新ベンチャー革命

2019年9月1日より、ヤフーブログからライブドアブログに移行しました。 日米関係、時事、技術経営などを扱います。

カテゴリ: 日米関係

新ベンチャー革命20191020日 No.2495

 

タイトル:近年、日本を襲う台風の異常な急成長と米国カリフォルニア州の山火事多発は、米露の宇宙兵器開発競争の副作用的トバッチリなのか

 

1.近年の日本における天災の増加は、米露中心に秘かに行われている気象兵器を含む宇宙兵器の開発競争と関係するのか

 

 台風19号にて、東日本が大被害を受けていますが、もうすぐ11月だというのに、またも、台風20号、21号が続けざまに発生しています。

 

これらの台風の動きを見ると、あたかも、日本を攻撃しているかのようです。

 

 一方、米国カリフォルニア州では近年、山火事が多発しています(注1)。

 

 太平洋を介して、日本襲来の台風の急成長化と米国カリフォルニア州の山火事多発という二つの自然現象は関係しているのでしょうか。

 

 ところで今、米露中心に、隠密に気象兵器を含む宇宙兵器の研究開発競争が行われているのは間違いありませんが、そのことが、近年の太平洋周辺の気象に何らかの影響を与えている可能性を否定できません。

 

2.電離層に電磁波照射すると、巨大な電子レンジ効果によって、ある程度の気象操作は可能と言われている

 

 陰謀論者の間で有名な気象兵器のひとつは、米国アラスカ州にあるHAARPの研究所に設置されている電離層への電磁波照射装置です(注2)。

 

 このHAARP研究所はもともと、軍事用の超水平線レーダー(OTHレーダー)(注3)の研究開発基地でした。

 

 地球は球体なので、水平線の向こうの物体をレーダーでキャッチできないため、それを克服する次世代軍事用レーダーとして、OTHレーダーが米国にて開発されたのです。

 

 さて、筆者個人はかつて、米国のSRIインターナショナル(米国シンクタンク:元スタンフォード大学付属研究所)の日本支部に勤務した経験がありますが、SRIは、OTHレーダーを開発していました(注4)。

 

 そして、SRIは今、OTHレーダー技術を発展させたAMSIR(Advanced Modular Incoherent Scatter Radar)(注5)を開発中のようです。

 

 いずれにしても、電離層への電磁波照射が可能なHAARP技術は、OTHレーダー技術開発から派生した技術なのです。

 

 HAARPの電離層への電磁波照射装置がどのようなことに応用できるかについては、かつて、米国テレビ・ヒストリーチャンネルにて放送されています(注6)。

 

 この番組では、いろんな実験をしていましたが、電離層を加熱して、気象操作が可能であることを証明していました。

 

 上記の番組によれば、HAARP装置で電離層を電磁波照射すると、超低周波の反射波が生じ、それが地中に伝播し、地殻のもつ固有振動数と共振すると、地震が誘発される可能性があると言われています。上記、番組では、それを実験してみせていました。

 

また、カリフォルニア州で多発する山火事の原因も、HAARPの実験が関係するという見方もあります(注7)。ちなみに、今、米露が開発競争している指向性エネルギー兵器(注8)の実験ではないかという陰謀論も存在します(注9)。

 

3.米露中心の先進的軍事技術(宇宙兵器を含む)は、極秘なので、絶対に公開されることはない

 

 最近、日本に襲来する台風は確かに、東京を狙っているように見えますが、何者かが意図的に気象操作しているのかどうかは全く不明ですし、一般人には証明のしようがありません。

 

 自然発生した台風をHAARPなどの気象兵器で、人工的に急成長させたり、進路を人工的に操作することがどこまで、可能なのかどうかは、米露の先端軍事技術の専門家の人間以外には、まったくわかりません。

 

 しかしながら、米露が極秘で気象兵器を含む宇宙兵器の開発競争を行っているのは事実です(注10)。

 

 したがって、米露による秘密の宇宙兵器の開発によって、派生的に気象が改変されてしまう可能性があります。

 

 現代のわれら日本国民は、このような可能性にも注目しておく必要に迫られています。

追記:ケムトレイル型の通常気象兵器はすでに、60年代にベトナム戦争で使用され、ポパイ作戦と呼ばれています。


注1:カリフォルニア山火事の一覧

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%B1%B1%E7%81%AB%E4%BA%8B%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

 

注2:高周波活性オーロラ調査プログラム(HAARP

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%B4%BB%E6%80%A7%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0

 

注3:OTHレーダー

https://ja.wikipedia.org/wiki/OTH%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC

 

