2016年06月29日

実りの雨

IMG_3635ニュースを伝えるとき、あるいはニュース番組の中で「梅雨時はうっとうしい天気で雨が降ってイヤですね〜」というのは禁句です。というのも、個人的にはそうであっても、水不足にならないためにも雨は降ってもらわないと困るし、農家の方々にとっては雨が降らないと農作物が出来ないので大変なことになります。大多数の人は雨が嫌いかもしれないけど、雨が降らないと困る人々もいるんだということから、「雨はイヤですね〜」というのが禁句、という訳です。そんな雨を待ちわびている人々は我が家の近くにもいらっしゃいます。いつも歩いて荻窪駅に向かう途中、畑で「キウイ」を栽培している兼業農家があるのですが、甘く瑞々しい「キウイ」のためには雨が降ってくれないと困るわけです。日々、駅まで歩きながら「キウイ」が大きくなってくるのを見ていると、いつ頃になったら食べられるんだろうかとか、緑色の普通の「キウイ」なのか、黄色っぽい「ゴールデンキウイ」なのか、どっちかな〜なんて気をもんでしまいます(笑)。でも、普通「キウイ」というと冬の果物というイメージがあるのですが、この時期でも出来るんだな〜。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月28日

梅雨の晴れ間

20160617akazawa沖縄は早々に梅雨明けしましたが、関東地方はまだまだ梅雨まっ只中。うっとうしい日が続きますが、関東の水瓶である群馬や栃木辺りでは大して雨も降ってないんですよね。このままでいくと、梅雨明けと同時に東京は水不足になって取水制限にとどまらず、給水制限まで出ちゃうかも。それは困るよね〜。ただでさえ今年の夏は猛暑になるだろうって言われてるのにね。そんな梅雨の時期ではありますが、たまには晴れ間も広がって「あ〜海に行きたい!」と思うことも。先日、赤沢に行ったときは、まさしくそんな梅雨の晴れ間が広がった一日でした。サイパンの海でよく一緒に潜っていたAちゃんが初めて赤沢の海に潜るというので、ご一緒しました。相変わらずAちゃんはデカかった(笑)。海の中は水温も20℃を超えていて、5mmにフードベストで十分に温かい。南からのうねりがあったので砂が舞って透明度は少し落ちていましたが、それでも基本的に海はブルーで水も良いから「アオリイカ」の産卵や「マツカサウオ」「ミツイラメリウミウシ」「サカタザメ」などの写真も撮ることが出来ました。昼ご飯は特製「白米抜きお弁当」で、ごちそうさまでした!

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月27日

コリアンダー?いいえ、シラントロ。

20160615cilantro甥っ子に続いて夏休みで一時帰国していた姪っ子もアメリカに帰っていきました。彼女はペンシルベニア州の「ペンU」と呼ばれるアイビーリーグの大学に通っているのですが、日本にはほとんど住んでいないので、就職も結婚もきっとアメリカですることになるのでしょう。どこでどんな生活をするのかはわかりませんが、元気で楽しく過ごしてさえくれれば、おじさんとしてはOKですけどね。でもアメリカは最近、銃を巡る事件が多いから心配もありますね。で、そんな彼女は食生活もアメリカナイズされたのか、「刺身」とかの生魚はあまり好きではありません。その代わりに「ハム」であったり、「チーズ」であったり、さらには「香草類」は大好きだというのです。兄である甥っ子と正反対(笑)。それじゃアメリカに戻る前に「肉」や「香草類」を食べに行こうと、代々木上原の「シラントロ」に行きました。「シラントロ」は「パクチー」のスペイン語です。英語では「コリアンダー」ってことですね。最近は「パクチー」がブームになっているので、「シラントロ」もほぼ満席の人気ぶりでしたが、「シラントロサラダ」に「パクチーたっぷりの鯛のパエリア」など、姪っ子が大好きな料理をこれでもか、という程食べました。私も「パクチー」は大好きだから、ちょっと食べ過ぎたかな。でも、またこんな料理を食べたかったら、日本に帰っておいでね〜。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月26日

