2006年07月31日

久生十蘭の仕事部屋から(31)

ceef5d88.JPG47c00315.JPGつづけて演劇関連の写真を2枚ご紹介します。左の写真は、十蘭がタバコをくわえながら講義をしています。向かって右手、梁から下がっている紙に書かれている文字は、次のように読めます。

一 素人演劇運動の理念○
   その○○○○○
       ○北四朗氏
二 実技指導
  「村の飛行士」
       阿部正雄氏
       冬青座一同

左手の黒板には、このような文字が並んでいます。

第一日
 一 國民演劇について
 二 演劇○○
   ○○ ○優 ○○ 照明
 三 演劇の作り方
  a) 脚本決定から○○迄
  b) 稽古開始から公演まで
 四 演出
  a)脚本の整理
  b)演出の大○
 五 演出の実際
  主題「村の飛行士」
  1)顔合わせ
  2)本讀み
  3)讀合せ
  4)立稽古
 六 配役



次に右の集合写真です。どこかの講堂のようです。写真の裏には叔母の文字でこう書かれています。

 昭和15年8月
 劇団「冬青座」(自分が持っていた劇団)
 前列には劇団員とスタッフ、後方は黒磯町の青年達
 
 戦時中なので農村の青年達の楽しみのため演劇指導
 前列右ヨリ3人目

前回のブログ(30)の右側の写真に写っている人たちと見比べてみました。すると同一人物が見つかりました。集合写真の右端の女性は、前回の舞台稽古では右から2番目にいます。同じように前列右から2番目の女性は、舞台で右端に座っています。同じ服装ですね。

前回の舞台稽古の風景については説明がなかったのですが、こうしてよく見てみると冬青座での稽古であることが分かりました。

また、集合写真の前列左から3番目、白いワンピースを着ているのは三ッ谷幸子。この年3月に東京の東洋英和女学校幼稚園師範科を卒業しました。幸子は19歳、十蘭は38歳。2年後に結婚します。(つづく)


hisaojuran at 21:46│Comments(4)TrackBack(0)久生十蘭の仕事部屋から 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by pumpkin   2006年07月31日 23:06
「村の飛行士」は昭和18年の「村の飛行兵」のことでしょうか。するとこの時点で成立していたのですね。

それと名前が久生十蘭でなく、阿部正雄なのも興味深いですね。
2. Posted by 龍絶蘭   2006年08月05日 22:47
 こんにちは
 写真がちっちゃくてよく見えないンですけど
 ぜいたくはいいませんが
「冬青座」の読み方はなんでしょうね?
「とうせい」?「そよご」?
3. Posted by 亜子十郎   2006年08月06日 08:53
龍絶蘭さん、いつもお立ち寄りいただきありがとうございます。

画像をクリックするとかなり大きくなりますが、お試しください。もっとも板書の文字が判読できるほどではありませんが…。


                     亜子十郎 拝
4. Posted by 龍絶蘭   2006年08月08日 00:27
 こんにちは
 ほんとだ。
 ものすごく大きくなりました。
 さすが…このギャップは
 いかしてます。
 それで前列右から三番目ですね…。
 うーん…キュートだ…
 野田英樹っぽいかな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