注4:SRI InternationalOver-the-Horizon Radar

https://www.sri.com/sites/default/timeline/timeline.php?tag=radar#!&innovation=over-the-horizon-radar

  

注5:SRI InternationalAdvanced Modular Incoherent Scatter Radar(AMSIR)

https://www.sri.com/work/projects/advanced-modular-incoherent-scatter-radar-amisr


注6:ヒストリーチャンネル“アラスカの気象兵器HAARPの脅威/ヒストリーチャンネル”2016711

https://gakkenmu.jp/column/6916/ 


注7:白文鳥ピピme物語“世界で多発の山火事:気象兵器”2018730

https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/64563424.html

 

注8:指向性エネルギー兵器

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%90%91%E6%80%A7%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E5%85%B5%E5%99%A8

 

注9:トカナ“カリフォルニア山火事はUFOレーザー攻撃か、指向性エネルギー兵器か!? Qアノン支持者も参戦、火事原因4つの陰謀論とは?20181210

https://tocana.jp/2018/12/post_19015_entry.html

 

注10:ニューズウィーク“アメリカが警戒するロシアの宇宙兵器、衛星攻撃技術でアメリカを凌ぐ”2018815

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/08/post-10788.php

 

 

新ベンチャー革命20191019日 No.2494

 

タイトル:安倍政権による自衛隊の中東ホルムズ海峡派遣意思決定は飛んで火に入る夏の虫そのもの:改憲(改悪)を目論む安倍氏にとっては大歓迎か

 

1.日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンの要求に屈して、安倍政権は遂に、自衛隊の中東派遣を容認した

 

 日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンの圧力によって、安倍政権は遂に、自衛隊の中東派遣を容認させられています(注1)。

 

 これまで、日本は米国戦争屋の主導する有志連合に参加するよう求められていましたが、イランからの石油輸入国である日本にとって、イランから敵視されることだけは最低限、避けようとしたと思われ、さすがに、こちらは断っています。

 

 しかしながら、今回の自衛隊の中東派遣は、非常に危険な選択であることに変わりはありません。

 

2.近未来の日本は、米国戦争屋の企む対イラン戦争に引き摺り込まれる危険が高まった

 

 今の安倍政権は、上記、米国戦争屋CIAネオコンの傀儡政権であるため、あれほど悪政を続けても、厚かましくヌケヌケと政権が維持されています。

 

 米戦争屋が、安倍政権に課しているのは、言うまでもなく、改憲(憲法改悪)であり、ズバリ、自衛隊の米軍傭兵化を合法化するためです。

 

 そして、安倍政権は、自分たちの権力維持と引き換えに、改憲(平和憲法の破壊)の実現を目指しています。

 

 しかしながら、国民の改憲への関心がいっこうに高まらないので、米戦争屋は何とかして、国民を改憲賛成へと誘導しようと企み始めたと推測されます。

 

 その企みの第一弾が、今回の自衛隊の中東派遣要請だと思われます。

 

 これによって、日本が米戦争屋の仕掛ける戦争に引き摺り込まれる危険が一層、高まったのです。

 

3.自衛隊のホルムズ海峡派遣は、飛んで火に入る夏の虫そのもの

 

 今回の自衛隊中東派遣の強制の背後に、米戦争屋CIAネオコンの狡猾な悪巧みが潜んでいるのは間違いないでしょう。

 

 近未来、実際に、自衛隊の艦船が、ホルムズ海峡でウロウロさせられることは、まさに、飛んで火に入る夏の虫そのものです。

 

 彼ら米戦争屋が何を企んでいるかと言えば、おそらく、自衛隊艦船に対する偽旗テロ攻撃作戦であることは間違いないと断言できます。

 

 具体的には、ホルムズ海峡に派遣された自衛隊艦船が、何者かに、テロ攻撃されることになります。

 

 そして、テロ攻撃の実行犯は、イランが闇支援する反米武装勢力だと、米戦争屋CIAネオコンは強引に決めつけるでしょう(実はウラで、すべて米戦争屋CIAネオコンおよびイスラエル・ネオコンが仕組んでいる)。

 

 上記の偽旗テロ作戦において実行犯にデッチ上げられる反米武装勢力は、今年9月に実行されたサウジ石油施設攻撃(注2)の実行犯とされるフーシ派(イエメンに拠点を置く)などのせいにされるでしょう。

 

 こうして、瞬く間に、日本は、米戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)の仕掛ける中東戦争に引き摺り込まれるということです。

 

4.改憲実現を至上命令とされている安倍氏にとっては、フーシ派による対・自衛隊艦船への偽旗攻撃は大歓迎となる

 

