2007年02月

2007年02月09日

久生十蘭を探して(12)***阿部鑑の幻***

bc651042.JPGece3020a.JPG62ae3be3.JPG











久生十蘭を探して(11)を書いた直後に、著作権管理人から阿部鑑の居住地が分かったと言うメールが届きました。

興奮したのはもちろんですが、何でフランスに行く前にアルバムから絵葉書を剥がしてくれなかったのかなぁ、と言う気持ちもありました。(11)に書いたようにキャスタナリー街まで行って限られた時間でとりあえず全番地の建物を見てきたのですから、30番地と特定できていれば時間の使い方も違っていました。阿部鑑の幻とすれ違ってしまった気分です。とは言え済んだことを悔やんでいる暇があれば先へ進まないと思って気を取り直しています。

問題の30番地の辺りは(11)の写真の場所から7、80メートルほど入った右側の一帯です。あの写真では昔の姿が良く残っていると言う感じですが、キャスタナリー街全域ではかなり再開発が進んでいます。一目で戦後の建物と分る建物の方が多いように感じました。30番地と両隣の画像をアップします。限られた時間で引いた画像をじっくりと押さえてゆく余裕がななかったので、そちらは記憶にとどめて、位置関係を記録するために番地を写し込んだだけのものです。(フランスでは道の一方は偶数、反対側は奇数で番地が付きます)

次回のフランス訪問(予定では2007年9月)ではちゃんと押さえてくるつもりです。次回は「のんしゃらん道中記」の舞台を巡ってノルマンディ辺りで十蘭の足跡を探ってみたいと思っています。

hisaojuran at 17:43|PermalinkComments(9)TrackBack(0)久生十蘭を探して