2016年05月28日

試し撮り

20160520akazawa先週末は伊豆の海でした。前回のダイビングで「ヒートベスト」の調子が今イチだったので、その再チェックと、前回のダイビングでカメラを水没させちゃったから、改めて買ったオリンパスの「TG4」の試し撮りが目的です。結論から言うと、「ヒートベスト」はバッチリでした。もしかしたら前回はコネクターがしっかりはまっていなかったのかもしれない。スイッチを入れると、もう間髪を入れず暖まり始めます。陸上でTシャツの上から装着したんではこの急速に暖まる感じはわからないですね。とはいえ、この時期はもう水温が18〜19℃になっていますから、「ヒートベスト」装着する意味はあまりないな〜(笑)。そして「TG4」。こいつの「顕微鏡モード」は本当に凄い。メチャクチャマクロで撮ることが出来るし、ピンがしっかり来る。強いて言うならワイドが今イチなところが残念だな〜と思いますが、前に使っていたワイドレンズを何とか使えるようにすれば、それもカバーできるかな。ということで、今回の目的は全部達成しました。透明度が良かったら文句なかったけど、まぁこの時期だから仕方ないか。ただ一つ、問題があるとすると、ライトのシューを取り付ける部分とか、ズームスイッチの向きとかがCannonと逆なんですよね〜。これに慣れるまでにしばらくかかりそうな感じです(笑)。それはそうと、赤沢ダイビングセンターの裏で飼われている柴犬の「ラブ」がセンター側に遊びに来ていました。可愛いですね〜。水面休息の間、ずっと遊んでました。次回もまたいてくれるかな・・・。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月27日

954同窓会

20160518cilantro先週、我が家の代々木上原「シラントロ」率は非常に高かった(笑)。私は日曜日に「シラントロ」の6周年記念イベントに行きましたが、我が家の奥方が火曜日の夜に友達を誘って「緑のパエリア」こと、洋風「鯛飯」を食べに行き、私がまた水曜日に「緑のパエリア」を食べに行くという、ヘビーローテーションでした。水曜日の「シラントロ」は、先だっての「毒蝮三太夫さん80歳お祝いの会」で久しぶりに会った元954キャスターのK子ちゃんと晩ご飯を食べに行こうということになって、彼女が行きたがったのが「スパニッシュ」だったことから、自ずと「シラントロ」に決まったと。奥方が行ったときはOにゃんがいたそうですが、我々が行ったときはOにゃんはおらず。ま、でも馴染みの店だから別にサービスとかも変わらないんですけどね。本当はK子ちゃんとサシで行きたかったところですが、彼女が同期のT内とも会いたいと言っていたのと、「K子ちゃんと飲むときは私も誘って〜」と同じ元954キャスターのK笠が言っていたので、二人を誘って一緒に行きました。みんな20年近くぶりだというのに、あっという間にその頃に戻った気持ちで、時の移ろいを感じさせませんでした。「シラントロ」だけじゃちょっと寂しいかと思って、「坂の上ホタル」に転戦したら、そこにOにゃんがいたという(笑)。次は和食を楽しみたいね。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月26日

豆腐屋 mieets 出来たて豆腐

20160517ikoiya久我山の「歌垣」隣に新しく出来た「いこい屋」、ここの「出来たて豆腐」に惚れ込んで通うようになりましたが、そんな話をしていたら代々木上原の創業82年になる豆腐屋「太田屋」の若大将が「一度行ってみたい」と言い出したので、それならとばかりに美味しいもの大好きTBSラジオキャスターのA嬢を誘って行ってきました。「本職がいらっしゃるなんて、緊張しますね〜」とか言っていた店のマスターも、いつものように淡々と腕を振るってくれました。「出来たて豆腐」はすぐ食べちゃったので、写真はありませんが、「コロッケ」と「揚げ出し豆腐」「お造り盛り合わせ」を頼んで食べていたら、最後にマスターが「先日の15日イベントでこんなものも出したんですよ」と、豆腐がたっぷり入った「サーターアンダギー」を出してくれました。そう、マスターは沖縄出身で、毎月15日に「沖縄デー」として普段のメニューとは違う料理を出してくれるのですが、今月の15日には行けなかったので、改めてサービスで出してくれたと。そのお味ですが、普通の「サーターアンダギー」は口の中で結構ボロボロ崩れて飲み物と一緒でないと
飲み込めない感じがありますが、この「豆腐たっぷりサーターアンダギー」はもっちりしているのに軽くて食べやすい。来月の「沖縄デー」は15日が水曜日で休みなので、16日の木曜日に開催だとか。海に行くのは金曜日の朝にして、木曜日夜は行ってくるかな(笑)。本職の豆腐屋の若旦那もお店を気に入ってくれたみたいで、良かった良かった。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月25日

