った安倍氏は、違法行為に手を染める際、完全犯罪を狙ったと疑われます。

 

 まず、安倍氏がやったことは、森友学園の計画した安倍晋三記念小学院の用地として、近畿財務局管轄の国有地(大阪国際空港近接地)を、森友に不当に譲渡することだったのです。そのため、安倍氏は巧妙なアリバイをつくって近財局を秘かに訪問して、陳情したのです(注4)。

 

 安倍氏の行動は、すべてうまく行き、まんまと、安倍晋三記念小学院は完成したのですが、好事魔多し、偶然、安倍氏の不正がばれてしまったのです。

 

 安倍晋三記念小学院について、地道に調査していた地元の豊中市議・木村氏が、近財局の不正行為を発見してしまったのです(注5)。

 

 こうして、安倍氏の犯罪がばれてしまったにすぎません。

 

 しかしながら、安倍氏は自分の置かれた状態を冷静に把握できず、森友事件はドンドン、間違った方向に進展してしまったということです。

 

 上記、木村氏の調査で、不正がばれた時点で、安倍氏が潔く、辞任していれば、この問題がここまでこじれなくて済んだのです。

 

 本事件に関しては、公文書改ざんで、近財局にて自殺者まで出ています(注6)。

 

 いずれにしても、安倍氏は、このまま、ウヤムヤにして森友事件から逃げることはもう不可能です。

 

 一刻も早く、まず、総理を辞任すべきでしょう。

 

注1:本ブログNo.2505教育勅語を教えていた森友学園の籠池夫妻に懲役7年求刑:戦前回帰の大日本帝国主義信奉勢力である安倍一派の正体を国民に暴露する絶好のチャンス到来か』20191030

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/4169946.html

 

注2:本ブログNo.1931森友学園・海陽学園・泰明小学校をつなぐ糸、それは反共保守エリート教育体制(洗脳教育)の導入にあるのか:日本を乗っ取る米国戦争勢力の極東分断統治戦略と見事に合致する!2018210

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2018-02-10.html

 

注3:葛西敬之

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%9B%E8%A5%BF%E6%95%AC%E4%B9%8B

 

注4:本ブログNo.1968201594日午後3時から小一時間、安倍氏が読売テレビ番組・ミヤネ屋に生録出演した時間帯の動静を追及すべき:近畿財務局は読売テレビと大阪城をはさんだ反対側に位置する2018320

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2018-03-20.html

 

注5:本ブログNo.1637軍国小学院開設不正事件:安倍氏の関与と財務省の不正が明白なのに、まだ、安倍内閣支持率が50%もある?これでは日本はよくならない!2017322

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2017-03-22.html

 

注6:東京新聞“彼の無念晴らしたい 森友疑惑 自殺職員の元同僚”2019424

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201904/CK2019042402000126.html

 

 

新ベンチャー革命20191030日 No.2505

 

タイトル:教育勅語を教えていた森友学園の籠池夫妻に懲役7年求刑:戦前回帰の大日本帝国主義信奉勢力である安倍一派の正体を国民に暴露する絶好のチャンス到来か

 

1.教育勅語を教えていた森友学園の籠池夫妻に、大阪地検は懲役7年を求刑した

 

 あの安倍氏を苦しめたモリカケ事件がこのところ、ウヤムヤにされたまま放置されていたと思ったら、今日、1030日、大阪地検が、森友事件の籠池夫妻に対し、懲役7年の求刑を行いました(注1)。

 

 財務省は、森友小学校建設用地を不当に格安で森友学園に譲渡していますが、国民はみんな、教育勅語を教える森友小学校建設に大賛成していた安倍夫妻に忖度した結果、このような特別扱いが行われたと理解しています。

 

 にもかかわらず、日本の検察は、安倍夫妻には手を出さず、籠池夫妻だけに求刑しているのです。

 

 さて、日本には、“片手落ち”という差別語的な日本語が存在しますが、今の日本の検察は完全に片手落ちであり、これでは、今の日本は、到底、民主主義国と言えません。

 

