新ベンチャー革命2020315日 No.2618

 

タイトル:安倍氏が父・晋太郎の背中を見て、ウラガネつくりに熱心なのはなぜか:東大法卒・ハーバード大卒の林氏が脅威そのものだからか

 

1.安倍氏は単に、溝手氏(安倍批判者)を落選させるためだけで、河井夫人に15000万円もの法外な選挙資金を渡したのか

 

 本ブログ前号(注1)にて、安倍氏の側近・河井氏の夫人の選挙違反事件を取り上げています。

 

 なぜ、安倍氏は河井夫妻に15000万円もの法外な選挙資金を渡したのでしょうか。

 

 世間で言われているのは、河井夫人と議席を争った溝手氏が、かつて安倍氏を批判したので、安倍氏は溝手氏に恨みを抱いており、その腹いせに溝手氏を落選させるためだったというものです。

 

 しかしながら、本ブログでは、それだけではなく、もっと違う事情があったのではないかとにらんでいます。

 

 本ブログの読みはズバリ、河井夫妻から安倍事務所へのキックバックというウラ目的もあったのではないかというものです。

 

 本事件に関する安倍氏の大きな誤算は参議院新人候補・河井夫人に15000万円もの法外な選挙資金を渡したことがばれてしまった点です。

 

 そして、今の安倍氏の脳裏には、2007年の悪夢がよみがえっているのではないでしょうか。

 

2.20079月、安倍氏は突然、総理を辞任したが、背後に3億円脱税疑惑が潜んでいた可能性があった

 

 さて、ネットには、2007年、安倍氏が一回目の総理をやっていたとき、3億円脱税疑惑が浮上していたという過去記事がアップされています(注2)

 

 本疑惑を週刊現代がスクープしたのは2007929日号です。そして、安倍氏が突然、総理を辞任したのが2007926日です。

 

 このことから、安倍氏が総理就任後、わずか1年で、辞任を余儀なくされた真の原因は、上記、3億円脱税疑惑の浮上であった可能性を否定できません。

 

 このとき、安倍氏は総理を辞任しただけで、その後、検察も国税も、なぜか追及していません。

 

 この当時、安倍氏は田中角栄のように逮捕されていてもおかしくなかったのです。

 

3.亡父・安倍晋太郎の背中を見て育った安倍氏にとって、ウラガネつくりに罪悪感のカケラもない

 

 あの安倍氏は、父・晋太郎の秘書をやっていましたので、父が政治団体をいくつもつくって、巧妙なウラガネつくりに精を出していたのを見ていたはずです。

 

 安倍氏の選挙区・山口県下関市の安倍邸の金庫には、6億円のウラガネが眠っているというウワサが立っていたことは有名です。

 

 なぜ、故・安倍晋太郎はウラガネつくりに熱心だったかというと、60年代、旧・山口1区で落選した苦い経験があるからと思われます。

 

 安倍晋太郎の地盤を継いだ安倍氏は、小選挙区制になって山口4区から出馬していますが、彼にとって密かなライバルは林芳正氏(参院議員)なのです(注3)

 

 林氏は東大法卒・ハーバード大卒の超エリートであり、常に、安倍氏の地位を脅かす存在です。

 

 そこで、安倍氏は、桜を見る会などを利用して、地元選挙民の接待に熱心なわけです。

 

頭脳の点では、安倍氏は秘かなライバル・林氏に遠く及びません。そのことを安倍氏本人がよくわかっているからこそ、地元選挙民接待のためのウラガネつくりが必要なのでしょう。

 

 上記、河井夫人への15000万円交付の真の目的も、安倍氏の選挙区の裏事情を知ると、ウッスラと見えてきます。

 

注1:本ブログNo.2617連日、テレビに映る安倍氏の表情が冴えないのはなぜ?:河井あんり氏に渡った15000万円の使途解明が待ち遠しい!』2020315

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/5982221.html

 

注2:togetter“「所信表明をした直後で辞めるのは前代未聞」安倍晋三首相「相続税3億円脱税」疑惑|週刊現代”2019415

https://togetter.com/li/1338253

 

注3:本ブログNo.2577ハーバード大ケネディスクール卒の林氏も、ジョージタウン大卒の河野氏と並んで、ポスト安倍候補か:安倍氏が辞任させられるのは時間の問題2020124

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/5611040.html