祝!6周年

20160515cilantro代々木上原にあるスパニッシュ・バル「シラントロ」が先々週、開店6周年を迎えました。そのお祝いイベントが先週、開催されたのですが、食事&飲み物なんでも500円という毎年恒例のお祭りです。普段は「ベジョータ」とか「パクチー」たっぷりの料理をガンガン出してくれる「シラントロ」ですが、この日は「肉フェス」と称して鶏の「バッファローウイング」とか、「ポーク・リブステーキ」などの肉料理が中心でした。我々は6時の開店直後に行って、一番奥のテーブルを占拠してお祝いを言うのもそこそこに、ワインと料理を楽しみました。メンバーは民謡アイドルのMちゃんに、TBSラジオキャスターのA嬢、それに気象予報士のS嬢と私という両手に花、更に花、という非常に嬉しいシチュエーションでした(笑)。もっとも、そういう時は私が格好付けて食事とかはご馳走する訳なので、財布の中身はどんどん減っていくんですけどね。基本的に代々木上原大好きメンバーなので、みんな「シラントロ」を存分に楽しみました。一緒に写真を撮った「シラントロ」の大将、Oにゃんも嬉しそうでしょ(笑)。そして「シラントロ」の後は流れて「タナダイナー」へ。ここももう開店一周年になるのですが、一周年イベントは用事があっていけないので、お祝いはまた改めてですね。なじみの店が多いと周年イベントもそれだけ増えてくる訳で、なかなか大変です。はい。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月24日

帰る前に・・・

IMG_31302泊3日の名古屋&お伊勢参りの旅もいよいよ帰京の時間が近づいてきました。伊勢で「赤福」や「伊勢うどん」を食べたり、晩ご飯に「手羽先」をたらふく食べたりと、毎度おなじみの食いしん坊旅ではありましたが、やはり名古屋の「〆」もきちんとしておかなきゃね。ということで、名古屋港水族館から名古屋駅に戻ってきて、ちょっと遅めの昼ご飯に「ひつまぶし」を頂くことにしました。「味噌煮込みうどん」とか「きしめん」という手もあったのですが、とにかく気温が高くて暑い麺類はちょっといいかなと思ったのと、こういう機会でもないと、最近はなかなか「鰻」を食べることもないからね。コインロッカーに荷物を預けたまま、駅の地下街にある「ひつまぶし」のお店に。「食べログ」でも「3.4」ポイント獲得している店だから、そこそこ食べられるだろうと思って入ったのですが、味はいいんだけど量が半端なかった(笑)。私はご飯を軽めにしてもらったのに、それでも茶碗で優に2杯分はありました。最初に山椒をかけていただいて、次に分葱と山葵でいただいて、最後に出汁をかけていただく。いや〜やっぱりいいですね、「鰻」は。食べ終わった後、腹ごなしも兼ねて奥方の自分用のお土産探しに駅の土産物屋やデパートをウロウロしてから新幹線に乗って帰ってきました。なかなか楽しい2泊3日の旅でした。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月23日

