新ベンチャー革命2019109日 No.2484

 

タイトル:米国トランプ大統領によれば、65歳になった安倍氏の精神年齢は39歳レベル:だから、とうもろこし爆買いを約束していないと平気でウソをつく

 

1.米トランプは、なぜ、65歳になった安倍氏を、あえて39歳と揶揄(やゆ)したのか

 

 2019107日(米国時間)に、日米貿易協定の署名式が米国で行われたそうです。

 

国会会期中で、安倍氏は訪米できず、代理を立てていて、本人はそこにいなかったのですが、米トランプは突然、日本にいる安倍氏に向けて“39歳の誕生日おめでとう”と挨拶したそうです(注1)。

 

 日米外交の重要なイベントで、世界が注目しているのに、トランプはなぜ、安倍氏を揶揄したのでしょうか。

 

2.老獪なトランプから見て、安倍氏は小僧にしか見えないのか

 

 白人から見て、日本人は一般的に、実年齢より若く見られがちですが、今回のトランプの発言は意味深です。

 

 トランプは、自分の発言が日本で報道されることを計算に入れて、あえて、このような謎めいた発言をしたのではないでしょうか。

 

 39歳という年齢は、人生の折り返し点であり、まだ老獪になっていない未成熟年齢という意味です。

 

 ということは、トランプから見て、安倍氏は一人前の大人になりきれていない人間に見えているのでしょう。

 

 もっと言えば、安倍氏の精神年齢は39歳レベルとみなしているということです。

 

3.米トランプは、日本国民に向けて、安倍氏の精神年齢は39歳レベルだと示唆している

 

 不動産王として百戦錬磨の米トランプから見て、安倍氏は極めて幼稚にしか見えないのでしょう。安倍氏には対米交渉力がまるでないのではないでしょうか。

 

 日米の二国間交渉というものは、お互いが、自国の要求を相手国に明確に示して、妥協点を探って、議論の末に両者が合意に達するものですが、安倍氏の場合、トランプの要求をすべて丸のみしただけだったのでしょう。

 

 このような安倍氏の反応から、トランプから見て、安倍氏は交渉のド素人の小僧にしか見えなかったのでしょう。

 

 そこで、トランプは安倍氏の精神年齢は39歳レベルだと日本国民に示唆して、安倍氏が日本の国益を損ねていると教えてくれているのかもしれません。

 

4.安倍氏は米国産トウモロコシの爆買いを約束していないと、国会で答弁?

 

 さて、今、臨時国会が始まっていますが、安倍氏は、日米貿易交渉にて、米国産トウモロコシの爆買いを約束していないと、答弁したそうです(注2)。

 

 この期に及んで、よくもまあヌケヌケとこんな見え透いたウソを、なんと国会という公の場で吐けるものです、しかも、日本国総理大臣の身分で・・・。

 

 しかしながら、上記、トランプの漏らした“安倍氏の精神年齢は39歳”という一言を考慮すると、安倍氏は、ほんとうに、とうもろこしの爆買いをOKしたのかどうか、本人自身が、明確に認識できていないのかもしれません。

 

 もし、そうなら、安倍氏はもう、総理大臣失格です。

 

注1:産経ニュース“なぜ?トランプ氏「安倍首相はきょう誕生日で39歳」と冗談”2019108

https://www.sankei.com/world/news/191008/wor1910080011-n1.html

 

注2:阿修羅“安倍総理のウソが止まらず!「米国産トウモロコシの購入を約束した事実はない」「消費税が弱者から吸い上げ、大企業と富裕層を潤すとの指摘は当たらない」(ゆるねとにゅーす)”2019108

http://www.asyura2.com/19/senkyo266/msg/309.html