新ベンチャー革命2020311日 No.2614

 

タイトル:安倍氏より選挙資金15000万円を受け取った河井夫妻の使途不明金が暴かれるのは時間の問題:安倍氏はもう観念すべき

 

1.今の安倍氏のアタマの中は、新型コロナウイルス対策ではなく、側近の河井夫妻の選挙違反容疑に対する広島地検の捜査が安倍事務所に及ぶかどうかで一杯か

 

 世の中は新型コロナウイルス禍で大変なことになっていますが、同じく、大変なことになっているのが、あの安倍氏です。

 

 安倍氏と対峙している稲田検事総長の配下の広島地検は、安倍氏にまったく忖度せず、地道に安倍氏側近の河井夫妻の選挙違反容疑を徹底追及しています(注1)

 

 安倍氏を待ち受けている最悪シナリオは、ズバリ、安倍氏の逮捕でしょう。

 

 もしそうなら、かつての田中角栄と同じ運命をたどりそうです、今の安倍氏は・・・。

 

2.安倍氏から河井夫妻に渡った選挙資金15000万円の使途が明らかになるのは時間の問題

 

 河井夫人は、安倍氏が総裁を務める自民党から選挙資金15000万円を受け取ったことをすでに本人がテレビ局記者の前で認めており、その事実はすでに全国民に知れ渡っています。

 

 河井夫人が使用できる選挙費用の上限は4千数百万円だそうですから、残り1億円強のカネの使途を今、広島地検が必死で捜査しています。

 

 この残金を、党本部に返金していたのなら、河井夫人はとっくの昔に、そうとテレビ局記者などに伝えているはずですが、現実には不明のままです。

 

 そして今、広島地検は、この使途をすでに捜査しているはずです。

 

3.河井夫人の選挙資金の残金1億円強は、安倍事務所に渡っている可能性が大

 

 本ブログの見方では、河井夫妻は、選挙資金の残金1億円強を、自民党本部に返却せず、このカネをくれた安倍氏の事務所に返金しているのではないでしょうか。

 

 河井夫人が参院選で当選したのは昨年の7月です。そして、安倍氏が河井氏を法務大臣に任命したのは昨年の9月です。

 

 なぜ、安倍氏は河井氏を法務大臣に任命したのでしょうか、それは、河井夫人の選挙違反容疑をもみ消すため、検事総長の上に立つ法務大臣に河井氏を任命して、河井夫人の選挙違反を摘発させないようにするためだったのではないでしょうか。

 

 ところが、稲田検事総長は、河井氏や安倍氏に忖度する人物ではなかったのです。

 

 また、安倍氏にとっては、河井法務大臣の予期せぬ早期辞任は大変な誤算だったのです。

 

 そして、安倍氏は稲田氏配下の広島地検の活躍によって、今年の夏までには、総理を辞任せざるを得ない状況に追い込まれると予想されます。

 

 さらに言えば、安倍氏は最悪、逮捕される可能性すらあります、かつての田中角栄のように・・・。

 

注1:本ブログNo.2612稲田検事総長は、安倍氏が緊急事態宣言特措法改正を成立させる前に、安倍事務所の家宅捜索を実現して欲しい』202038

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/5950812.html