名古屋港水族館

20160514aqua2泊3日の名古屋&お伊勢参り、帰る日の土曜日も有効に過ごさなきゃ、ということで「名古屋港水族館」に行ってきました。伊勢に行く以外に名古屋ではどこに行けばいいのかわからなかったので、奥方がFBで「名古屋で何すればいい?」と呼びかけたら、色んな人から色んなサジェスチョンを頂きました。その中で一番多かったのが「名古屋港水族館は楽しめるよ〜」という意見だったので、それなら行ってみようと。9時頃にホテルをチェックアウトして名古屋駅に行き、大きな荷物をコインロッカーに預けて地下鉄で名古屋港に向かいました。名古屋港水族館のある付近は色々な施設があって、ちょっと神戸港の「メリケンパーク」のような雰囲気ですかね。「メリケンパーク」よりはだいぶ規模が小さいけど(笑)。そんな中に建つ「名古屋港水族館」は沖縄の「美ら海水族館」に負けず劣らずの大きさ。北館と南館に分かれていて、北館では「ベルーガの調教」や「イルカのショー」など、屋外を中心とした展示と、それを水槽で見学できるような造りになっています。「ベルーガ」ってなかなか見られないけど、そこは「イルカ」の仲間ですから愛嬌たっぷり。「イルカのショー」も久しぶりに見たけど、やっぱり格好いいですね。そして南館は「鰯のトルネード」やら「ペンギンの大集団」をはじめ、深海魚や南海の魚など、水槽越しの展示が中心です。10時前に水族館に着いて、水族館を出たのは昼過ぎ。「美ら海水族館」にいた時間より長かったな〜(笑)。存分に水族館を楽しめました。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月22日

名物づくしで

20160513shimakaze今回の「お伊勢参り」は本当に伊勢神宮周辺だけで、鳥羽に行って水族館や真珠の養殖などを見物したわけでもないし、賢島方面まで行って風光明媚な英虞湾を眺めたわけでもありませんでした。朝10時過ぎに伊勢市について、宇治山田を16時過ぎに出発するスケジュールですから、色々とイベントを詰め込むことは出来ませんからね。で、どうして16時過ぎに伊勢を離れようかと思ったかというと、この時間に近鉄が新しく導入したプレミアムな特急「しまかぜ」が名古屋に向かうのです。「しまかぜ」は最近、鉄道ファンの間ではかなり名物になっている特急で、大阪、京都、名古屋からそれぞれ賢島に向かうのですが、いずれも一日に一便しか運行していません。なので、観光客には大人気で、大阪と賢島を結ぶ「しまかぜ」は指定券が即完売になるとか。我々は名古屋ですから偶然、空きがあってラッキーだったと。しかし本当に乗り心地良かった〜。こんな列車なら確かに長時間乗って楽しみたい気分になりますね。そして、名古屋に戻って、晩ご飯は「名古屋に来ればこれでしょう」ということで、「手羽先の唐揚げ」を食べに行きました。これまた名古屋の名物ですよね。手羽先というと、「世界の山ちゃん」が有名ですが、「世界の山ちゃん」は東京にも店があります。それに私の周囲の人は「山ちゃん」より「風来坊」の方が美味しいという声が圧倒的で、私も「風来坊」の方が美味しいと思うので、迷うこと無く「風来坊」に行きました。一人前5本入っていて、最初に2人前頼んだのですが、奥方が「もっと食べたい」というので更に一人前追加。私は4本、奥方が11本食べました(笑)。名物づくしの名古屋を楽しみました。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月21日

夫婦で・・・

20160513meoto外宮、内宮と参詣し終えて、奥方念願の「赤福」も本店でいただいて。それでもまだ1時過ぎでした。宇治山田駅16時22分発の帰りの電車にはまだまだ余裕があります。なので、他の観光地で行けるところに行ってみようという話になり、とりあえずタクシーで二見浦の「夫婦岩」に行くことにしました。内宮の前のタクシー乗り場でタクシーに乗り、「二見浦の夫婦岩へ」と言ったら、運転手さんが「帰りはどうされますか?」と訪ねるので「またタクシーを拾います」と答えたところ、「夫婦岩にはタクシーいないんですよ」とのこと。マジか。観光地なのに。行く道すがら、話し好きの運転手さんとお喋りしていたのですが、二見浦は夫婦岩くらいしか見るところがないし、年がら年中観光客が来るわけじゃないので、タクシーがいないのだとか。列車も一時間に一本程度しか走っていないということなので、我々が見物に行く間、ちょっと待ってもらって、その後、宇治山田の近くにある「伊勢河崎商人館」まで送ってもらうことにしました。そのタクシーの運転手さんが言うには、「小さい頃に来て以来という人は夫婦岩を見たら必ず言うんですよ、『あんなに小さかったっけ?』って。岩は変わってないよ。あなたが大きくなっただけ!」そりゃそうだ。で、実際に見に行ったら私も思いました。「こんな程度の大きさだっけ?」って(笑)。それより、かつては修学旅行のメッカで学生たちがうろついていた二見浦も、今では旅館も閉めちゃったところが相次いでいて、人がいなくなっちゃってるのが寂しかったな〜。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月20日

