新ベンチャー革命

2019年9月1日より、ヤフーブログからライブドアブログに移行しました。 日米関係、時事、技術経営などを扱います。

2019年11月

新ベンチャー革命20191129日 No.2535

 

タイトル:日本を闇支配する米国CIAジャパンハンドラーは、米国留学エリートの政治家を好む:野党は安倍氏の南カリフォルニア大留学(学歴詐称疑惑)を追及すべき

 

1.窮地に追い込まれている安倍氏にとって、ハーバード大学院出身の林参院議員は脅威以外の何者でもない

 

 本ブログ前号にて、公的行事「桜を見る会」を私物化していたことがばれた安倍氏(一人区・山口4区衆院議員)と林参院議員(山口県)の確執について、言及しました(注1)

 

 今の安倍氏は、亡父・安倍晋太郎の後継者ですが、安倍親子の選挙地盤は、林参院議員の父・林義郎(故人)とかぶっています。

 

 その意味で、今の安倍氏と林参院議員は山口県西部の選挙区にて、ライバル関係にあります。

 

 安倍氏の亡父・安倍晋太郎は60年代に、一度、落選したことがあり、晋太郎のライバルは周東英雄と言う人物でした。そして、林参院議員の父・林義郎は、周東の後継者だったのです。

 

 したがって、林参院議員にとって、安倍氏を失脚させて、安倍氏の座(一人区の山口4)を奪いたいはずです。

 

2.今の安倍氏はなぜ、ライバル・林参院議員を文科大臣や農水大臣に任命したのか

 

 今の安倍氏にとって、林参院議員は山口4区の選挙区のライバルですが、安倍政権下にて、林氏を文科大臣や農水大臣に任命しています。

 

 安倍氏はエコヒイキ人事を平気でやるので、上記の人事は安倍氏らしくない人事と言えます。

 

 穿った見方をすると、安倍氏は、林氏に恩を売って、地元選挙区(山口4)で、林氏に挑戦出馬させないようにするつもりだったのではないでしょうか。

 

 もうひとつの穿った見方では、日本を闇支配する米国戦争屋CIAジャパンハンドラーが、米国留学経験者の政治家を好んでいることも、ハーバード出の林氏を大臣にせざるを得なかったと言えます、米国戦争屋の傀儡・安倍氏にとって・・・。

 

 その証拠に、安倍政権には、米国留学経験者が多いのですが(注2)、林氏(ハーバード出身)もその一人です。

 

3.安倍氏は、林氏に学歴コンプレックスを持っていて、米国ジャパンハンドラーが、林氏など米国留学エリートを安倍氏の後釜に据えるのを恐れている

 

 さて、学歴コンプレックスのカタマリ・安倍氏は、学歴詐称疑惑があります(注3)

 

 にもかかわらず、安倍政権の閣僚には、米国留学組が多いのは、安倍氏の背後に控える米国戦争屋CIAジャパンハンドラーの要求を断れないからでしょう。

 

 このような現実を考慮すると、安倍氏にとって、もっとも打撃の大きいスキャンダルは、実は、「桜を見る会」の私物化ではなく、安倍氏の南カリフォルニア大留学という学歴詐称の過去を暴かれることなのではないでしょうか。

 

 そこで、野党は、安倍氏攻略に向けて、是非とも、彼の学歴詐称疑惑を再燃させるべきです。

 

 ちなみに、大学にて、教員が学歴詐称をやったら、一発で懲戒免職です。

 

注1:本ブログNo.2534「桜を見る会」に招待された安倍後援会員の旅費を自民党支部が負担した疑惑が浮上!:安倍氏の後釜は、ハーバード大学院卒・林参院議員か』20191128

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/4548531.html

 

注2:ビジネスインサイダー“東大倍増、ハーバード大学院4人“安定=高学歴”か —— 安倍新内閣閣僚の出身大学から見えるもの“201784

https://www.businessinsider.jp/post-100671

 

注3:リテラ“学歴詐称はショーンKだけじゃない! 安倍首相も「南カリフォルニア大学政治学科留学」を詐称しこっそり削除”2016318

https://lite-ra.com/2016/03/post-2079.html

 

 

新ベンチャー革命20191128日 No.2534

 

タイトル:「桜を見る会」に招待された安倍後援会員の旅費を自民党支部が負担した疑惑が浮上!:安倍氏の後釜は、ハーバード大学院卒・林参院議員か

 

