2006年10月

2006年10月23日

久生十蘭の仕事部屋から(34)

長期にわたる中断、申し訳ありません。エンジンをかけなおして頑張ります。

さて、鎌倉の家にあった山のような資料の中に、気になる「手紙」がありました。差出人は十蘭の姉・輝子の長男と長女です。江口先生に整理していただいたリストには、このような内容であると記されています。

先般母テル永眠の際は、御懇篤なるご弔辞をいただき・・・厚くお礼申し上げます。・・・平成三年二月二十二日

十蘭の死後も、妻・幸子は義姉一家と交流があったようです。ブログ(17)でご紹介した「相続関係図」では省略しましたが、姉「テル」には二男二女があることが書かれています。
続きを読む

hisaojuran at 07:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)久生十蘭の仕事部屋から