2008年03月

2008年03月09日

久生十蘭の仕事部屋から(47)

先月、十蘭の「従軍日記」原本3冊と「戦闘詳報」「ノート」を函館市に寄付しました。ホコリだらけで本棚の隅に眠っていたノートが、貴重な資料として故郷の函館に受け入れられたことに、深い感慨を覚えます。

十蘭は渡仏前年、演劇を勉強するため岸田國士をたよって上京し、その後、一度も故郷の土を踏むことはありませんでした。その理由を友人の常野知哉が同人誌「海峡」第71号(久生十蘭追悼特輯号、1960年11月発行)「『生社』時代のエピソード」で、こう書いています。

(前略)往年、阿部自身が先輩(注:長谷川海太郎のこと)同様、文名を得て同じく鎌倉の材木座に、立派な邸宅を構えたが、その頃僕は函館新聞に関係して居たので、何とかして、此の有名な久生十蘭事、阿部正雄を、函新主催で、招待し、晴れの錦衣帰郷と言うやつをやらせようとして彼に相談した事があった。喜んで来てくれるだらうと思って返事を待って居たが、返事は意外にも辞退して来た。
続きを読む

hisaojuran at 20:45|PermalinkComments(6)TrackBack(0)久生十蘭の仕事部屋から