2007年01月18日

日銀は利上げ見送りへ 慎重論が急拡大

当然でしょう


日銀は18日の政策委員会・金融政策決定会合で、追加利上げを見送る見通しになりました。日本経済は拡大基調を続けていることから、利上げに向けて調整を進めてきましたが、政府・与党から強い反発を受ける中、消費や物価の動向を慎重に点検していく必要があるとの慎重論が政策委員の間で急速に強まった模様です。短期金利(無担保コール翌日物)の誘導目標を現行の年0.25%に据え置き、追加利上げは2月以降に改めて探っていきます。





日銀は昨年12月の決定会合で「消費や物価で弱い指標がみられる」(福井俊彦総裁)として、利上げを見送りました。その後は消費や物価で改善方向の指標が出たことや、設備投資などの企業部門は依然好調なことから、一時は今回の会合での利上げに判断が傾いていました。

しかし、政府・与党からは「消費はまだ弱く、12月に見送った利上げを1月にする理由は見当たらない」などと、日銀に対する強いけん制が相次ぎました。日銀の政策委員の中にも、2月に発表される昨年10〜12月の国内総生産(GDP)速報や、12月の消費者物価指数などで、消費や物価の動きを引き続き点検すべきだとの慎重論が強まりました。

これらを踏まえ、今回の決定会合では、07年度までの景気の見通しを示す「展望リポート」の中間評価で、消費の伸び悩みや消費者物価の下ぶれを認める見通し。消費や物価の弱さが明確に払しょくできない中で、利上げの正当性を説明するのは困難との判断が委員の大勢となった模様です。ただ「日本経済が息の長い拡大を続ける」との見通しは維持し、2月以降の利上げを探るとみられます。



hisando at 05:44│Comments(0)TrackBack(0)経済 | ニュース

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字