著作権管理人代理コメント

2007年10月01日

「従軍日記」発売日変更とトークショーのおしらせ

ブルターニュ、ノルマンディの旅から戻ってまいりました。その後報告は改めて行います。本日は4日に発売予定だった、「従軍日記」の発売日が10日に変更になったことと「久生十蘭を語る〜没後50年・全集刊行に向けて」開催のお知らせをいたします。

発売日の遅れは、内容の正確さを求めるため校正に思った以上の時間が掛かったためだそうです。亜子十郎はこの作業には全く関わっていないため詳細は分かりませんが、ゲラの一部を見せていただいた範囲では相当力の入ったものになっていました。

トークショーは、10月6日17時30分から千代田区神田神保町の専修大学1号館地下1階14教室で開催されます。

『新青年』研究会の浜田雄介さんの司会で、「話題提供」は江口雄介(昭和大学)、川崎賢子(文芸評論家)、沢田安史(SRの会)、礒崎純一(国書刊行会)です。著作権継承者の三ツ谷も私、亜子十郎も参加予定です。お時間のございます方は是非御参加ください。

詳細は
http://d.hatena.ne.jp/sinseinen/

                                亜子十郎 拝



hisaojuran at 07:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年12月31日

一年間のご愛読ありがとうございました

今年も押し詰まりました。

このブログを開始してからまだ足かけ二年ですが、今年は十蘭の実像についてさまざまな発見がありました。これまで不詳とされていた父親が特定されたり、十蘭のフランスでの足取り(パリ、ニースでの写真)も分かりました。(まだ未発表ですが、フランス国内数箇所での写真と日時が特定できる文書類が見つかりました)

ジグソーパズルのピースは確実に数が増えているのですが、それらがどう繋がるのかはこれからの課題です。

先日、江口雄輔さん、川崎賢子さんと北海道教育大学の小林真二さんに著作権継承者と亜子十郎を加えて「久生十蘭・忘年会」を開きました。真面目な話からくだけた話まで長時間にわたって盛り上がりました。

くだけた話のほうではいずれ、読者の皆様もお招きして、さまざまな顔を持つ久生十蘭に多方面から光を当てる「十蘭十夜」とでもいったイベントができればなどという話も出ました。まだ、ジャストアイディアの段階ではありますが、実現できれば楽しい催しになるだろうと思います。

年末年始の慌しい中、私はひたすら十蘭の作品を読もうと思っています。

どうぞ、みなさまには良いお年をお迎えくださりますよう、お祈り申し上げております。



                                            亜子十郎 拝


hisaojuran at 16:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年05月21日

著作権管理人代理人のご挨拶

著作権管理人の代理「hisaojuran」です。ブログを開く時に考えもなくIDを「hisaojuran」にしましたが、考えてみれば久生十蘭に失礼でした。書き込み上の名前も「著作権管理人代理」では硬いので「亜子十郎」を名乗ろうかと思います。こえなら久生十蘭も苦笑して許してくれそうですから。

さて、「著作権管理人からのご挨拶(5)」に書かれたように、著作権管理人(以後、当人と表記)から「久しぶりに食事でも…」と呼び出されて、世間話で食事を終えたところで持ち出されたのが、久生十蘭でした。びっくりしました。もちろん、名前は知っていましたし、何篇か読んだ記憶は微かにあったのですが、「知っています」と胸を張れる立場ではありませんでしたから。

続きを読む

hisaojuran at 05:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月04日

お待たせいたしました

みなさん、こんにちわ。雑誌「新青年」などで活躍した作家久生十蘭のオフィシャルサイト準備委員会へようこそ。私は1957年に亡くなった久生十蘭の現在の著作権管理人の代理のhisaojuranと申します。著作権管理人の意を受けて管理人とみなさまの仲介をさせていただくのが私の務めです。

実は著作権管理人もその代理人である私も久生十蘭について詳しく知っているわけでも、全著作を読破したわけでもありません。最近になって「全部読まねば」と思って時間の許す限り作品を読んでいるところです。

従って、久生十蘭ファン、研究者にとってははなはだ頼りない管理人と代理人ではありますが、よろしくお願いいたします。


               「久生十蘭著作権管理人」代理 hisaojuran


hisaojuran at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)