 このザマでは、司法に関して、今の日本は野蛮な三等国そのものです。

 

2.森友事件に関して、安倍氏は国会で何度も、大ウソをついているのに、なぜ、安倍氏は何の責任も取らないのか

 

 森友事件に関しては、少なくとも、安倍夫人の関与の証拠画像が大量に存在していて、国民の誰もが、安倍夫人の関与はあったと認識しているはずです。

 

 さらに、昭恵夫人は、森友小学校の名誉校長も引き受けていたのです。

 

 一方、安倍氏は国会にて、全国民に向かって、自分のみならず、妻が森友事件に関与していたとしても、総理を辞任するのみならず、議員も辞職すると啖呵を切っていて、全国民が、安倍氏のその啖呵を聞いています。

 

 にもかかわらず、安倍氏はいまだに、総理も議員も辞めていないのですが、なぜ辞めないのかについても、国民に何の説明もしていません。

 

 一国の総理たるものが、全国民に約束したことを平気で破っているのです。

 

 こんな不誠実な人物をいまだに信用する国民はいるのでしょうか。今の安倍氏は、すでに国民の信用を失っていますから、総理大臣に留まる資格はもうないのです。

 

3.今回の籠池夫妻への懲役7年求刑にて、モリカケ事件が再燃するのはもう避けられない

 

 安倍夫妻の方は自分勝手な判断で、日本の国民はみんな、モリカケ事件を忘れたくらいに思っているかもしれませんが、国民はそんなに甘くないのです。

 

 籠池夫妻だけが、監獄に入れられて、安倍夫妻が不問ということは、民主主義国家では許されません。

 

 今後、マスコミや野党が率先して追及すべきは、幼稚園児に教育勅語を暗唱させるような時代錯誤の森友学園をなぜ、安倍夫妻は応援したのか、という根本問題です。

 

 ところで、このたび、文科大臣に抜擢された安倍氏の側近・萩生田氏は、教育勅語の書かれた掛け軸を飾っているようですが、安倍氏も萩生田氏も、教育勅語を復活させようとしていると疑われます(注2)。

 

 今回の森友事件の再燃をキッカケに、野党は、安倍一派の教育勅語復活の野望について、是非とも、国会で追及すべきです。

 

 いずれにしても、野党は、この際、安倍一派の正体(戦前回帰の大日本帝国主義信奉者)を何としても暴いて、国民に暴露して欲しい!

 

注1:時事通信“籠池夫妻に懲役7年求刑=森友学園補助金詐取-大阪地裁”20191030

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019103000148&g=soc

 

注2:リテラ“史上最悪の極右内閣が誕生!教育勅語を掛け軸にする文科相、バノン大好き法務相、日本会議のガチメンバーも入閣”2019912

https://news.line.me/articles/oa-rp95854/30013b46a11c

 

 

新ベンチャー革命20191029日 No.2504

 

タイトル:半島系カルト色を強める安倍政権の反韓・反朝姿勢は単なるポーズか:いまだに安倍氏を支持するネトウヨはすっかりだまされている

 

1.安倍政権下の日本は、本来の民主主義とは真逆のカルト支配国家に堕しているのか

 

 先月、安倍政権は内閣改造を行いましたが、その正体は、まさに、カルト内閣そのものと指摘されています(注1)。

 

 民主主義国であるはずの戦後日本の政治で起きていることは、民主主義とは真逆の方向に向かっているということです。

 

 われら日本国民は、このような日本の政治のカルト化に一刻も早く気付くべきです。

 

 安倍氏を筆頭に、日本の支配者は、民主主義者を装っており、国民に対して、その正体を隠しています。

 

 いまだに、政権党・安倍自民を支持する国民の多くは、おそらく、彼らの正体を見破っていないのではないでしょうか。

 

 もし、多くの国民が安倍自民の正体を知れば、とても、安倍自民は政権党ではいられないはずです。

 

 そのことを安倍自民自身がよくわかっているため、彼らは自分たちの正体を隠しているのでしょう。

 

