2017年04月11日

47.「君が代」考

日本の国歌「君が代」を、右翼の代名詞のように批難するムキもあるが、私には<世界には珍しい恋の歌だよ>と、擁護したい気持ちがあった。
だからいつか「君が代」について書きたい、と思っていた。

だが私は勘違いをしていた。
40年の長きに渡って、誤った知識を信じ込んでいた。
というのは、最初に書いたように、「君が代」を恋の歌だとばかり思い込んでいたのである。

「君が代」の元歌は、「古今和歌集」の詠み人知らずの和歌から来ている。

わが君は 千代に八千代に さざれ石の巌となりて 苔のむすまで

の「わが君」が、明治期に国歌を制定する際、「君が代」に置き換わった。
「わが君」も「君が代」も、天皇の世の弥栄(いやさか)を願うものだから、意味は同じだ。
でも元歌の「わが君」を恋人とする解釈もあり、愛する人の永遠を願った歌ともいえる。
そこから派生して、私は「我が恋は 千代に八千代に」と習った記憶があるのだ。

今となっては、大学の教授が「我が恋は」と教えたのか、私が勝手に思い込んだのか、定かではない。
でも私は40年間の長きに渡り、「君が代」の元歌を
わが恋は 千代に八千代に さざれ石の巌となりて 苔のむすまで
と、永遠に続く恋の歌とばかりに思い込んでいたのである。

この文章を書くために、念の為にと検索して、初めて間違いに気付かされた。
そういう面から言えば、世の中は便利になった。非常に便利になった。
でも「君が代」を恋の歌と勘違いしたまま、墓場まで行った方が幸せだったかも知れない、と一瞬寂しくも思うのである。


という訳で、「君が代」は皇室を護持するためだけの、決して味気ない歌ではなく、<日本文化の粋の詰まった、軽やかな歌なのですよ>と、声を小にして言いたいのであります。


hisay at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイから日本にモノ申す 

123.彼女を落とす2ヵ年計画、敢えなく頓挫。

ゴングが鳴った途端、ノックアウトされたような気持ちだ。
前回ぶち上げた、スナックねーちゃん21歳を落とす計画が、2回目のデートにして脆くも崩れ去った。

「カラオケねーちゃんは可愛い顔をしていても、皆な子供がいるよねぇ~。LINEを見ると赤ちゃんの写真をアップしてるもんねぇ~」なんて話をしていたら、「私もいるよ!」とき来やがった。
堅いと思うから手も握らなかったし、ましてや触るなんてこともしてなかったのに、3歳の子供(女の子)がいるなんて(写真を見せられても、可愛くもなんともないぜぇ~)。
そんなことなら、もっと触っておくんだったのに~(涙)。

そんなことはさておき、私はこれからどうしたら良いのか?
2ヵ年計画までぶち上げたのに、これじゃ振り上げた拳の遣りどころに困ってしまう。
子供がいるならいると、会った最初に宣言してくれよなぁ~(聞いていない私も悪いけど)。
そんな女なら(あらま、急に貶めて)、力む必要もなかったのに~。

処女とは言わないけど、それに近いと思ったから、俺は2ヵ年計画まで立てたんだぜぇ(自分の勝手だけど)。
身持ちの堅いおねーちゃんを、じっくり落とすのも男の甲斐性だと、自慢までしたんだぜぇ~。
俺の立場をどうしてくれるんだよぉ~(自業自得じゃねぇか)。
これじゃ恥ずかしくて、街も歩けんぜ。

と、そんなこともさておき。
私はこれからどうしたら良いのか(to be or not to be?)
ただのスケベ心が、哲学的命題にまで発展してしまったじゃねぇかよぉ。

ここで潔く引くべきか(無駄なおカネを遣ってしまいました)。
それとも、前に突き進むべきか(おねーちゃんの可愛さに変わりはねぇし)。
愚かな思案ではあるけれど、まだ結論が出ないのよねぇ~。
タイに生きる男としては、避けては通れん道だけど、ホンマこいつらの早期出産には困るよねぇ~(何のこっちゃ)。

今回はやたらと「~」表記が多いけど、結論としては、カラオケねーちゃんに会った時、最初に「子供はいるの?」「旦那はいるの?」「俺に遣らせてくれる気はあるの?」と確認しておくべきだよネ。
そういう前提があれば、あとは個人の勝手だし。無駄なカネを遣うことも、少なくなるだろうしネ。


うーん、生きるべきか死ぬべきか?
リア王ならぬ(文学部出身だけど、シェークスピアは読んだことがないから、この辺はあやふや)リア充(分かる?)の悩みなのであった。おしまい。



hisay at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイでのお遊び 

2017年04月10日

13.これにて一件落着。「永住ビザ」証が発給されました。

手数料の払い込みから3~4日後、再度入国管理事務所を訪れ、永住ビザ証の発給を受けた。
正式には「Certificate of Residence」という、25Pぐらいの紺色のパスポートぐらいの大きさのもの。
これで「永住ビザ」手続きは全て終了と思ったのだが、そうではなかった。