 安倍氏は、彼を傀儡化する米戦争屋ジャパンハンドラーとCIAネオコンのいいなりになることで、首相としてのクビをつないでいますから、今回の自衛隊の中東派遣要求を断れません。

 

 さらに、米戦争屋は、安倍氏に、自衛隊の米軍傭兵化のための改憲を急ぐよう急かせるはずです。

 

 近未来、自衛隊艦船が、ホルムズ海峡で反米武装派からテロ攻撃されれば、国民も、改憲に賛成せざるを得なくなるでしょう。

 

 今の安倍氏にとって、自衛隊艦船がホルムズ海峡で反米武装派に攻撃されることは、ある意味、大歓迎なのです。

 

 われら国民は、上記のような、米戦争屋ジャパンハンドラーおよびCIAネオコンの謀略にだまされないよう、十分、警戒すべきです。

 

注1:阿修羅“安倍政権がホルムズ海峡への自衛隊派遣で使った姑息な詐術と本当のシナリオ!米国の戦闘に巻き込まれ、なしくずし改憲へ(リテラ)”20191019

http://www.asyura2.com/19/senkyo266/msg/561.html

 

注2:サウジ石油施設攻撃

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B8%E7%9F%B3%E6%B2%B9%E6%96%BD%E8%A8%AD%E6%94%BB%E6%92%83

 

 

新ベンチャー革命20191013日 No.2488

 

タイトル:安倍氏は巨大台風19号襲来の前夜でも平気で高級仏料理を堪能:野党はサイコパス・安倍氏を国会で追及すべき!

 

1.宗主国・アメリカ様の大統領・トランプからディスクォリファイされた安倍氏はクビにされる前に、自ら、辞表を出すべき

 

 今の安倍氏は、日本の宗主国・アメリカ様の大統領・トランプから、ディスクォリファイ(失格扱い)されているのではないかと、本ブログでは指摘しています(注1)。

 

 さて、筆者個人はかつて、米国外資の日本支部に勤務していましたが、その経験から言えば、今の安倍氏は、米国本社の日本支社長のようなものです。そして、安倍氏は米本社のボス・トランプの部下のようなものなのです。

 

 そのトランプから、安倍氏がディスクォリファイ宣告されると言うことは、実質的に、クビを宣告されたに等しいのです。

 

 米外資ではボスにディスクォリファイされたら、覚悟を決めて、自ら辞表を出します、なぜなら、会社から正式にレッドカード(解雇通知)を出されたら、キャリアに傷がついて、次の転職の際に不利となるからです。

 

2.安倍氏は米トランプから、その正体を見破られている

 

 安倍氏自身は、米国のボス・トランプに必死でゴマをすりまくっていますから、安倍氏本人は、自分のボス・トランプは、自分をそれなりに評価してくれていると信じ込んでいるかもしれませんが、ゴルフ接待や大相撲観戦など、安倍氏の一連のゴマスリ接待は、米国人にはまったく通じません。安倍氏の対・トランプへのゴマスリ手口は陳腐そのものなのです。

 

 このような安倍氏の手口は、百戦錬磨のトランプから見ると、安倍氏は、下心が丸見えの嫌味な奴にしか見えないのです。

 

 とにかく、トランプは、安倍氏にまったく、知性を感じないのでしょう、それが、トランプの安倍氏への接し方でよくわかります。

 

 トランプ個人は、対米属国の安倍氏より、米国の仮想敵国・北朝鮮のキムジョンウンの方をはるかに高く評価しているのは明らかです。

 

 トランプから見れば、安倍氏と付き合っても、トランプ自身はまったく、自分が磨かれないので、それは単に時間の無駄でしかないのです。

 

3.安倍氏は、自分が、精神年齢の低いサイコパスであることに気付くべき

 

 ネットでは、安倍氏は「自分の非」を絶対に認めず「他人の非」を責める人間とみなされています(注2)。この安倍評は、ズバリ、安倍氏の精神年齢が低いことを意味しています。

 

 いずれにしても、安倍氏は、極めて幼稚な面を持っているのは事実です。トランプが65歳の安倍氏は39歳にしか見えないと言ったのは、ズバリ、安倍氏は幼稚だと言うことです。

 

 このような安倍氏の性格というか、彼の正体は、上記、トランプのようなつわものなら、簡単に見抜いてしまうでしょう。安倍氏がいくら、トランプにゴマすっても、トランプが安倍氏を一人前として認めることはあり得ません、なぜなら、安倍氏は、彼が65年かけて築いてきた人間としての真の正体をごまかすことは不可能だからです。

 

 そして、トランプは、安倍氏をIQ60レベルの人間だとすぐに見破ったのです。

 

