2007年10月

2007年10月24日

「トークショーのご報告」と「講演会のご案内」

98e6e7a8.jpg9d1c58b2.jpg著作権管理人です。10月6日のトークショー「久生十蘭を語る」にご参加くださった皆さん、ありがとうございました。何せ半世紀も前に亡くなった作家なので、どれだけの方がいらっしゃるかが心配でしたが、ブログやミクシーを読んだという方も含め、36人と“大盛況”でした。

この日の朝、私は十蘭のお墓に「従軍日記」の見本を持って出版の報告に行きました。十蘭はちょうど50年前の昭和32年(1957年)、10月6日午後1時40分に鎌倉の自宅で息を引き取りました。ちょうど「50回忌」の当日、トークショーに著作権継承者がノコノコ出て行って「コンニチハ」、だけでは芸がなさすぎると思い、十蘭の遺影を持参し、参加者全員に献杯をしていただくことにしました。予算の都合で、「シャンパン」の予定が「発泡ワイン」、「グラス」は「プラスチックコップ」となりましたが、たいへん素晴らしい供養になりました。

「従軍日記」については、親戚から「埃だらけのノートを見つけて、よく本にしてくれたね。僕だったら資源ゴミに出していたことろだった」「十蘭の軍服姿の写真を見るのは初めて」「叔父チャンの乱筆、久しぶりに見ました」などの感想が届き、みな喜んでくれています。

ところで、十蘭の故郷である函館で次のような講演会が開催されます。お近くの方はぜひ、ご参加ください。私も都合をつけてうかがおうと思っています。今回はシャンパンのサービス(?)はちょと無理ですが。

◇タイトル:函館市文学館講演会『再読、賛嘆、久生十蘭』
◇日  時:平成19年10月27日(土)午後2時〜4時
◇会  場:函館市民会館 大会議室
◇講  師:江口雄輔氏

画像は10月6日のトークショーの模様、「久生十蘭 従軍日記」(講談社)

hisaojuran at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)著作権管理人コメント 

2007年10月01日

「従軍日記」発売日変更とトークショーのおしらせ

ブルターニュ、ノルマンディの旅から戻ってまいりました。その後報告は改めて行います。本日は4日に発売予定だった、「従軍日記」の発売日が10日に変更になったことと「久生十蘭を語る〜没後50年・全集刊行に向けて」開催のお知らせをいたします。

発売日の遅れは、内容の正確さを求めるため校正に思った以上の時間が掛かったためだそうです。亜子十郎はこの作業には全く関わっていないため詳細は分かりませんが、ゲラの一部を見せていただいた範囲では相当力の入ったものになっていました。

トークショーは、10月6日17時30分から千代田区神田神保町の専修大学1号館地下1階14教室で開催されます。

『新青年』研究会の浜田雄介さんの司会で、「話題提供」は江口雄介(昭和大学)、川崎賢子(文芸評論家)、沢田安史(SRの会)、礒崎純一(国書刊行会)です。著作権継承者の三ツ谷も私、亜子十郎も参加予定です。お時間のございます方は是非御参加ください。

詳細は
http://d.hatena.ne.jp/sinseinen/

                                亜子十郎 拝



hisaojuran at 07:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)著作権管理人代理コメント