1.公的行事「桜を見る会」で、安倍氏が国民に説明したことと矛盾する証拠がまたも暴露された

 

 国会では今、公的行事「桜を見る会」における安倍氏による私物化問題が取り上げられていますが、またまた、安倍氏のウソを証明するような証拠を、あの週刊文春が暴露しました(注1)

 

 それは、思った通り、安倍後援会の「桜を見る会」参加費用は、全額個人負担ではなく、山口県下関市の自民党支部(安倍氏が支部長)が、少なくとも一部を負担していた可能性が出てきたのです。

 

 この領収書は、地元のサンデン旅行(サンデン交通系列)が、自民党支部に宛てたものです。日付も、2015年の「桜を見る会」の開催日と一致しています。

 

2.サンデン交通は、安倍氏のライバル・林参院議員の元・勤務先

 

 安倍氏にとって、極めて不利な、サンデン旅行の発行した自民党支部(山口4区)宛ての領収書は、安倍氏がその支部長を務めていますから、この支部から、この領収書コピーがリークするはずがありません。

 

 しかしながら、領収書を発行したサンデン旅行は、その写しを保管しているでしょう。

 

 そのサンデン旅行を含むサンデン交通は、安倍氏のライバル・林参院議員の実家が所有している企業であり、林氏本人もかつて、そこに勤務した経験があります。

 

 したがって、林氏ならば、この領収書を暴露することは可能です。

 

3.参院議員・林氏にとって、安倍氏が衆院議員を辞任すれば、山口4区の衆院議員になれる

 

 山口県下関市(山口4区)を地盤とする林氏にとって、安倍氏が山口4区の衆院議員を続ける限り、衆院議員に転向することはほぼ不可能なのです。

 

 しかしながら、安倍氏が政治の私物化スキャンダルで失脚すれば、林氏にとってチャンス到来なのです。

 

 その林氏は、安倍後援会員の「桜を見る会」参加のための旅費の出どこについて、相当、深く知っている可能性は大です。

 

 ところで、筆者個人(山口県生まれ)は、ケチの多い山口県民・850人もの安倍後援会員が全員、10万円規模のカネを自腹で払って、東京までノコノコ出かけるのは、不自然だと思っています。

 

 「桜を見る会」に参加した安倍後援会員はみんな、誰かが、費用の大半を出してくれたからこそ、遠路はるばる東京での「桜を見る会」に参加したと考える方が自然です。

 

3.今回、安倍氏の政治生命に致命傷を与えるような証拠を入手した週刊文春の背後には米国戦争屋CIAジャパンハンドラーが控えている可能性がある

 

 今回、安倍氏の政治生命に致命傷を与える証拠を暴露したのは、あの週刊文春ですが、本ブログの穿った見方では、週刊文春を発行する文藝春秋社は、日本を闇支配する米国戦争屋CIAジャパンハンドラーの先手ではないかと観ています(注2)

 

 したがって、米国CIAジャパンハンドラーが、林氏にコンタクトした可能性は大です。

 

 その林氏は東大法卒のみならず、米国の名門・ハーバード大学院・ケネディスクール卒の超エリートですが、学歴において、学歴詐称疑惑のある安倍氏(注3)とは雲泥の差があります。

 

 また、米トランプから、安倍氏のIQ60と評価されていますから(注4)、米国CIAジャパンハンドラーが、IQ60の安倍氏の代わりに、ハーバード大学院・ケネディスクール卒の林氏を据えようと考えてもおかしくありません。

 

 いずれにしても、日米新貿易協定が日本の国会を通れば、米国CIAジャパンハンドラーにとって、安倍氏はもうお役御免なのでしょう(注5)

 

注1:阿修羅“<トドメの文春砲!大炸裂!決定的証拠!>安倍首相が代表の選挙区支部 「桜を見る会」に旅費支出の疑い<退陣必至!>”20191127

http://www.asyura2.com/19/senkyo267/msg/655.html

 

注2:本ブログNo.2516かつて安倍氏を自民総裁に持ち上げたのも、今、安倍氏にレッドカードをちらつかせているのも、文藝春秋社を先手に利用する米国CIAなのか』20191110

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/4287552.html

 

注3:リテラ“学歴詐称はショーンKだけじゃない! 安倍首相も「南カリフォルニア大学政治学科留学」を詐称しこっそり削除”2016318

https://lite-ra.com/2016/03/post-2079.html

 

注4:本ブログNo.2485最近の米国トランプ大統領は、なぜ、日本国民に向かって「安倍氏の年齢は39歳だ」と言い放ったのか:安倍氏の年齢65歳に0.6を掛けると39歳となる20191010

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/3957765.html

 

注5:本ブログNo.2526日米新貿易協定が国会で承認されたら、安倍氏は遂にお役御免の運命か』20191120

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/4412480.html

 

 

新ベンチャー革命20191127日 No.2533

 

タイトル:詐欺会社・ジャパンライフ会長を公的行事「桜を見る会」に招待した事実がばれて国民からの信用を失った安倍氏は潔く総理を辞任すべき!