2.半島系カルト勢力・安倍自民が反韓・反朝のスタンスを取っているのはなぜか

 

 今の安倍政権は、オモテムキ、韓国と対立し、北朝鮮とも対立していますが、安倍自民の背後に控えるのは韓国・北朝鮮を拠点とする半島系宗教団体・統一教会であることは間違いありません(注1)。

 

 また、安倍自民の黒幕・日本会議も、実にいかがわしいのです。

 

 日本会議勢力が、ほんとうに日本人の団体であれば、なぜ、わざわざ日本会議と名乗るのでしょうか。この名称こそ、彼らは日本人ではないことを示唆しています。

 

 このように観ると、安倍自民が、あえて、反韓・反朝姿勢を取るのは、実は、単なるポーズなのではないでしょうか。

 

 その隠された狙いは、自分たちの正体を国民に知られたくないからと疑われます。

 

 もし、安倍自民の正体が国民全体に知られたら、選挙に勝って、安倍自民が政権党になれるはずがないからです。

 

3.安倍氏によって閣外に出された世耕氏は、統一教会系政治家と言われて激怒したのは確か

 

 本ブログ前号(注2)にて、世耕・前・経産大臣が、彼を統一教会系と言った青学教授に激怒し、訴訟まで起こした話題を取り上げました。

 

 なぜ、世耕氏が統一教会系と言われたかというと、学生時代に、原理研究会(統一教会の学生向け勧誘団体)に所属していたという情報がネットにアップされているからと思われます。

 

 しかしながら、原理研はかつて、その正体を隠して大学内でサークル活動をしており、多くの学生は、その正体を知らなかった可能性があります。

 

 したがって、世耕氏は、ほんとうに統一教会系ではない可能性は確かにあります。

 

 しかしながら、彼があえて、訴訟を起こしたことで、国民に対して正体を隠している統一教会の正体が、逆に日本国民にばれてしまうのです。

 

 もしそうなら、世耕氏はほんとうに統一教会系ではないかもしれません、だからこそ、今回の内閣改造人事(半島系カルト色強化のための改造人事)で、世耕氏ははずされたのではないでしょうか。

 

 もしそうなら、世耕氏は、統一教会に恨みを持ってもおかしくありません。

 

 今回の、世耕訴訟事件にて、安倍自民は、半島系統一教会勢力の支配下にあると知るべきです。そして、安倍政権の反韓・反朝姿勢は、国民をあざむくためのポーズではないかと疑うべきです。

 

 いまだに、隠れ親韓・親朝の安倍政権を支持するネトウヨはそろって、反韓・反朝ですが、みんな、すっかり、だまされています。

 

注1:日刊ゲンダイ“日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”2019917

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/261913

 

注2:本ブログNo.2503統一教会とズブズブの安倍氏によって閣外に追い出された世耕・前・経産大臣が同教会がらみの訴訟を起こした:安倍氏と教会の関係がばれる!』20191028

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/4152670.html

 

 

新ベンチャー革命20191028日 No.2503

 

タイトル:統一教会とズブズブの安倍氏によって閣外に追い出された世耕・前・経産大臣が同教会がらみの訴訟を起こした:安倍氏と教会の関係がばれる!

 

1.安倍一派のはずの世耕・前経産大臣は、同氏が統一教会に所属しているとネット投稿した青学の教授(中野氏)を訴えた?:これは典型的なヤブヘビ行為

 

 安倍氏が重用してきた世耕氏がこのたび、青学の教授を訴えたそうです。その訴状は、この教授が、世耕氏は統一教会に所属しているとネット投稿したことが、事実無根で名誉棄損に相当するというシロモノのようです(注1)。

 

 アベ友マスコミは、徳井某(大阪芸人)の脱税事件ばかり取り上げないで、是非とも、この世耕訴訟事件を大々的に報道して欲しいモノです。

 

 もし、この事件をアベ友マスコミが取り上げたら、安倍一派と統一教会の長年の癒着関係を全国民が知るところとなります。

 

