2006年03月

2006年03月12日

久生十蘭の仕事部屋から(23)

前回、十蘭の全集企画に触れましたが、今後は編集の進捗状況などについてお知らせできることになりました。
編集にかかわっているのは、江口雄輔さん、川崎賢子さん、浜田雄介さん、沢田安史さんの4人に加えて、国書刊行会の礒崎純一編集長です。

「定本久生十蘭全集」というタイトルで、全11巻になるとのこと。昨年、礒崎編集長にお会いした時のお話では全10巻ということでしたので、予想以上に多くの資料が集まったようです。

編年体編集となります。ここにご紹介した「従軍日記」を初めとして、新しい資料や、翻訳、エッセイ、評論、座談会なども収録予定です。これまでものとは全く色合いの異なる全集となり、厳密な本文校訂をされるそうです。

このブログは、十蘭の熱心なファンが読んで下さっているようなので、1つお願いしたいことがあると、江口先生から伝言です。東京新聞に連載された「をがむ」のテキストが一部欠落しているのだそうです。お持ちの方がいらしたら、ご連絡をいただければ幸いです。

今回は2年後に発売される全集の話題でしたが、先日、三一書房の全集の山を整理して写真をとりました。ピントが合っていないお粗末な写真ですが、ご参考までにアップします。狭い部屋に並べたので見づらくなりました。最上段が第1版第1刷で左から右へ第鬼から第惨まで。

続きを読む

hisaojuran at 14:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 久生十蘭の仕事部屋から