2016年11月29日

11月も終わり

以前に書き込んでから一月以上たった。パクちゃんとの
訣れで、書く気力がなくなったーというのはウソ。
さぼり癖がついていただけ。

まもなく師走。忘れぬうちに備忘録を記しておこう。

10月
20日 ボク去勢。だが、一向にやんちゃぶりは変わら
ない。

11月
3日 小雨の中、久々の採集。山田滋夫と鳥取の
ヒスイ産地と上地鉱山。ヒスイは☓。上地鉱山も目的の
Ag鉱物はスカで、ガッカリの一日。それでも採集はいい!

4日 隔週授業(RP)の日だったが、ころっと忘れていた。
慚愧の念。

5〜7日 パクちゃんと再会のため、ワイフが上京。
3日間、1人だが家でごろごろ無為に過ごす。

8日 自動車学校で高齢者講習。動体視力が「劣って
いる」の判定にがっくり。
夜、山田孝子先生、佐山浩兄との飲み会。そのさなか
大学の友人から電話あり。林学・探検部同期の上田
千秋が交通事故で即死とのこと。
今年1月、50年ぶりで探検部同期会。10人が元気な
顔を見せたのに、うち3人が病に倒れ、ついに死者まで。
無常感でいっぱい。

9日 京都へ。義姉一家と昼食後、墓参。
トランプ当選とのことで、コトバを失う。

12−13日 上京。二日ともパクちゃんと過ごす。
パクちゃんは赤ちゃん猫から元気な子猫に育っていた。
里親ももう決まった由。
写真を載せておく。

IMG_2340





















15日 ボク血液検査。エイズ・白血病ともにマイナス。
ということはパクちゃんもご近所のボクの兄弟姉妹も
大丈夫。

16日 洞光寺紅葉見学。


18日 RFで大学。

19日 RF。夜、白山チームの飲み会。

25日 神戸シニアカレッジで講義。

26日 希代の英雄、カストロ死す。

28日 賀状印刷。この日、パクちゃんは「千代」と
改名し、里子に行った由。我が家で一週間保護した
あと、次男の友人宅で世話になり、その後次男宅と、
多くの人々の愛情に育まれてきた。
だから・・・パクちゃん、もとい、千代。いつまでも元気で!(涙)

上記以外には
PC不調で何度もヤマダ電機へ。無料はありがたいが・・

「2016秋」執筆。12月早々アップの予定らしい。

「マイコレ・石の旅」シリーズ。ようやく北海道・東北編
が終わる。



















































 


hisatake1 at 12:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年10月15日

パクちゃんの旅立ち

IMG_2098IMG_2093IMG_2142




















パクちゃんは例のノラ三毛の娘で、ボクの数か月遅れ
の妹ということになるのでしょうが、母猫とは嵐ではぐ
れたようです。
ほんとに愛くるしい白猫で一目でメロメロになってしまい
ました。
我が家では先住のレオ、ミコに加えて子猫のボクがいる
ので、これ以上飼うことは不可能ですが、次男がいつ
でも引き取ると言っていたので、次男の友人が引き取り
に来るまでの一週間、とりあえず我が家で保護すること
にしました。

獣医の見立では生後3〜4週間の離乳期前なので、
ミルクと離乳食を
与え、トイレも自発的にできるまで、
下腹部を食前にマッサージして
排尿排便させろとのこと。

しかし、三日間ほどはミルクも離乳食も見向きもせず、
無理矢理
口に押し込まねばなりませんでした。
マッサージして、なんとかおしっこは
させられたものの、
便は出てきません。
まだよちよち歩きで、微笑ましい
ことこの上ないのですが、
これでちゃんと育っていくか不安で
なりませんでした。

しかし、金曜から土曜にかけて、状況は一気に好転。
哺乳瓶からミルクを積極的に吸うようになり、離乳食も
ぱくぱく
食べるようになりました。
そして自分からトイレに行き、排尿排便
ともどもできる
ようになりました。

そして丁度一週間を経た11日(火)、引き取られて行き
ました。
パクちゃんとの最後の写真が下です。

IMG_2230
















不思議なことにノラの母猫も姿を現し、見送って
いました。
下の写真はパクちゃんを見送る母猫が小さく映って
います。右下に写っているクルマでパクちゃんは
旅立っていきました。


母、パク見送り

























次男は偶々ベトナム旅行に行っていて、来週帰国したら
パクちゃんをひきとると言ってました。
ですから次男のところに行けばいつでも会えると思って
いたのですが、友人の話ですと、次男のところも先住
ネコがいるので、次男のネットワークで里親探しをする間、
預かるだけとのことです。

となると、もう逢えないのかとすごくショックで、虚脱感に
襲われました。彗星のように登場し、光芒を残して
去っていくパクちゃん。
さようならパクちゃん、元気で・・・