2.世耕氏を経産大臣に起用した安倍氏の祖父・岸信介と統一教会の関係は、国際勝共連合の存在を知れば容易にわかる

 

さて、90年代の筆者は、仕事で頻繁に米国ワシントンDCを訪問した経験がありますが、統一教会がワシントンDCのケネディ・スタジアムで大規模な集団結婚式をやる(注2)という派手な広告を、ワシントン・ナショナル空港で見た記憶があります。

 

 そのとき感じた、あまりの違和感が、今でも強く記憶に残っています。

 

 その後、統一教会の文鮮明(故人)が、本ブログのメインテーマである米国戦争屋CIAのボスであったデビッド・ロックフェラー(故人)と親しいらしいことがネット情報などでわかり、なるほどと思いました。

 

 ちなみに、安倍氏の祖父・岸信介は、米戦争屋CIAのエージェントであり、CIAの資金で自民党をつくったことがわかっています(注3)。

 

 米戦争屋CIAのボス・デビッド・ロックフェラーに取り入った文鮮明は、安倍氏の祖父・岸信介(米戦争屋CIAのエージェント)らと、国際勝共連合(注4)を結成しています。

 

3.米国戦争屋CIAのエージェントであった岸信介の孫・安倍氏が、統一教会の集団結婚式に祝電を送ったことは有名な話

 

 安倍氏が、米国戦争屋CIAエージェント・岸の後継者として、文鮮明率いる統一教会と関係があるのは当然です。

 

 その証拠に、安倍氏は統一教会の集団結婚式の際、祝電を送ったことは、極めて有名な話です(注5)。

 

 したがって、今回、世耕氏が、安倍氏一族と親密な統一教会に所属しているというネット情報を強く、否定したことは、安倍氏のメンツを潰す行為なのです。

 

 穿った見方をすれば、安倍氏の今回の内閣改造人事にて、経産大臣だった世耕氏を閣外にはずした人事への意趣返しが、安倍氏のメンツを潰す可能性のある今回の世耕訴訟事件のウラ動機なのでしょうか、謎は深まるばかりです。

 

 そこで、野党は、今国会で、上記、世耕訴訟事件を取り上げて、世耕氏を閣僚に起用していた安倍氏と統一教会の関係を追及すべきです。

 

 ところで、アベ友マスコミによる世論調査によれば、いまだに安倍内閣を支持する国民が世論調査回答者の半数に達しているそうですが(注6)、いったいどうなっているのでしょうか、もう、ほんとうに信じられませんが・・・。

 

注1:阿修羅“世耕参院議長、「統一教会の関連団体に所属」のツイートが「名誉棄損である」として提訴!→ネット「統一教会ってそんなヤバい組織なんだ」「安倍総理は統一教会を訴えないの?」(ゆるねとにゅーす)”20191027

http://www.asyura2.com/19/senkyo266/msg/785.html

 

注2:合同結婚式

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E5%90%8C%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F

 

注3:週刊朝日“岸信介とCIAの密接な関係 自民党にも金の流れ?”2013517

https://dot.asahi.com/wa/2013051700001.html

 

注4:国際勝共連合

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8B%9D%E5%85%B1%E9%80%A3%E5%90%88

 

注5:しんぶん赤旗“統一協会の集団結婚・大会、安倍長官らが祝電、韓国「世界日報」報道”2006613

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html

 

注6:阿修羅“経産相辞任に当然が75%なのに内閣支持率アップはオカシイ?”2019ネン1028

http://www.asyura2.com/19/senkyo266/msg/808.html

 

 

新ベンチャー革命20191027日 No.2502

 

タイトル:サイコパスと疑われる安倍氏は、配下の大臣の不祥事発覚の際、任命責任は自分にあると言いながら、責任を取ったためしがない:なぜ、野党はそれを追及しないのか!

 

1.われら日本国民の頂点に立つあの安倍氏は、総理大臣にあるまじき究極の口先男(口だけ男)とは、もう絶句!