おかげ横町

20160513okage今回の「お伊勢参り」、奥方にとっては初めての参詣であると同時に、大好きな「赤福」の本店を訪ねるのが大きな目的の一つでした。「赤福」は大阪や京都、名古屋でも買えますが、やはり伊勢の本店で食べるのはちょっと違うというのです。最近のグルメブームでもそうですが、昔から「お伊勢参り」した後は参道周辺で美味しいものを食べて帰るのが一般的だったようです。そんな美味しい店は内宮から五十鈴川を挟んだ反対側、「おはらい町」と、その一角にある「おかげ横町」に集中しています。観光客の多くは最初からここがお目当てということなんでしょう(笑)。我々は外宮を離れたのが11時過ぎだったので、内宮をお詣りしてから昼ご飯を食べたのでは遅すぎると思って、内宮をお詣りする前に「おかげ横町」に行き、「伊勢うどん」を食べました。「伊勢うどん」は極太でコシのない柔らかい麺を「伊勢醤油」のタレに絡めていただくのですが、真っ黒いタレなのにちょっと甘めで不思議な味でした。その後、内宮を参詣しましたが、参詣後もまだ時間が早いし、お土産を物色したいということもあり、再び「おはらい町」に。奥方目的の「赤福」は古い家並みの真ん中辺り、「おかげ横丁」の一角にありました。次から次と観光客が作りたての「赤福」を買い求めて食べていきます。店の中では3人の女性が「赤福」を作る作業をお客さんに見せていました。でも、確かに駅などでお土産に買い求めている「赤福」よりは作りたてだからか、餅は軟らかく、こしあんも滑らかでした。まぁでも、次来る機会があれば、お腹を空かせて来た方がいいですね。朝ご飯のホテルのビュッフェを食べ過ぎたのが悔やまれた〜(笑)。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月19日

パワースポット

20160513jinguu伊勢神宮の社殿は「外宮」、「内宮」ともに20年に一度、建て替えられます。「式年遷宮」と言いますが、最近の「式年遷宮」は3年前でした。この年はその「式年遷宮」に加えて昨今の「パワースポット」ブームもあって、「お伊勢参り」が大変な人気になり、大勢の観光客でごった返しました。今回はそういうブームもやや収まってきたし、サミット前ということで敬遠する人も多いだろうと思っていたのですが、それでも結構大勢の観光客が来ていました。伊勢市駅から歩いて10分ほどのところにある「外宮」はそれほどでもなかったのですが、「外宮」からバスで10分ほど行ったところにある「内宮」はかなりの人出でした。もっとも平日ですから、土日ほどではないのでしょうが、「伊勢神宮」というか、「神宮」というのは正式にはこの「内宮」のことを指すし、最近は周辺の「おかげ横丁」などが人気になっているので、外宮に比べればかなり多くの観光客が来ていました。勿論、日本人だけでなく外国人が多いのも目立ちます。それにしても流石にサミット前、周辺の警備が相当厳しくなってきているのに加えて、2週間後に要人やシェルパたちの警護をしたり、当日警備をしたりするのでしょう、各都道府県の警察から下見に来ている警察官が何と多いことか。制服じゃなくネクタイこそしていないけど、黒いスーツ姿で団体行動をしている人たちがやたら目立ちます。手には「護」って書かれたバインダーを持ったり、書類ケースを持ったり。まさしく、違う意味での「パワースポット」と化していました。奥方曰く、「今、日本中で一番治安がいい所かもしれないね」(笑)。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)