新ベンチャー革命2019910日 No.2457

 

タイトル:米国トランプ大統領から、安倍氏は脅せば何でも言うことをきく人間と見下されている:メキシコ国境の壁の建設費まで、日本国民の血税を拠出させられるとはもう絶句!

 

1.米トランプは、傀儡化している安倍氏をATM代わりに利用するつもり

 

 本ブログでは、安倍政権下の日本は、米国戦争屋に闇支配されていると観ていますが、それを証拠付ける事例がまたまた飛び出しました。

 

それは、米トランプの公約となっているメキシコ国境の壁建設費に関するモノです。この壁を米国民の血税でつくるとなれば、多くの米国民は怒るでしょう。

 

そこで、トランプの発想では、この万里の長城的な壁の建設費を間接的に、われら日本国民の血税で一部負担させようと企んでいるという仰天情報です(注1)。

 

 トランプのアイデアでは、在日米軍駐留費の一部を削って、上記の壁建設に充てるというものです。

 

 ところが、在日米軍駐留費は日本が負担しているので、結局は、われら日本国民の血税が回りまわって、メキシコ国境壁に化けるということです。

 

2.米国人は、安倍氏のように逆らわない人間に対して、際限なくつけあがってくるのが常

 

 さて、筆者は過去、16年半に及ぶ米外資の日本支部勤務を経験していますが、その経験に依れば、米国人はおとなしくしていると、際限なくつけあがってくるということです。

 

 トランプの尻に敷かれている安倍氏は、トランプから完全に舐められているのは明らかです。

 

 このような関係になると、トランプのような横暴な米国人はドンドン、つけあがってきます。

 

 その延長線上にて、メキシコ国境壁の建設費用を可能な限り、属国・日本に出させようという発想が出てくるのです。

 

 親分肌のトランプから見れば、安倍氏は単なる小僧であり、脅せば震え上がるとしか観ていないのです、ほんとうに情けないことです。

 

3.今の安倍氏は、自分のクビをつなぐためには、手段を選ばず、トランプ親分の言うことは何でもきく

 

 筆者から見ると、安倍氏はまったく外人慣れしていないド素人の日本人です(注2)。

 

 そして、安倍氏のクビを握っているのは、日本を闇支配する米国戦争屋ですから、トランプと米戦争屋がつるんで、安倍氏を彼らの手のひらで弄んでいるのです。

 

 彼らは日頃から、こう言っているでしょう、“日本のアベはチョロいから、ちょっと脅せば、すぐにカネを出す”と。そして遂に、彼らはメキシコ国境壁の建設費まで日本に出させようとしているのです。

 

 このような状況に置かれている安倍氏がまともな人間だったら、国民に申し訳ないという気持ちが優先して、首相の地位を自ら降りるはずです。

 

 にもかかわらず、かつての福田元総理と違って、安倍氏は平気でトランプの言いなりになって、平気で国民を欺くのです。

 

 われら日本国民は、安倍氏がこのような人間であることをよく認識すべきです。

 

注1:阿修羅“在日米軍基地から430億円 日本の税金がメキシコの壁建設に(日刊ゲンダイ)”2019910

http://www.asyura2.com/19/senkyo265/msg/403.html

 

注2:本ブログNo.2327今の安倍氏は、韓国・文大統領に比べて、外人応対のド素人であることがばれた:米トランプにとって、安倍氏はポチ以下、警戒の対象でしかない!』2019429

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2019-04-29.html