        ☆             ☆
なお、ケータイですが、結局見つからず、警察署に遺失物
届を提出し保険で同じ機種を入手し、ようやく使えるように
なれました。








hisatake1 at 23:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年10月06日

ネコ、ネコ・・・

もう10月、台風とともに一気に涼しくなった。
遅ればせの備忘録

9月
中旬 義歯の作り直し。ようやく新しいのが入ったが、慣れるのに
しばらく時間がかかりそう。


23日 秋学期隔週RPの第一回、ここ数年間、秋学期のRPは
受講者がなく、流れていたのだが、今年は開講。夜、山田孝子
先生、佐山兄と三田駅前「蔵人」で飲む。

26-28日 中高時代の友人と恒例の信州合宿。野尻湖の友人の
別荘で行うもので、これで第8回目。今年はクルマ3台(関西
2台、東京1台)でなく、1台のみで、他はJR。みな古希を過ぎた
ものなあ。
27日は安曇野ワサビ農場見学の後、中房温泉へ。別荘以外での
泊というのも初の試み。
中房温泉は秘湯。自分でクルマを運転していくのは絶対イヤ。

IMG_2015左はワサビ
農場



















温泉・噴気めぐりとタマルガル石という昇華物を採集。
28日 中房温泉を降りてから本格的な雨。傘をさして雨に煙る
上田城を見学後、一足先にJRで帰る。

IMG_2039
上田城




















IMG_2052
新参ボクの
背後から
迫る先住レオ

















10月
3日 ケータイがないのに気づく。28日夜、宝塚駅のホームから
電話しているので、広野までのJRか、我が家で紛失。
しかし、電話しても充電がとっくに切れており、反応なし。
何万円か吹っ飛ぶと思い落ち込む。
利用停止の連絡をしたところ、保険が効くという話で、警察署に
紛失届を出せば、5000円で同一機種のものが手に入るらしい。

4日 近くのお墓で小さい小さい白猫を保護。生後3−4週間
くらいで体重380グラム。「白(パク)ちゃん」と仮称。
次男の友人が来週ひきとってくれることになり、それまで我が家で
保護することにしたが、離乳期前で排尿排便も自分でできない。
ミルクを飲まそうとするも、哺乳瓶に吸い付くこともしないので、
スポイトでミルクを飲ませる。
まだ歩き方もおぼつかないし、小刻みにふるえているし、
大丈夫だろうか・・・
いずれにせよ、二人がかりでないとムリなので、8日の京都ショー
と磊酒会はキャンセル。

IMG_2079パクちゃん

















パクちゃん、元気で育ってくれよ。
パクちゃんをみていると、チビギャングボクはもはや子猫で
なく中猫だ。






















hisatake1 at 15:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年09月15日

極私的備忘録

もう一月以上書き込んでいない。ぼくは物書きが好きだと
思われている向きがあるが、それは誤解である。

時評にしてもQタンにしても、約束することで書かざるを
得ないように自分を追い込んでいるだけなのである。

とりあえず前回以降の備忘録

8月
19日 京都に出る。京大時代の友人との年2回の
飲み会。二次会で久々にカラオケ唄ったあと、終電に
間に合うよう余裕をみて帰る。

24−27日 長男がチワワのマロンを連れて帰省。マロンは
びびりで我々に対しては何度会ってもキャンキャン吠えまくる。
チビギャングのボク(墨)との対面はどうなるかと戦々恐々。
ところがボクがじゃれかかってもキャンキャン吠えず、少し引く
程度、ときには自分からも反撃したりで、結構じゃれあって
いるので一安心。

IMG_1935





















いずれにしても、ペットのせいで帰省しても近場で昼飯を
食ったり日帰り温泉に入りに行くくらいで遠出することは
なくなった。
27日に長男は帰ったが、その間、ずーっと二階の片隅に
引っ込んでいたレオ、ミコとボクとの距離がどうなるか心配。

26日 恒例の関西わかば(関西のレンジャーOB懇親会)の
鴨川川床。今年は途中から雨模様で室内に。最長老星野
サンは珍しく欠席。長らく最若手であった筆者であるが、
ここ数年で急速に押し上げられ、いまや中堅どころになった。

9月
3〜4日 白山麓実習の慰問にOB9人と訪問。地域振興とか
地域活性化とかのお題目はともあれ、年々、地元との
つながりは確固たるものになっているとの実感。


14日 「シン・ゴジラ」鑑賞。ゴジラの目は作り物っぽかった
が、まあまあ面白かった。脇役だが対策チームに環境省
野生生物課課長補佐の生物オタクがいたのが笑えた。
上映時間2時間、予告編10分の2時間10分は高齢者には
きつい。一番最後の数分間はカットして、トイレに駆けこま
ざるを得なかった。
帰宅後ネットで確認したらこのラストシーンが話題沸騰らしい
のだが、見過ごした・・・

