2006年06月

2006年06月07日

久生十蘭の仕事部屋から(29)

058a6463.JPG今回の写真の撮影場所や年月は不明ですが、フランスのようです。若い頃の十蘭は女性に非常にもてたそうなので、ハンサムぶりがわかる1枚を選んでみました。

さて、十蘭のフランス時代のエピソードとして触れたいのが、母・鑑についてです。江口先生の年譜にはこう書かれています。

一九三〇年かその翌年に、彼の母親もパリを訪れ、約一年間滞在した。
「海峡」の同人であった石川正雄(石川啄木の女婿)が、十蘭の四周忌の特集(昭和35年第71号)で、母の渡仏について触れています。

(前略)阿部がパリの私達をおどろかしたのは、その年(昭和4年)の十二月十日だった。
 東京で巴里の話をした時、欧州行貨物船でマルセーユまでデッキパッセンジャーになっていくと、ひどく安く行けるなどといっていたが、私達同様シベリヤ経由だった。(中略)

続きを読む

hisaojuran at 22:51|PermalinkComments(6)TrackBack(0)久生十蘭の仕事部屋から