今度は7日以内に、住んでいる地域の所轄警察署を訪れ、警察の承認を受けなければならない。
この警察の手続きが面倒だ。
私が住んでいるノンタブリーでは、永住の外国人なんかそうは居ないから、警察も事務手続きに慣れていない。
古い資料と首っ引きで、書類を作って行き、5年分の代金1,200Bを払って、今度は茶色いパスポートより一回り大きい冊子をくれた。

この2冊の許可証は5年有効だから、あとは5年ごとに更新していけばいいらしい。
これで正真正銘、ホントの終わりだ。
晴れて「永住ビザ」保持者となった。

あとはまあ、タイ国外に出る時の対応だが、再入国ビザ(リエントリー)を取ればいい。
だがこのリエントリー代がちょっと高い。
パスポートに記載する手続きだか何だかが1,900B。プラスしてシングル1,900Bの計3,800B。
マルチだと1,900B+3,800Bになるという。
タイという国は何かしら理由をつけて、外国人から毟ろうとする。いい加減にせぇよ、お前ら。

ちなみに「永住ビザ」を持っていても、労働許可証は必要になる。
会社勤めをしている人が、大枚をはたいて永住ビザを取らないのがこのせいだが、私のようにいつお払い箱になるか知れないロートルは、「永住ビザ」があればいつ職を失っても安心という道理である。

長きに渡る「永住ビザ」取得の顛末、「これにて一件らぁ~くちゃく、でござる」。



hisay at 18:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)タイの「永住ビザ」を取る 

2017年04月05日

12.「永住ビザ」手続き終了、費用も払い込み完了。

入管から電話があり、「永住ビザ」の承認が下りたので、出頭しろという。
パスポート、ワークパーミット、タビヤンバーン、結婚証明書、写真12枚とおカネを持って、ソンクラーン前までに来いとのことだ。

4月4日これらの書類を携えて、奥さん同行で入管を訪問。
簡単な確認事項があり、永住ビザ用の手帳に指紋などを押し、写真を撮られ、料金95,702Bなりを払って、全て完了となった。

後は2-3日後に郵便で連絡通知が来るのを待ち、その書類を持って所轄の警察署を訪れ、最終確認をすると、「永住ビザ」が交付されるようだ。
これで全て終了。
晴れてタイ永住者となる。

ただ今後国外出国したりする時の為に、リエントリーとパスポートの何とかの各1,900B、計3,800Bを払わなけりゃならないらしい。
これで全て完了ということになる。

前回も書いたが、ここまで約1年半。
きっと歴代最短の(賄賂を払えばもう少し早まった筈だが、発行を早めるお誘いは拒否したので)交付になったはずだ。
まずはめでたし、めでたし。



hisay at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイの「永住ビザ」を取る 

2017年03月31日

122.彼女を落とす2ヵ年計画

私は女の子とご飯を食べるのが好きだ。
カラオケで気に入った子を見つけても、即連れ出したりせず、後日店外デートをする。
この時一緒にご飯を食べて、ホテルに行ったり、同伴したりする。
関係が続くか続かないかは、その子との相性次第だ。

もちろんご飯を食べたまま、次の関係へと進めないケースも有る。
女の子がホテルに行くのを拒否する場合だ。
当然これは織り込み済みで、初めから連れ出し不可の子や、そういう関係を求めない子も居るからネ。
こうした難攻不落?の女の子を、長い時間かけて落として行くのが面白い。

まるで爺いの熟柿作戦だが、日本男児の理想系<光源氏>が、6歳(だったか?)の葵の上を見初めて、長い年月を掛けて究極の美少女へと育て上げたのは有名な話だ。
こんな長期間に渡る愛人養成作戦とはいかずとも、オネーチャンを落とす手段としては似てなくもない(ちっとも似てねぇョ。お前のはただのスケベ心じゃねぇか)。

それはさておき、私は今、一人の女の子を落とす作戦を考えている。
とは言え、何がなんでもという、必死なものでもない。
落ちれば結構。落ちなくても、それはそれで良し。
軽~るいノリの大人のお遊びだ。

そのお相手が、スナック勤務Nちゃん21歳(もちろん連れ出し不可だ)。
彼女とは彼女の友だちの紹介で逢って、一緒に2回ご飯を食べた。その後2~3回お店に行ったかな。
そして昨日初めて、二人だけでご飯を食べた。
さあここから。いよいよ数年間に及ぶ、試合の開始だ。

