2005年11月

2005年11月15日

久生十蘭の仕事部屋から(13)

30411e79.JPG位牌です。サイドボードの奥から出来てきたのは、2つの位牌でした。表と裏には次のような文字が書かれていました。






<左>  表:  昭和三十二年
         高照院文正見居士
         十月六日

     裏:  (久生十蘭)
         俗名 阿部正雄
         行年 五十五歳

<右>  表: 壽光院雙月明鑑大姉
   裏: 昭和三十五年二月三日卒
        俗名 阿部 鑑
        八十才


続きを読む

hisaojuran at 06:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0)久生十蘭の仕事部屋から 

2005年11月01日

久生十蘭の仕事部屋から(12)

d9612d38.JPG私がその部屋に初めて入ったのは1年前のことです。それは叔母が使っていた部屋で、入口の正面には十蘭の本が並ぶ本棚が2つ。左側奥のサイドボードの上には、十蘭の遺影が額に入って立て掛けてありました。その前には小さな木製の十字架と小物入れのような箱が2つ。

遺影の写真は、その後、単行本などもでよく使われていることがわかりました。撮影場所は、鎌倉の自宅の縁側のようです。同じ写真がアルバムからも見つかりました。裏を見ると、中央にこんな文字がゴム印で押されていました。

PHOTO BY TANUMA
TOKYO
COPYRIGHT RESERVED
これって、あの有名な「田沼武能」ではないでしょうか。さらに下の方に叔母の筆跡でこう書かれています。

続きを読む

hisaojuran at 06:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)久生十蘭の仕事部屋から