 

 あの安倍氏は、先日、彼が任命したばかりの菅原経産相の違法行為がばれて大臣辞任に追い込まれた際、国民に向かって、任命責任は自分にあると言い、深くお詫び申し上げますと、謝罪しています。

 

 ところが、安倍氏に限って、このような発言はほんとうに口先だけで、これまでも同じことを繰り返しているとテレビで指摘されています(注1)。

 

 日本国の総理大臣たるものが、全国民に向かって吐く言葉は本来、重いはずです。

 

 世間では“武士に二言はない”とよく言われますが、責任の重い任務に就いている人ほど、公の発言には、それなりの重みが要求されます。

 

 ところが、あの安倍氏の公言ほど、軽いものはありません。

 

 安倍氏はこれまでも、テレビや国会で“誰それの任命責任は自分にある”という公言を頻発させてきましたが、筆者個人は、それを聞くたびに、ドキっとします。そして、この人、それで、一体、どんなカタチで責任を取るつもりかと疑問に思いますが、その後、彼が、自分の政権閣僚の不祥事の責任を取ったためしがありません、すべて、その場限りの口先だけで終わっています。

 

 今回もおそらく、その繰り返しでしょう。

 

2.普通の常識人は、自分の責任に関する発言を安倍氏ほど、軽々しくクチにしない、なぜなら、自分の信用に係わるから

 

 一般的に、世の中で何か事が起きたときは、必ず、その責任は誰にあるのかが追及されます。

 

 そして、ことを起こした責任者は、それなりの責任を取らなければなりません。そして、責任を取らされる人間には、一定の罰が課されますから、普通の人は軽々しく、”自分が責任を取る“と発言することはありません。

 

 ところが、安倍氏の場合、日本でもっとも責任の重い総理大臣の地位に就いているわけですから、彼の任命した部下が不祥事を起こした際、“自分が責任を取る”と口走ったら、その責任ある地位を辞任するのが常識です。

 

 しかしながら、あの安倍氏に限って、日本一地位の高い人間であるにもかかわらず、平気で、責任云々を国民の前で口にしても、まったく責任を取らないのです。こんな軽い口先男の総理大臣は前代未聞です。

 

 こんなことが通用するなら、世の中の犯罪容疑者はみんな、口先で謝罪すれば、それで釈放されることになります。

 

3.安倍氏には、基本的な社会常識が生来、欠如しているのではないか

 

 さて、本ブログでは、安倍氏はサイコパスではないかと指摘しています(注2)。

 

 彼がサイコパスの特徴をもっとも発揮したのが、モリカケ事件のときです。

 

 彼は、森友学園事件への関与を国会で野党から追及されたとき、自分のみならず、妻が関与していても、総理大臣のみならず、議員も辞めると啖呵を切ったのですが、あれだけ、安倍夫妻の森友事件関与の証拠が突きつけられても、平気の平左でいまだに、総理の座に居座っています。

 

 この一件で、彼はもう国民から信用を失っているのですが、それを知らないし、知る気もないのです、もう、あきれてモノも言えません!

 

 このような人物はもう、到底、普通ではないのです、にもかかわらず、なぜ、マスコミはそれを指摘しないのでしょうか。

 

 ところで、その安倍氏の虚言癖は、子供の頃から変わっていないという指摘もあります(注3)。

 

 野党は、そろそろ、安倍氏の病的なウソ吐き(口先男:口だけ男)について、国会で言及してもよいのではないでしょうか。

 

注1:阿修羅“菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判! 安倍首相の国民を舐めた姿勢とマスコミの責任を批判(リテラ)”20191026

http://www.asyura2.com/19/senkyo266/msg/755.html

 

注2:本ブログNo.2252あらゆる組織にとって最悪なのは、サイコパスが間違って指導者の座につくことだそうだ:安倍政権下の日本はこのまま行くと、恐ろしいことになる!』201927

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2019-02-07.html

 

注3:阿修羅“子どものころから嘘つきだった安倍首相 天木直人20191026

http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/810.html

 

 

↑このページのトップヘ