 

1.安倍氏主催の「桜を見る会」に招待されていた詐欺会社・ジャパンライフ会長は、安倍一派と完全癒着している

 

 国会にて、安倍氏による公的行事「桜を見る会」の私物化スキャンダルが追及されていますが、この追及過程で、遂に、安倍一派と詐欺会社・ジャパンライフの癒着がオモテに出され、今では、大手マスコミまでもが報道し始めました。

 

 本ブログ前号にて、本件を既に取り上げています(注1)

 

 国会では、ジャパンライフ会長(山口氏)に内閣府が「桜を見る会」の招待状を送ったのは、安倍氏の枠の招待者だったからではないかと疑われています。

 

 さらに、この会の招待者枠を安倍夫人・昭恵氏(私人のはず)も持っていたことがもうばれています。

 

 この一件からも、安倍氏の公私混同は度を越えています。

 

 さらに言えば、下村氏や加藤氏など安倍側近議員が、ジャパンライフと癒着していたことはすでに、2017年時点で暴露されていました(注2)

 

 また、安倍氏夫人の昭恵氏もジャパンライフと同系の詐欺会社・ロゼッタ・ホールディングスの広告塔に利用されていたことも、2018年時点で暴露されています(注3)

 

2.安倍一派と詐欺会社・ジャパンライフの癒着を、2017年時点で大手マスコミがマトモに報道していれば、2年前に安倍政権は吹き飛んだはず

 

安倍一派(加藤氏や下村氏含む)が、ジャパンライフとズブズブの関係にあったことは2017年時点でネット報道されていたにもかかわらず、NHKを筆頭に大手マスコミは報道しませんでした。また、ジャパンライフが今年4月、詐欺犯罪で当局に家宅捜査されたときも(注4)、ジャパンライフと安倍一派の癒着について、大手マスコミはまったく報道しませんでした。

 

 ところが、共産党・田村氏が、先日、国会でジャパンライフの名前を出したのをキッカケに、大手マスコミもやっと、ジャパンライフと安倍政権の関係を報道し始めたのです。

 

 このように、日本の大手マスコミは、幹部がみんな、安倍氏と会食を繰り返して、安倍官邸に籠絡されてしまっているのです、ほんとうに、どうしようもない大手マスコミです。

 

 いずれにしても、安倍一派とジャパンライフの癒着を2年前に、大手マスコミがいっせいに報じていれば、安倍氏は2年前に総理を辞任していたはずなのです。

 

3.国民からの信用を失った安倍氏は、もう総理大臣に居座ってはいけない

 

上記、安倍一派とジャパンライフとの癒着を今後、大手マスコミがマジメに報道すれば、国民は、なぜ、安倍氏の名で、詐欺会社の幹部が「桜を見る会」に招待されていたかの真実を知ることになります。

 

 ここまで、国民にばれると、安倍氏はもう、国民からの信用を失うことは必至です。

 

 国民からの信用を失った安倍氏はもはや、日本国総理大臣のポストに居座ることは許されません。

 

 潔く、早急に総理を辞任すべきです。

 

 いずれにしても、安倍氏は本来、2年前に総理を辞めていたはずだったのに、その後、2年も余計に総理の座に居座ったのは、大手マスコミが安倍氏に忖度したからと言えます。

 

注1:本ブログNo.2532詐欺会社・ジャパンライフ会長を「桜を見る会」に招待していた事実がばれた安倍氏にとって、総理辞任以外にもう選択肢はない!』20191126

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/4509193.html

 

注2:リテラ倒産した悪徳マルチ企業・ジャパンライフと安倍側近・現役閣僚の黒い関係!行政処分妨害疑惑も”20171227

http://lite-ra.com/2017/12/post-3691.html

 

注3:週刊フラッシュ“安倍昭恵夫人が広告塔「300億円被害」怪しい会社の正体”2018220

https://smart-flash.jp/sociopolitics/34402

 

注4:阿修羅“ついに家宅捜索「ジャパンライフ」と安倍政権の黒い関係! 首相の最側近や田崎史郎らメシ友記者が広告塔に(リテラ)”2019425

http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/150.html

 

 

新ベンチャー革命20191126日 No.2532

 

タイトル:詐欺会社・ジャパンライフ会長を「桜を見る会」に招待していた事実がばれた安倍氏にとって、総理辞任以外にもう選択肢はない!