とここで、ゲーム開始の前に<私が何故、女の子とご飯をたべたがるのか?> 説明しておこう。
店に居る時の女の子は、仕事である。外で逢っても仕事の延長だが、二人きりでご飯を食べると、相手との間合いが分かる。
タイ語(会話)が十分通じなくても、間が持つ子、退屈しない子、リラックスできる子となら、長続きするお遊びができるのだ。

そういう段階を踏んだ、風味のあるお付き合いがしたいから、私はまずご飯を食べる。
それに最近は、一見さんのオネーチャンとする、一度きりのお遊びが嫌になって来たし。
はじめの時間帯のちょっとした白々しさ、お互いの緊張感があまり好きじゃないのよネ(これが好ましいという人も居るだろうけど)。
だから馴染みになってからこそ、そういうお付き合いがしたい。

話が随分遠回りになったが、今の私のターゲットはNちゃんである。
でもなかなか手強そうだ。
2年ぐらいで何とかと踏んでいるが、はなから無理かも知れない。
でも成否を問わぬその段階を、いささかでも楽しみたいというのが、私の目論見でもある。
爺いになったことの余裕、功徳とでも申しましょうか。

結果より過程が大事。
やることより、やらないことの方が楽しい。
光源氏には遠く及ばないけど、或ること無いこと妄想しながら、Nちゃんを落とす計画を練っている(そんな大層なもんでもないが)。
2ヵ年計画の2ヵ年はどっから来たかって? そんなもん、根拠はねえよ。ただの語呂合わせだよ。



hisay at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイでのお遊び 

2017年03月30日

46.民進党・野党議員のレベルは、猿にも劣るぞ。

民進党を始めとした野党議員のレベルは、猿どころかミジンコにも劣る。
こんな奴らに無駄な税金を使うぐらいなら、野猿公園の温泉設備をもっと良くして、日本猿たちに快適な温泉ライフを送ってもらいたい。
彼らなら外国人観光客を呼べるし、外貨獲得にもなるからネ。
ホンマ民進党議員にカネを使うより、猿に与えた方がナンボかマシだ。

猿以下の情報発信力しかなく、コンテンツを全く持たない野党議員は、安倍内閣の退陣を求める前に、まず自らが議員を辞めた方がいい。
それこそ日本国のために害にこそなれ、何の役にも立っていないからネ。
ホント彼らに自浄能力があれば、とっくの昔に辞めているんだろうけど。

と私が怒っているのは他でもない。言わずと知れた森友問題だ。
だいたいこんなものは、大阪の地方議会で取り上げる問題であって、国会で延々とやるようなモンじゃねえ。
疑惑があるならともかく、カネも権力も動いてないのに、忖度ごときで政局に持って行こうなんて、あまりに酷すぎる。

それに野党議員の質問。
週刊誌の受け売りで、何ら新事実を掘り下げていない。
籠池証言を基に、寄付があったかどうかを攻め立てるが、何故この人の証言を鵜呑みにするんだろう?
天皇陛下が学校に行幸したの、安倍総理が訪れたのと、平気の平左で嘘をつく輩である。
国体護持などと言いながら、もっとも利用してはならない皇室さえ、平気で嘘の片棒に担ぐ輩である。

こんな奴が何を言おうと、信じられる訳がない。
千のうち3つしか本当のことを言わない籠池証言を、まずは精査すべきだろう。
そこで客観的・具体的な証拠が出て来てはじめて、疑惑の追及となる。
その順序がまったくなっていない。

野党が馬鹿なのは、こんな嘘つきの籠池証言に、すべて準拠しているからである(彼の証言が崩れれば、今度は逆に自らに跳ね返って来るというのに)。
まるで中国や韓国の国民が、政府やマスコミは信じられないと言いながら、それが作り出すプロパガンダに乗っかり、慰安婦20万人だの南京大虐殺40万人だのと騒いでいるのと同じ構図だ(馬鹿は操りやすい)。
政府やマスコミを疑いながら、どうしてこんな事案だけは信じ込むのか、本当に訳が解からん(それが朝鮮人・中国人であり、民進党たる馬鹿の所以だが)。

籠池証言もまさしくそうである。
嘘のオンパレードなのに、何故100万円の寄付金だけは信じるのか?
何の犯罪にもならないことのに。
安倍内閣を倒したい一心で、闇雲に突き進んでいるのだろうが、安倍総理が辞めたとしても、民進党に政権が廻って来ることは、100%有り得ない。

この問題が起きても、安倍内閣の支持率は50%台で横ばいだが、民進党のそれはずっと一桁で低空飛行したままだ。
それは民進党の議員が、<国民が何を求めているのか>を全く解からないからである。
というより、ハナから感じ取る能力がない。
というより、人間としてのレベルが低過ぎる。
というより、国会議員としてはあるまじき低脳である。