宝石箱

IMG_3632中学生時代の同級生の女の子(同級生なんだから「子」じゃなくてオバサンですけどね)が山形の新庄市に住んでいるのですが、彼女が山形名産の「さくらんぼ」を送ってくれました。一粒一粒がキラキラして、まるで宝石箱みたいでしょ。薬剤師をしていて、薬局に嫁いだので別に「さくらんぼ」の農家ということではないのですが、毎年この時期になると送ってくれるので非常に感謝しています。だって美味しいんだもん。「佐藤錦」が有名な「さくらんぼ」ですが、真っ赤に熟してから採ったものであれば「佐藤錦」ではなくても十二分に美味しいんですよね。「佐藤錦」でも酸っぱいものがありますから、地元の人が選んでくれるものが一番だと思います。「さくらんぼ」で思い出すのは、缶詰の「さくらんぼ」。昔は生のものなんて高価でなかなか食べられなかったけど、時々缶詰のものは食べてました。喫茶店で「レモンスカッシュ」や「クリームソーダ」なんかにも入っていたけど、使い回してあるのか甘みが抜けた味のしない缶詰の「さくらんぼ」だったような気がします。あの頃は生より缶詰の方が甘くて美味しいと思い込んでいたんだから、笑っちゃいますが、前日に「きょう送るね〜」とメールをもらった翌日に、山形の美味しい「さくらんぼ」が採れたての状態でいただけるんだから、いい時代になりましたね〜。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月25日

笑顔と涙のフィナーレ

20160613vietnam_final好天に恵まれて大勢のお客さんで賑わった今年の「ベトナムフェスティバル」、フィナーレは毎年恒例の「Happy to see you!」の大コーラスです。ベトナムと日本のアーティストが共演する「Love Vietnam Show」の途中で客席にも「Happy to see you!」の日本語とベトナム語の歌詞が書かれたカードが配られるのですが、その歌詞カードの裏側が赤字に黄色い星マークの「ベトナム国旗」になっていて、観客はそれをステージに向かって振ったりして盛り上がります。代々木公園の屋外ステージは終演時刻が8時と決められていて、1分でも過ぎると電気が落とされてしまいます。フィナーレではコーラスの他にベトナム大使の挨拶や日本側実行委員の挨拶などもあるので、司会進行としては残り時間を気にしながらヒヤヒヤものです。でも、舞台の上も客席も一体になって盛り上がるこの大コーラスは本当に感動ものです。「ベトナムフェスティバル」の宣伝部員をやっているボランティアの女の子の中には感極まって泣き出す子もいて、毎年のことながら「この瞬間のためにやってるようなものだな〜」と思います。今年は「ノンラー」と呼ばれる笠をかぶってみんなで合唱しました。2日間のイベントを終えた打ち上げはベトナム側も日本側もアーティスト入り乱れて飲みまくりました。疲れたけど、気持ちいい疲れの2日間でした。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月24日

パワフル!

20160613vietnam_stage「ベトナムフェスティバル」のステージは毎回毎回とにかくみんなパワフルです。ベトナム人アーティストは日本人の我々にはあまり馴染みはありませんが、ベトナム人にとってみれば雲の上の存在。母国にいる時でさえテレビでしかなかなかお目にかかれないのに、異国の日本でそんな憧れのスターのステージを直に観ることが出来るんですから、みんな代々木公園に集まりますよね。ベトナム人アーティストや日本人アーティストが出演するのは「Love Vietnam Show」という2時間弱のコーナーなのですが、それが始まる数十分前にはステージの前はほぼ7〜8割がベトナム人で占められているという状況です。でも、そのベトナム人の人たちは日本人アーティストに対してもノリノリで応援するから、日本人アーティストにしてもよりパワフルに演奏&唄おうというもの。代々木公園の屋外ステージは音量制限が85デシベルなのですが、みんな乗ってくるとついついオーバーしがちなんですよね〜。その気持ちはよくわかりますけど(笑)。去年は酔っ払ってステージに上がろうとしたベトナム人がいたりして困り者もいたけど、今年はみんなノリノリだけど、きちんとルールを守っていい観客ばかりでした。Xin cam on!