 ただそれをストレートに言うと、彼を日本の代表に選んだ日本国民に失礼なので、彼の対・安倍観を婉曲的にしか言ってないに過ぎません。

 

 ちなみに、本ブログの見方では、安倍氏は、サイコパスの持つ心理学的特徴を見事に兼ね備えています(注3)。

 

 その証拠に、巨大台風19号襲来の前夜である1011日夜、安倍氏は平気で高級フレンチを堪能していますが(注4)、この行動こそ、安倍氏がサイコパスであることを見事に物語っています。

 

 野党は、上記のような安倍氏のサイコパス的行動を国会で国民にばらすべきです。

 

注1:本ブログNo.2487米国トランプ大統領の吐いた“安倍氏の年齢は39歳”は、彼の決め台詞“Youre fired!”(お前はクビだ!)と同じ意味か』20191012

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/3972978.html

 

注2:阿修羅“「自分の非」を絶対に認めず「他人の非」を責める安倍晋三!”20191012

http://www.asyura2.com/19/senkyo266/msg/403.html

 

注3:本ブログNo.1741臨時予算委員会で嘘しか吐かない安倍氏はやはりサイコパス:こんな人物が日本のトップリーダーであってよいのか!2017725

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2017-07-25.html

 

注4:朝日新聞“首相動静 1011日”20191011

https://www.asahi.com/articles/ASMBC64Z3MBCUTFK01B.html

 

 

新ベンチャー革命20191012日 No.2487

 

タイトル:米国トランプ大統領の吐いた“安倍氏の年齢は39歳”は、彼の決め台詞“Youre fired!(お前はクビだ!)と同じ意味か

 

1.今の安倍氏は、宗主国・アメリカ様の大統領・トランプのために、一生懸命、日本国民をだまして、ひたすら対米売国行為を繰り返しているのに、肝心のトランプからはクソバカにされている

 

 本ブログでは今、米国トランプ大統領は、慇懃無礼の権化・安倍氏のことをまったく評価していないのではないかと強く疑っています(注1)。

 

 にもかかわらず、安倍氏は米トランプのために、究極の対米売国行為を繰り返しています。

 

 2012年暮れ、二度目の首相になった安倍氏は、自分のクビをつなぐためには、宗主国・アメリカ様に日本の国富をせっせと献上することであると信じ切っているようです。

 

 いまだに、こんな安倍氏を支持できる日本国民がいるとすれば、その人の神経はもうほんとうに信じられません。

 

 そういう人は、安倍氏の正体が全く見えていないということです。

 

2.日本のマスコミがいっせいに、米トランプは、65歳になった安倍氏のIQ6039歳レベル)と言ったことをまともに報道すれば、安倍氏は辞任に追い込まれるはず

 

 今の日本のマスコミは日刊ゲンダイや長周新聞などを除けば、ことごとくアベ友化していますが、彼らマスコミ人がいっせいに、トランプが安倍氏はIQが低いと吠えたことをちゃんと報道すれば、国民の安倍氏を見る目が変わるはずです。

 

 米国大統領がトランプである限り、彼の安倍氏への評価はもう、絶対に変わらないでしょうから、健全な日米関係を維持することはもう不可能です。

 

 安倍氏がまともな人間であれば、自分がトランプからdisqualified(失格扱い)されているわけですから、さっさと首相を辞任するはずなのです。

 

3.米トランプが安倍氏のIQ(知能指数)は60と宣告したことは、彼の有名な決め台詞“Youre fired!と同じ意味か

 

 米トランプが、安倍氏のIQ60(=39/65x 100%)(65歳なのに39歳に見えるという一言の真意)と言い放ったことは、もう決定的です。

 

 このトランプは大統領になる前、テレビタレント的なキャラで有名であり、彼の口癖が“Youre fired!なのです。

 

 “65 years old Abe is 39 years old.”というトランプの一言は、“Prime Minister Abe, Youre fired!と同じ意味と解釈できます。

 

 IQ60と宣告された安倍氏は、トランプのキツィ一発を理解できたのでしょうか。

 

4.おとなしそうに見える岸田氏は早速、安倍攻略を宣言した

 

 最近、あのおとなしそうに見える岸田氏が、遂に、安倍攻略を宣言しています(注2)。

 

 自民党内部では、米トランプ政権に、安倍氏の正体がばれて、まったく評価されていないことが、すでに、周知の事実となっているのではないでしょうか。

 

 だからこそ、岸田氏が、公然と安倍氏に挑戦状を突きつけたと思われます。

 

 次は、石破氏が名乗りを上げそうです。

 

