2006年05月

2006年05月21日

久生十蘭の仕事部屋から(28)

前のブログからかなり間が空いてしまいました。朝日新聞5月11日付夕刊記事「久生十蘭とブログ」を読んで、このブログにアクセスしてくださった読者もいらっしゃるようですね。コメントを残していただきありがとうございます。

これまで私は性別不明、年齢不詳ということでブログを書いてきました。記事を読んで名前も性別も年齢も分かって、「な〜んだ」とがっかりされた方もいらっしゃるようです。

ここで重要なのは私の正体ではなく、このブログを通じて、十蘭のファンにより多くの情報をお伝えすることだと思っています。これに懲りずに(?)、今後ともよろしくお願いいたします。また、内容の誤りや誤字など気付かれたことがございましたら、これまでどおりご指摘いただければ幸いです。

朝日の記事で全集の刊行を知られた方も多いようです。出版は著作権が切れる来年12月末日以降になります。楽しみにしてくださっている読者のために、私が聞いている範囲の内容をお伝えします。

基本的には編年体で大まかな卷立てと内容は次のとおりです。

1巻:「ノンシャラン道中記」「金狼」「魔都」など
2巻:「顎十郎」「キャラコさん」など
3巻:「海豹島」「地底獣国」「平賀源内」など
4巻:「女性の力」「紀ノ上一族」など
5巻:「内地へよろしく」「要務飛行」など
6巻:「ハムレット」「だいこん」「ココニ泉あり」など
7巻:「春雪」「黄昏日記」「ノア」など
8巻:「無月物語」「十字街」「うすゆき抄」など
9巻:「真説・鉄仮面」「母子像」「肌色の月」など
 10巻:エッセー、座談会、従軍日記、最初期作品など
 11巻:翻訳、年譜、書誌

当初は10巻の予定でしたが、1巻増えました。1冊のボリュームは400字詰め原稿用紙で2千枚ほど。最終巻は2千5百枚以上になるようです。ちなみに1970年に発行された三一書房の全集(全7巻)は、2段組で350〜400ページあります。(つづく)

hisaojuran at 21:27|PermalinkComments(9)TrackBack(0)久生十蘭の仕事部屋から 

2006年05月06日

久生十蘭の仕事部屋から(27)

ee8b2108.JPG龍絶蘭さん、pumpkinさん、前回のブログへのコメント、ありがとうございます。資料整理にも力が入ります。ただ、手持ちの情報が少ないので、過大な期待をされませんようお願いいたします。

さて、今回の写真は、いったい何をしているところなのか分かりません。撮影場所や年月日も不明です。

十蘭がフランスに滞在していた昭和4年から8年までの行動について、「久生十蘭」(江口雄輔著)の年譜には次のように書かれています。

続きを読む

hisaojuran at 07:47|PermalinkComments(10)TrackBack(0)久生十蘭の仕事部屋から