 

1.安倍氏に対するトドメの一発となりそうな、あのジャパンライフ(詐欺会社)の名前が国会で飛び出した

 

 今、安倍氏は公的行事「桜を見る会」の私物化がばれて、国会にて連日、野党から追及されています。

 

 本件に関して、遂に、あの有名な詐欺会社・ジャパンライフの名前が、国会にて登場したようです(注1)

 

 捜査当局は、今年の4月時点にて、ジャパンライフや関係企業の家宅捜査を行っています(注2)

 

 本ブログでは、この時点にて、近未来、安倍夫妻には年貢の納め時が来ると予想していました。

 

 マスコミが、ジャパンライフなど複数の詐欺会社と安倍夫妻の癒着をいっせいに報道し始めたら、国民からの安倍夫妻への信用はいよいよゼロとなるでしょう。

 

 安倍氏による「桜を見る会」の私物化疑惑に関する野党の追及にて、安倍氏が、日本国総理大臣としては稀代のウソツキであることが国民にばれており、安倍氏は信用できない人間だという見方が、国民の間で今や、大勢(安倍氏を信用できないという回答が69%に達している)を占めています(注3)

 

2.安倍氏の足をもっとも引っ張っているのは、野党よりも、あの昭恵夫人

 

 国民の間でもなじみのある昭恵夫人は、いろんな方面から、いろんなアプローチがあり、中には、悪質な詐欺会社も含まれます(注4)

 

 これまで、週刊誌やネットでは、安倍氏とジャパンライフの関係や、昭恵夫人が複数の詐欺会社の広告塔に利用されていることは報じられてきましたが、肝心の大手マスコミはまったく報じてきませんでした。

 

 もうひとつ、昭恵夫人には大麻疑惑も根強くあります(注5)

 

 おそらく、大手マスコミは、安倍氏に遠慮して、あえて、昭恵夫人がらみのスキャンダル報道を自主規制してきたと思われます。

 

 しかしながら、安倍氏の権力に翳り(かげり)が出たら、安倍夫妻関連のスキャンダルが一挙に暴露されるでしょう。

 

3.スキャンダルのデパート・安倍夫妻がこれまで、マスコミのターゲットにならなかったのは、安倍官邸による狡猾なマスコミ・ハンドリングのせい

 

 安倍官邸の公表する首相動静をたどると、安倍氏は大手マスコミ幹部を頻繁に官邸に招待して会食していることがわかります。

 

 このマスコミ懐柔効果あって、大手マスコミの現場がいくら安倍夫妻スキャンダル報道しようとしても、幹部から制止されて、ほとんど報道できていないのです。

 

 この結果、本来なら、とっくの昔に、安倍氏は首相を辞任していてもおかしくなかったのですが、もう、7年も延命できているのです。

 

 しかしながら、今回の「桜を見る会」の私物化に対する安倍氏のウソ連発で、大手マスコミはもう、安倍氏をかばう気力すら失せてきています。

 

 いずれにしても、モリカケ事件をウヤムヤにしたままの安倍氏への国民からの信用は、今回の「桜を見る会」追及に対するウソ連発で、もう地に堕ちています。

 

 国民からの信用を失った安倍氏には、総理辞任以外に、選択肢はない!と言えます。

 

注1:阿修羅“<「桜を見る会」属性60・総理枠の証拠がそろった!>総理が出したジャパンライフ招待状 山口のママ招待状は4461番<安倍首相は詰み!>”20191126

http://www.asyura2.com/19/senkyo267/msg/617.html

 

注2:本ブログNo.2325安倍夫妻の海外出張中を狙ったのか、捜査当局はジャパンライフを家宅捜査:野党は国会で、安倍氏とアベ友詐欺会社の関係を徹底追及すべき』2019426

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2019-04-26.html

 

