レーシックと保険の関係
多くの生命保険・医療保険で、レーシックは「手術給付金」の対象となっていて、加入している保険の種類にもよりますが、 一般的に3万円~10万円くらいの手術給付金が支給されます。

しかし、条件によっては支払いの対象外になってしまいます。例としては以下の通りです。

1.保険に加入する以前にレーシックを受けている人
2.レーシックを受ける予定があるにも関わらず、新規で保険に加入する時に保険会社に告知をしなかった人

などです。

他にも保険会社によって、条件を細かく設定している場合があります。

例えば、「レーザー角膜屈折矯正手術」は支払い対象になっていても、近視治療が目的の「レーシック」については、手術給付金の支払い対象外としている保険会社もあります。

これはつまり、近視が疾病にあたるのではなく、近視治療は美容整形手術と同じ扱いとする見解のためです。

また、近年になって、保険の請求に関して問題が出てきました。

レーシックが一般的に知られる前には、手術給付金は支払われていましたが、レーシック手術を受ける患者さんが増えたことで、保障内容を変更する保険会社もあるということです。

もっと酷い場合になると、保険会社によっては、以前から加入していたお客さまに新しいタイプの保険を勧めて変更させ、手術給付金の保障対象外にしてしまうような悪徳な保険会社も増えてきています。お気をつけ下さい。

視力の低下に悩む人にしてみたら、このような保険会社の対応は、契約者に対して親身になっておらず、一生つきあっていける保険会社とは言えません。

そのような保険会社と契約してしまうと、レーシックの手術給付金のみならず、もし今後、大きな病気を患った場合に、適切な保障を受けられないで苦労する場合もあります。

信頼できる保険会社を探すのは、簡単ではありません。

月の支払い金額が安価だから対応が悪いわけではなく、高いからといって対応が良いとは必ずしも言えないためです。

それでは、実際に自分が一生付き合っていける保険会社を探すのは、どのようにしたらいいのでしょうか?

インターネットの普及に伴って、ウェブサイトからの資料一括請求・カウンセリングを受付しているところが増えてきておりますので、一度ご利用するといいでしょう。