この間に、「2016夏」を脱稿、山田先生が時差ボケもなんの
その帰国後ただちに編集アップくださった。またQタン67
(10月号)も脱稿。

ボクの母猫をなんとか捕獲して避妊させようと捕獲箱を仕掛け
てはいるのだが、まったく無視。このまま、また子猫を産まれ
ても・・・

そのボクだが、やんちゃし放題で目を離せない。さらに興味
津々で先住ネコに構ってもらおうと近づくのだがレオもミコも
いまだ受け入れようとせず、威嚇してから逃げる。
こういう毎日なので、標本整理は一向に進まず。

暑さと河畔の道が雑草に覆われたので、ウオーキングは中断
していたが、雑草がいつのまにか刈払われていたので
ウオーキング再開。ただ、魚影は減った。それでも色鯉と
再会できた。今日はサギが10匹ほど群れていて、3,4年
ぶりのことだった、






































hisatake1 at 15:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月12日

南米行&ネコ騒動続編

前回の書き込み以降、都知事選、天皇の「第二人間宣言」?、リオ・オリンピック、そして今日は伊方3号機再稼働といろんな出来事があったが、私的にはゼミ内カップル結婚式、初の南米渡航そしてネコ騒動続報であろう。

7月30日、9期のマグロと10期の谷山の結婚式が京都で行われた。学生時の1年間(付き合いだしてからは半年?)以外はすべて遠距離恋愛(途中、籍は入れたのでそれからは正確には単身赴任)という異色のカップル。
IMG_0704炎天下の京都での挙式は竹林のなか。舞妓さんが出てきたり、マグロのお母さんのフラダンスが披露されたりと楽しい披露宴だった。二次会は四条烏丸で。ぼくは翌々日からの南米渡航の準備があるので、二次会に来たOBOG連の顔を見て二次会開始前に帰ったが、人気者カップルだけあって8〜14期まで幅広い参加があった。末永くお幸せに。


このあと8月1〜8日まで初の南米。昨年まで9年間続いたJICA関西の「中南米鉱工業排水研修」の運営委員というのをしてきた。もうお役御免かと思ったら、急遽ブエノスアイレスでフォローアップセミナーというのをやることになり、運営委員の代表として行くことになったのである。日程は下記の通り。

1日(月)、自宅を8時に発ち、伊丹空港→羽田空港→成田空港で全員(4人)集合。成田発16:35
  ヒューストンで乗り継ぎ7時間待ち。ヒューストン21:45発。
2日(火)、朝、ブエノスアイレス到着。午前中ホテルで休憩。午後、セミナーオープニングセレモニー。
3日(水)、終日セミナー。
4日(木)、午前中セミナー、午後水研究所視察
5日(金)午前中セミナー総合討論、修了式。午後、JICAアルゼンチン事務所、日本大使館表敬訪問。
 夜、ツアーでタンゴ鑑賞。かぶりつきのタンゴは大迫力で圧巻。

IMG_18376日(土)午前中、日系二世の美形ガイドによる市内観光。
写真上は有名なブエスのアイレスの墓地のネコ。同下はペロン大統領夫人の墓で同行のS先生とガイドさん。
カミニートというタンゴの名曲はしっているが、カミニートが地名でもあると言うのははじめて知った。午後、目抜き通りの歩行者天国を歩いて夕方空港。
空港発20:45

IMG_18407日(日)早朝ヒューストン着。空港で6時間待ち。11:00空港発。
8日(月)14:30 成田空港着。羽田、伊丹経由で自宅到着21時。






感想としては
 ・遠い! 往復72時間(機内50時間)は疲れる。
 ・高い! 物価は東京並
 ・涼しい! 冬だから当たり前だが、寒い!ではない。
 ・でかい! 食事はステーキ中心。半分は残した。機内食は不味すぎる。
そして当たり前だが、
 ・つらい! スペイン語が皆目わからない。

このセミナーに関してはQタン66と次回Hキョージュで報告予定。

<ネコ騒動 続>
 ボクの体重は保護時の600gから1500gと倍増。快便快食で元気いっぱいだが、依然結膜炎で涙・目ヤニはとまらず、治療続行中。左目には根治不能な異常があるが、視力には異常なさそう。
 今は1階玄関右の一部屋がボクの部屋で柵で隔離中。先住ネコとは柵越しでの対面は可能だが、先住ネコの方が見て見ぬふり。柵を外すのはまだ一月ほど先にしろというのが獣医さんのアドバイス。

IMG_0352                                                                                               最後まで母ネコと一緒だったチビ三毛を隣の奥さんが捕獲。無事、お向かいに貰われて行き、ほっと一息。
 結局6匹の子猫のうち1匹は死去。3匹は保護。2匹が消息不明のままとなった。あとは母ネコの捕獲・避妊ができれば一応プロジェクト終了となる。
写真の一番上がボク、その左下が昨日保護されたチビ三毛、その右のどちらかが先に保護されたチョコ。














hisatake1 at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)