2008年12月

2008年12月03日

久生十蘭を探して(15)証拠写真発見

6234c65d.JPG帰途・上海の料亭:榛名丸一行[1]阿部鑑と林芙美子の関連が浮かび上がったことで局面が開けました。久生十蘭に比べれば大衆性でも知名度でも(残念ながら)遥かに高いから豊富な資料が残っているからです。

元・著作権管理人にこの件を連絡したところ「九月末まで、新宿の林芙美子記念館で、パリ滞在を含む写真展が開催されていた」と教えられました。「それでは、問い合わせをしましょう」と言っていたら、早速、電話をしてくれ、展示終了後、写真は所蔵している「新宿区歴史博物館」に返却したのでそちらに当れと言われ、学芸員の方を紹介していただき十一月二十九日に写真を見せていただける運びになりました。

この日、私はよんどころの無い所用があり、静岡県下田市にいなければ、ならなかったので元・著作権管理人に一人で出向いてもらうことにしました。その際に阿部鑑のアルバムも持参して欲しいと頼んだのですが、これが大当たりでした。
続きを読む

hisaojuran at 19:29|PermalinkComments(6)TrackBack(0)久生十蘭を探して 

久生十蘭を探して(14)阿部鑑と杉邨てい

毎年のように渡仏していますが、別に十蘭の研究の為に出かけている訳ではありません。単に「フランスかぶれ」であるだけです。今回も特に目的も無く(ある意味では贅沢な話ですが)「巴里で飯でも喰うか」と言う程度の理由です。「ついで」に十蘭関連の手がかりでも見つかれば御の字と言う程度です。しかも、「十字街」の中に出てくる巴里市内の具体的な地名や建物を巡ってみようと思っていながら肝心の「十字街」の文庫本を持ってゆくのを忘れました。

旅立つ前に杉邨ていについて何か手がかりは無いかと事前に調べている時に「高田ハープサロン」と言う楽器店のホームページ内に「日本ハープ物語 その1 演奏家編」と言うコンテンツを見つけました。以前、杉邨ていについて調べた時には見当たらなかったので比較的最近作られたホームページのようです。(ブログも併設されていて最も古いのが二〇〇七年四月なのでその頃開設されたようです)

テキストの中に「杉邨てい」の記述は存在しないのですが、「来日したハーピストではスペインのソランジェ・レニが1937年4月に来日し、「相当な名手」と評され、当時のハーピストにレッスンを授けている写真が現存しています」と言う記述があり、添えられた画像に「ソランジェ・レニ 山崎光子/杉村テイ子」とあります。画像の二人の日本女性のうち右側の女性が「杉邨てい」のようです。一九九二年の北海道新聞に掲載された須田千里さんの寄稿に添えられた写真と同一人物であるかどうかは断言できませんが、まず間違いないと思います。

続きを読む

hisaojuran at 07:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

久生十蘭を探して(13)キャスタナリー街再訪

P1250829掲載用P1250832掲載用P1250841掲載用            ************************十一月十一日から十八日までパリに滞在しました。相変わらずこの時期のパリは天気が悪く、あまり動き回ることが出来ませんでした。今回は阿部鑑の住所が判明したのでもう一度キャスタナリー街を踏査することと、植物園と思しき場所で特徴的な建物が遠景に写り込んでいる写真がどこで撮られたのかを特定できればと言う課題を持って行きました。

十三日の午後にキャスタナリー街を訪ねました。その前に十蘭の師であった岸田国士が投宿していたファギエール小路(行き止まりの路地)を確認しました。パスツール研究所のそばの長さ十五メートルほどの狭い路地でした。岸田国士がいた十四番地はちょうど路地の突き当たりで、ここ数十年の間に建ったらしい集合住宅がありました。当時の面影のようなものはほとんど残っていません。一棟だけ、二階に擦りガラスの大きな窓があるアトリエのアパートのような建物がありました。当時はこのような建物がたくさん建っていたようです。

ファギエール小路からキャスタナリー街三十番地まではゆっくり歩いて十五分ほど指呼の間でした。前回は番地の表示板をメモするために雑な撮影をしたのですが、今回は三十番地の現況と周辺に残る一九三〇年以前に建てられた建物をじっくり観察しました。前回は気付かなかったのですがキャスタナリー街三十番地は現在では二つに分かれています。一つは前回の三枚ある画像のうちの真ん中の白い集合住宅です。今ひとつはその隣の不自然な空地です。集合住宅の空地側の壁と、空地を囲う鉄柵のそれぞれに三十番地の表示板が貼ってありました。さらに三十二番地も空地になっています。

続きを読む

hisaojuran at 06:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)久生十蘭を探して