2011年08月07日

名誉の負傷

うーん、もう一月以上書き込みをさぼってしまった。いかん、いかん。
とりあえずmixiの転載で、近況を報告。

3日、梅田キャンパスでソーセイ同窓会(新卒歓迎会)。前ガクブチョーとしては参加するしかない。幸い、研究ゼミ卒業生や基礎ゼミ卒業生など顔見知りもチラホラ。二次会まで付き合って現・学部長の高畑先生と帰る。

4日、今日は春学期だけの2年ゼミ飲み会。

7日、環境省近畿地方事務所長来所。またも、山陰海岸国立公園がらみの検討会の座長になってくれとの依頼。その夜はルネ懇で、ゼミ生2名も傍聴。

8日の金曜は1年ゼミの千刈キャンプ。姫ホタル観賞。10代男女と雑魚寝。

翌9日はBBQ。そして午後は宝塚ソリオで武庫川ネットワーク設立記念講演会。
顔見知り5,6人に逢い、ゼミ生3名も来ていて、終わったあとゼミ生とお茶する。

13日、春学期最後の基礎ゼミと講義。そして春学期最後の教授会。

14日、同じく最後の総政ゼミと研究ゼミ。

16日、三連休初日は梅田で12〜14期同窓会。男9、女3と珍しく男優位。二次会カラオケのあと篠山の12期モテモテ男、陶芸家のタマゴと一足先に帰る。残りはオールナイト?

ところで露猫さんから、H5を出したいので校正してくれという連絡。赤字必至だから当分見送りと思っていたのに、どういう風の吹き回しだろう。
17日、そのH5の註とあとがきを仕上げ、校正を終える。

18日、台風も近くなり終日雨。そのなか「小さな自然再生シンポジウム」を聞きに行く。環境庁同期で兵庫県に腰を据えたT君と数年ぶりにバッタリ。三田に家がありながら、なぜか三木市に一人住まいしているのだが、いろんな人と談笑しており、やっぱり顔が広い。
この夜、環境庁の後輩から衝撃的な電話。環境庁同期のSくんの訃報だ。数年前胃の全摘手術をしたものの元気だと言う話を聞いていたのに・・
剣道5段と言うスポーツマンで、まるで屈折したところのない快漢だった。
はじめての同期の死で、少しショック。同期の3人に連絡。

18日、朝から大雨。台風が来ると言うのでさまざまな準備。結局。直前で方向転換し、直撃は免れたが、定期試験は延期。

19日、台風は去ったが、2限のボクの試験も延期になった。

21日、西宮の多様性協議会を終えて一旦帰宅してから上京。
二人の愚息と東京駅の近くで夕食。二人ともいろいろ辛い局面で苦労している。そのあと長男宅で泊まる。長男の癒しはいまや一匹になってしまったフェレット。可愛いが、ところ構わず噛むのは閉口。

22日、朝、長男のところを一緒にでて次男のところへ。午前中、隻眼の美猫「小梅」と添い寝。午後は霞が関の経産省別館で審議会。その後、環境省に行き、自然環境局ボス連と密談。夕方はOB、現役長老6名と久々に一杯。
新幹線でぐっすり眠り、帰宅は24時過ぎ。

23日、土曜。午前中は院生の口頭試問。帰宅後、公務・私事合わせたもろもろの諸事を片づけ、涼しくなった夕方、庭仕事。ここで椿事が起きた。
竹やぶ手前の斜面で雑木・雑草の刈り取りをしていたが、バランスを崩し、尻もち。竹の古い切り株に太股がかすり、ズボンが破けた。ただ、それほど痛くも無かったので作業を続行。家に帰って、ズボンを脱いだところ、ワイフが大怪我ではないかと騒ぐ。自分では見づらい位置だが、2〜3センチに渡って皮膚がとれ肉が見えているという。血は大体とまっていたが、ズボンにも血がべったり(色の関係でわかりにくい)。
痛みも無いので放置しようと思ったが、ワイフが騒ぐので、市民病院の救急外来へ。そして医者は縫ったほうがいいと局部麻酔で傷口を縫い、抗生物質を二日間飲んで、月曜朝もういちど来るようにとのこと。
うーん、意外に怪我は重かったのか。
それにしてもマトモに尻だとかタマタマに切り株が直撃すればどうなったかと思うと、いささかぞっとする。

24日、市長・市議補選。食事後、武庫川源流探索。帰宅後、昨日やりかけの雑務を片づける。

25日 台風が近づく。定期試験中だが、台風接近で試験延期が決まる。

26日 結局台風は逸れた。ボクの「環境政策論」の試験は延期されてこの日の5限に延期されたのだが、警報が出ている以上、またまた延期とのこと。

27日、結局ボクの定期試験は8月1日に延期。しかも1日に予定が入っている学生がいるだろうから、8月4日の追試受験者が当然予想されるし、両方都合の悪い学生のための試験代替レポートも考えてくれとのこと。

28日、春学期、ゼミの打ち上げ。三田下宿のキーマンだかキーウーマンだかが来れないということで、宿の確保が難しくなったせいか、二次会の参加者は少なく、最後は4人。それも午前0時には解散した。名誉の負傷で禁酒を申し渡されていたが、この日だけは解禁。

29日、じつは先週あたりから熱いものを食べると歯がジーンとくる。やっとこの日、予約がとれたので歯医者に。予想通り、歯周病の急性症状。

30日、土曜だが、大学院入試の面接試験。

で、いよいよ8月に突入。

1日、公害政策論を講義してもらうYさんが来校。分担を相談。5限、定期試験。 今度は無事実施。

2日、藍本・日出坂で恒例の川ガキ養成講座。学生3名がスタッフとして参加することになっていたが、定期試験延期のせいでゼミ生2名が参加できなくなってしまい、2年生1名を連れて参加。驚いたのは同僚のK先生が御家族を連れて参加されていたこと。むしろ向こうの方が驚いていた。
定期試験採点終了。昨年より成績はよく、60点未満は3,4名のみ。

3日、今日は市民病院形成外科で抜糸。これで酒も飲めるし、風呂も入れるかと思ったが、医者は風呂は来週傷跡をみてから判断するとのことで、入浴はもう一週間ダメとのこと。がっくり。午後はずうっと会議。

4日、歯科、形成外科につづいて、今日は脳外科でMRI検査。無事、無罪放免。追試は1名のみ。採点も即終了。この日、天野先生追悼の記念論文、追悼文の執筆依頼のメールを大量に出す。

5日、大阪湾一斉水質調査に同行。例年、国環研のMさんが実習に行くわがゼミ生を連れていくのだが、昨年からは実習生が2名に減ったので、ぼくも参加することにしたもの。昨年はエイの遊泳が見られたが、今年は雨が降ったりやんだりで、いささか難航。

6日、オープンキャンパス。ゼミ生二人が「緑のカーテン」の広報に参加したので、慰問と差し入れ。午後からはひたすらQタン(「H教授の環境ゼミ」)の原稿書き。
脊髄を損傷されたTさんから「環境測定実習」を担当してくれる大阪市OBを見つけたと連絡。Tさんは車いすに乗り、リハビリ中とのこと。声からすると、精神的にもだいぶ立ち直られたようだ。






hisatake1 at 01:15│Comments(0)TrackBack(0)週間ダイアリー 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