注3:毎日新聞“桜を見る会巡る首相の発言「信用できぬ」69% 共同通信世論調査 内閣支持率下落”20191124

https://mainichi.jp/articles/20191124/k00/00m/010/211000c

 

注4:本ブログNo.2326昭恵夫人が詐欺会社の広告塔になっている事実を大手マスコミが報道してくれるだけで、厚かましく居座る安倍氏にも、いよいよ年貢の納め時が来る!2019427

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2019-04-27.html

 

注5:本ブログNo.1544日本を乗っ取る勢力の過激派・核兵器至上主義者のネオコンは、安倍氏の本性が核武装派であることを見破っている:大麻愛好家の昭恵夫人が安倍氏失脚の命取りとなるのか』20161129

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2016-11-29.html

 

 

新ベンチャー革命20191125日 No.2531

 

タイトル:あれだけ腐敗した安倍政権を今なお、支持できる人が4人に一人もいるのはなぜか:日本人の国民性はビロンガー(寄らば大樹)だからか

 

1.これほどひどい安倍政権を今なお、支持する国民が、25%前後、存在するのは確か

 

 本ブログ前号にて、今の日本における有権者の固定的自民支持者は25%規模(4人に一人)と指摘しました(注1)

 

 ところで、ヤフーが今、ネットにて安倍政権支持率調査を行っています(注2)

 

 この調査によれば、安倍政権支持率は2030%のレベルのようです。

 

 いまだに、安倍政権を支持できる人は、どれほどこの政権がひどい政治をやっても、なお、頑固に安倍氏や自民を支持する固定層とみなせます。

 

 このような人は決まって、反野党なのです。“腐っても鯛”と言いますが、野党よりは自民の方がましと思っているのでしょう。

 

2.国民(有権者)4人に一人は、何が何でも、安倍氏や自民を支持するのはなぜか

 

 上記、固定的自民支持層の中には、自民関係者となんらかの利害関係があって、否応なしに、自民支持の人がいるのは確かですが、自民と利害関係のない一般人でも、今なお、安倍氏や自民を支持する人が一定程度、存在するのは確かです。

 

 こういう人は、右翼・左翼という思想的な理由以外で、自民支持となっていると思われます。

 

 さて、筆者個人は昔から、日本人の多数派を“ビロンガー”とみなしています。

 

 そのビロンガーの定義は、ネットに紹介されていますが(注3)、要するに、“寄らば大樹”の人と言えます。

 

 筆者個人の見方では、日本人の7~8割はビロンガーと観ていますが、こういう人は、自民支持の傾向があると考えています、なぜなら、自民党は、数ある政党の中で、最大規模を誇るからです。

 

 そして、ビロンガーの日本人は、規模の大きい自民党に比べて小さい野党を嫌う傾向があります。

 

 その結果、ビロンガーは“寄らば大樹”志向で、自民を支持することで安心感を得るのです。

 

3.“寄らば大樹”志向の自民支持者は、煮ても焼いても食えない!

 

 今の腐敗した安倍自民をまったく支持できない人にとって、まったく理解できないのは、安倍氏がどんなにひどい政治をやっても、どんなに権力を私物化しても、なお、安倍氏を支持する国民が存在しているという点です。

 

 安倍自民と利権で繋がる人は、思想ではなく、損得勘定で安倍自民を支持しているのでしょうが、安倍自民とそのような関係を持たない一般人の中に、今なお、安倍氏を支持する人がいるのです、ただし、カネで雇われた自民のネトサポやネトウヨは除きます。

 

 こういう人(何が何でも安倍自民支持者)は、小粒の野党より、大粒の自民を支持しているに過ぎないことが多いと思われます。

 

 こういう人は、自分が“寄らば大樹”のビロンガーであることをよく認識し、是非とも“脱ビロンガー”を目指して欲しいと願います。

 

注1:本ブログNo.2530北朝鮮化した安倍自民政権の固定支持層は有権者のわずか25%:消去法の自民支持層(25%)の人や、棄権者(50)は是非とも、反自民に転向して欲しい!』20191124

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/4478188.html

 

注2:阿修羅“Y!ニュース 歴代最長となった安倍政権、支持する?>支持しない71.8%(44187票) 支持する26.6%(16387票)”20191125

http://www.asyura2.com/19/senkyo267/msg/598.html

 

注3:マルチメディア・インターネット事典“ビロンガー”

https://www.jiten.com/dicmi/docs/k27/21596s.htm

 

 

↑このページのトップヘ