2007年08月

2007年08月26日

久生十蘭の仕事部屋から(45)

酷暑の夏、いかがお過ごしでしょうか。さて、フランス時代の十蘭の写真は、前回ご紹介したもので全てです。今回は、当時のエピソードを一つ取り上げます。

函館時代から女性の出入りが多かった十蘭が、フランスに滞在したのは30歳前後。竹内清は、「海峡」第37号(昭和33年1月発行)「阿部の思い出」の中で、で次のように書いています。

(前略)当時、関西のSという二十二三才の女の子が、ハープの勉強をしていた。佐伯という夭折した天才画家の姪という話であつた。此の女とアパート暮しを三年位したので、巴里でも女に不自由しなかつた。

Sが帰国後、独りぼつちになつた阿部は、猛烈なホームシツクにやられ、先輩青山義雄氏(北海道出身の洋画家)の世話で南仏クロード・キヤンヌの別荘、と云つても物置きを手修しした程度の別荘だが、南仏の明るい海岸でフランス最後の年を過ごしたのだが、ひどい時は、よだれをたらすまでの強い神経衰弱に悩まされたそうだ。(後略)


続きを読む

hisaojuran at 16:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 久生十蘭の仕事部屋から