注1:本ブログNo.2486米国トランプ大統領は65歳の安倍氏を39歳呼ばわりしたが、彼は他人を罵倒するとき「お前のIQは低い」と吠えるクセがあった』20191011

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2019-10-11.html

 

注2:産経ニュース“岸田氏 「ポスト安倍」へ 「禅譲あり得ぬ」”2019109

https://www.sankei.com/politics/news/191009/plt1910090048-n1.html

 

 

新ベンチャー革命20191011日 No.2486

 

タイトル:米国トランプ大統領は65歳の安倍氏を39歳呼ばわりしたが、彼は他人を罵倒するとき「お前のIQは低い」と吠えるクセがあった

 

1.65歳の安倍氏を“39歳”と日本国民に向けて言い放った米トランプは知能指数(IQ)に関心があるのか

 

 本ブログでは今、米トランプ大統領がなぜ、日本のトップに立つ安倍氏に向かって「39歳の誕生日おめでとう」と言い放ったのかについて取り上げています(注1、注2)。

 

 本ブログでは、トランプが知能指数(IQ)について、知見を持っているのか、関心を持っているのか、まだ、確認する前に、本話題を取り上げました。

 

 そこで、トランプがIQについて、コメントしたことがあるかどうか、ネットを調べたところ、ありました。

 

 それは2018年のことです、有名な俳優・ロバート・デニーロが、トランプを痛烈に批判していたようですが、トランプは、「デニーロはIQが低い」と罵倒していたようです(注3)。

 

 上記、トランプとデニーロのバトルは米マスコミで取り上げられていて、話題となったようです。

 

 この事実より、トランプは他人を批判するとき、IQを持ち出すクセがあることが判明しました。

 

2.トランプが安倍氏を39歳と言い放ったとき、取り巻きの米国人が笑ったのは、その真意を瞬時に理解したからか

 

 先日、トランプが、この9月に65歳の誕生日を迎えた安倍氏の年齢をあえて、39歳と言い放ったとき、トランプの周りにいた取り巻きの米国人がいっせいに、笑っています。

 

 彼らはなぜ、笑ったのか、それは、上記、トランプとデニーロのバトルを彼らはみんなよく知っていて、トランプがデニーロのIQは低い(デニーロの精神年齢は低い)と言って反論したシーンが咄嗟に脳裏に浮かんだはずです。

 

 そして、トランプの取り巻き米国人はみんな、トランプの口癖などをよく知っていて、トランプが安倍氏を39歳と言い放ったとき、彼らはトランプが、安倍氏の精神年齢は低い(安倍氏のIQは低い)と言い放ったことを瞬時に察知して苦笑いしたのでしょう。

 

3.米トランプも、彼の取り巻きの米国人も、日本国民がなぜ、65歳なのに、39歳にしか見えない安倍氏を何年も総理大臣にしているのか不思議なのではないか

 

 いずれにしても、米トランプが、日本国民に向かって、65歳の安倍氏は39歳レベルにしか見えないよと、忠告したのは紛れもない事実です。

 

 本ブログでは、トランプの本音では、安倍氏のIQは低いとみなしていると解釈していますが、昨年、トランプはデニーロに対して、お前のIQは低いと吠えたように、安倍氏および日本国民に対して、安倍氏のIQは低いと単刀直入に述べたわけではありません。

 

 上記、トランプの発言をどう解釈するかは、安倍氏と日本国民サイドの受け止め方次第です。

 

 しかしながら、ハッキリ言えることは、トランプも彼の取り巻き米国人も、日本国民がなぜ、安倍氏のような人物をいまだに、日本のトップの座に据えているのかがまったく理解できないのではないでしょうか。

 

 このような彼らの対日観は今後、日本国民全体のIQは低いという評価に向かいそうです。

 

 日本でいまだにのさばっているアベ友マスコミは、ここら辺で、いまだに安倍氏をトップに据えている日本が、米上層部から、本音では、どのように観られているのか、真摯に調査すべきではないでしょうか。

 

注1:本ブログNo.2484米国トランプ大統領によれば、65歳になった安倍氏の精神年齢は39歳レベル:だから、とうもろこし爆買いを約束していないと平気でウソをつく』2019109

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/3944997.html

 

注2:本ブログNo.2485最近の米国トランプ大統領は、なぜ、日本国民に向かって「安倍氏の年齢は39歳だ」と言い放ったのか:安倍氏の年齢65歳に0.6を掛けると39歳となる』20191010

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/3957765.html

 

注3:産経ニュース“米大統領、デニーロ氏批判 「IQ低い」と罵倒”2018613

https://www.sankei.com/world/news/180613/wor1806130049-n1.html

 

 

↑このページのトップヘ