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月23日

豪華共演

20160613vietnam_artist今年の「ベトナムフェスティバル」は2日間とも好天に恵まれ、本当に大勢のお客さんが来てくれました。ベトナム料理って、美味しいし最近は「パクチー」が大流行しているから、お客さんも「パクチー」がたんまり入った料理を期待して来るんですよね。かくいう私も「パクチーたんまり入れて〜!」とお願いしてしまうんですけど(笑)。そして2日目のステージはベトナム人アーティストだけじゃなく、日本人アーティストも豪華でした。コントラバス子KEIと肉野バンバンジーのデュオ、「エターナルジャーニー」や時東ぁみちゃん、千葉のご当地アイドル「コズミッククラブ」にサンプラザ中野くんとパッパラー河合さんコンビ、中西圭三くん。みんな毎年おなじみのメンバーですが、今年は「ベトナムフェスティバル」ならではの企画もありました。サンプラザ中野くんが圭三くんの「Choo Choo Train」を唄い、圭三くんが中野くんの「Runner」を唄うという贅沢企画。どちらも歌唱力には定評があるアーティストですから、期待も高まります。いつものようにステージの袖で出番前に一緒に写真を撮りました。こういう企画が楽しめるから、「ベトナムフェスティバル」の仕事はやめられないんですよね〜。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月22日

晴れ男面目躍如

20160612vietnumもう10日前になりますが、先々週の週末は恒例の「ベトナムフェスティバル」が代々木公園のイベント広場で開催されました。その週の週初めの天気予報では週末の予報に「傘マーク」がついていたので、「もしかしたら雨かも・・・」という不安もありましたが、そこは今まで雨を降らせたことがない晴れ男、「間違いなく晴れる!」と何の根拠も無く宣言していました。でも、それが当たるんですよね〜。今回も土曜日、日曜日どちらもドピーカンで暑い暑い。ベトナム料理の「揚げ春巻き」や「鶏の串焼き」を食べながら、「333(バーバーバー)ビール」を飲むのに最高の陽気に恵まれました。初日は日本の著名アーティストは出演しませんが、ステージの進行は今や大人っぽくなった「フォンチー」と一緒で、もう細かな打ち合わせなど必要なし。「ベトナムフェスティバル」は今年で9年目になりますが、一昨年は開催直前に「デング熱」騒動が代々木公園であったために急遽中止になってしまい、去年から6月に時期を移しての開催になりました。梅雨時の開催なのに、2日間とも晴れさせるというのは、相当なものでしょ(笑)。初日の打ち上げはベトナムのアーチストと辛い鍋を食べに行きましたが、みんな大喜びでした。日曜日も頑張ろう!って。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月21日

決起集会

20160610ijTBSラジオは今年の春から番組編成が大きく変わりました。「大沢悠里のゆうゆうワイド」という30年番組が終了し、「伊集院光とラジオと」「ジェーンスー生活は踊る」という2つの新番組がスタートしました。私は「伊集院〜」の番組では午前9時台の「伊集院光とニュースと」というコーナーでニュース解説をして、エンディング前には定時ニュースを伝える役目。そして「ジェーンスー〜」では昼過ぎにお昼のニュースを伝えるという仕事があります。今までは11時前の定時ニュースがその日のオンエア最初だったので、9時台の仕事は新しく始まったものです。このコーナーの打ち合わせは午前7時から、ということで出社時間がこれまでよりかなり早くなることになります。もっとも私は今までも7時頃には出社していたので、それほど苦労はないんですけどね。そして先日、この「伊集院〜」の番組のスタッフが一堂に会して鋭気を養おうという飲み会がありました。出演者は来ないでスタッフだけの会合ですが、私は出演者でもありスタッフでもあるという立場なのかな(笑)。そしてその前日にはキャスターのニュース研修を終えてから久しぶりに「麦屋」で一杯でした。「水茄子」は今シーズン初物でしたが、美味しかった〜。美味しいものはいつ食べてもいいものです。

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月20日

梅雨ですね〜

IMG_3507関東甲信地方が梅雨入りして2週間余り、今年は降るときは降るけど、梅雨の合間の晴れの日が多く、関東地方では水瓶の水不足が心配されています。この時期にしては過去最低の水位になっているとか。先週の初めも東京では土砂降りだったのに、北関東ではそれほどでもないという状況がありました。このまま梅雨明けでもしてしまえば、本格的な真夏には取水制限だけでなく給水制限も出てくるんじゃないかと心配です。出来れば東京では晴れていいから、北関東の水瓶近辺でもっと降ってくれないかな。東京で大雨になると、朝早く出かけるときはリュックを前に抱えながら、傘をささなければならないので、大変なんですよね。でも、雨上がりの蒸し蒸しした空気の中を歩いていると、こんな大きな「マイマイ」に会えたりするから、それはそれで楽しいんですけどね(笑)。今年は台風が出来るのも遅いし、梅雨明け後は記録的な猛暑になるんじゃないかと言われています。そんな状態の中で水不足はきついからな〜。本当に降るべきところに降って欲しいです!

hisatodo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)