せめて国会で質問するのなら、週刊誌ネタでなく、深く掘り下げた(証拠のある)事実をもって、政府を質してもらいたい。
独自の調査能力を駆使して(昔の野党はそれが出来ていた)、政府与党に対峙してもらいたい。
国民は猿以下のパフォーマンスを見たいんじゃなく、本来の野党としてのあるべき姿、レベルの高い国会論戦を求めているんだからネ。

とこんなことを言っても、馬の耳に念仏。
民進党に犬の遠吠え。
馬鹿に何を言っても解からんのよねぇ~。
ホントこんな奴らに歳費を払うぐらいなら、小笠原のアホウドリ保護に費やした方が、ナンボかましか。
アホウドリの方が、馬鹿な民進党より数倍、世の為人の為にになるんだよねぇ~。


hisay at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイから日本にモノ申す 

2017年03月29日

31.久保大活躍。大迫・久保の下克上で、世代交代完了。

ワールドカップ最終予選、UAEとタイに連勝して、ロシアへの道筋が見えて来た(ほのかに)。
但しサウジアラビア・オーストラリアとの3強による争いに絞られただけだから、当初から何ら変わらない。
この三者の中で、直接対決に敗れたところが脱落していくという構図だ。

さてUAE戦とタイ戦を振り返ってみよう。
UAE戦は日本は引き気味に守って、1トップ大迫にボールを集め、右サイドの久保が展開して真ん中へ折り返すという戦略。
大迫のポストプレーも素晴らしかったが、久保の先取点(代表初ゴール)、2点目アシストのクロスが出色だった。

大迫・久保はドイツ・ベルギーの好調をそのまま持続しており、所属チームでゲームに出続けることの大切さを、改めて証明した。
先発落ちした岡崎・本田に肩を並べたというより、一歩先んじた潜在能力の高さを示したのである。

続くタイ戦は、4-0と勝つには勝ったが、フラストレーションが溜まる試合だった。
久保のクロスによるアシスト1点目は、香川。2点目は岡崎で、まるで久保によるロートル再生工場のようだった。
前半20分で2-0。楽勝ペースに見えたが、ここから日本の守備がおかしくなった。

自陣での短いパス廻し、緩いボール。格下相手にセカンドボールを悉く奪われ、攻め込まれる展開が続いた。
自縄自縛のミスも多く、日本はまるで何かを怖れ、浮き足立っているように見えた。
勝たなければというプレッシャーが、2点先制したことでぶり返したのだろうか?

森重が調子悪かったし、ボランチに入った酒井豪徳、右サイドの酒井宏樹のプレー遅いから(1タッチプレーが出来ないし、後ろを向き過ぎる)、どうしても真ん中にボールが集まってしまう。
2点とも右の久保の仕掛けで取っているんだから、サイドに大きく展開すればいいものを、真ん中にボールを集め過ぎる日本の悪い癖が出た。

後半早々、またまた久保のミドル弾で3点目を上げたからいいようなものの、この追加点がなかったら、どうなっていたか判らない。
自分自身で恐慌を来たし、慌てふためいて、タイに追い上げられていたに違いない。

チームを落ち着かせたのは、最年少・代表歴の一番短い久保で、文句なしにこの日のMVP。
久保はこの2試合で、日本代表のエースの座を掴み取り、本田に厳然たる引導を渡したのであった。
まだ代表2得点の久保が、代表の顔・大功労者・本田圭祐を追い落とすのは早過ぎると思われるかも知れない。だが今や実力は完全に逆転しており、いた仕方ないのである。

代表50点目を記録した岡崎についても、大迫のようなゲームを組み立てる動きは見られず、今後の代表の布陣は、原口・大迫・久保という3トップに確定した。
あとはトップ下に香川をもってくるか、清武を使うかだが、私としては清武を押したい。
ボランチは山口で問題ないとして、長谷部なきあとは遠藤航に早く成長してもらいたい。

タイ戦に戻ると、4点は取ったが、もっともっと取れる試合だった。
特に途中出場の宇佐美は、ここで点を取らないと価値がない。1拍おかなくてもシュートが打てるよう、フィジカル面をもっともっと鍛えて欲しい(心のフィジカルも)。
宇佐美が左サイドに定着できれば、原口をボランチに使うというオプションもある。代表の守備・攻撃力は、さらにUPするのだ。

世代交代の兆しがあった、真近の3戦を見て来た結論は、岡崎・香川・本田(長友も)は、控え要員となってしまった、ということだ。
大迫・久保・原口の台頭で、下克上が完全に履行されたのである。

この日もGK川島の働きが大きかった。
特にPKを止めたのは大殊勲で、4-0ならぬ4-1のスコアなら、サウジを抜いて首位に浮上することはできなかったかも知れない。


hisay at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)W杯2018 ロシアにも行くぞ!