徒然なるままに

日々のくらし、旅やお花、読書で心に 残り、書いておきたいな、と思ったことを 綴ります。

大きな鉢に植え込んで大事に育てている
「イベリス」がゆっくりと開いてきて
今、真っ盛りという咲きよう。

この子たちを、残しておきたくて
ブログに入れました。

IMG_7795




IMG_7802



IMG_7801

アップに耐えられる美しさ
この子たちが大好きなのです。


一人では重くて運べないような鉢になっちゃいました。

冬の寒さにも強いので、地植えに
しようか迷いましたが、日当たりの加減や、
移動ができないので、やはり、大きな鉢で
ガマンしてもらいます。

一つひとつ可愛いお花が群生して
見事です。
毎朝、起き抜けに外をのぞいて、真っ白な
花に出会うと、にんまり、ほっくり、今日も
嬉しい一日になりそうな予感。

ビオラは昨秋、適当に植え込みました。

これも軒先で冬越しして、
ゆるり〜と大きく育ちました。

毎年春の定番のお花です。

IMG_7796

アリッサムと合わせて

IMG_7797 (2)

IMG_7798

この淡いバイオレットが、大好きなのです。

IMG_7799 (2)


庭の中のチューリップ。
淡い赤の子たちだけ咲いています。

他の子たちど〜した?とつぼみのぞいたら
「まだ準備中」の看板かかっていました〜
うたたねしてるようです。

ごめんなさい、慌てた?

IMG_7800 (2)





✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


これ、オタマと、フライパン返し、
スプーン、です。

セラミックのですが模様が
可愛いので、店先でついつい
買っちゃいました。

オタマは、深くてちょっとつかいづらいので
「ぶらさげてある」だけ、という
タメイキもんです。

2

まぁ・・・・・その、あれですよ

キッチンが可愛く
明るくなって

よかったじゃん、
ねぇ。

15日、金曜日の朝です、
おはようございます。

3月11日に、先回のブログを
更新して、4日間。

当てないで、なんて書いたので
どなたも、クイズのお答えに言及して
くださらなくて、あれれ?ですが(笑)

まぁ、わからなかったのかも
知れないですね、といい方へ
解釈して、と。

スーパーのテナント雑貨店のレジに、
並んでいたちょっと大きめの口紅型の「ブツ」

3


実は! 

これだったのです。


7

先っぽを、クィとひねって取り出すと

ハサミになります。

切れ味は?

そこです!
開けにくいお菓子の袋や、切り取り線で切らねばならない
ものなどがシュパ!と小気味よく、切れます。

モッパラ、「これ何だと思う?」とバッグから引っ張り出して
ツミのない会話にはさんで、「へ〜え」と驚かせます。

もう40人くらいにお見せしたのですが
当たった人・・・・・・皆無(笑)です。

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


ちなみに。

私、手元によく切れる「ハサミ」がないと
アカン人。

パソコン横に一個、キチンにはあちこちに、
キチンバサミが、4,5個。

ベッド上、鏡台そば、電話のそば、
文具を入れてあるマグカップにも1,2個。

もちろん、車の中にも数個
(失うことあるので)

お花用のは、剪定ばさみも含めたら
7,8個。

・・・・・・というわけで
「要らぬ情報」テンコモリで

クイズのお答は、
ハサミ、でした〜。

再度のご訪問、ありがとうございました。

ランタナ拝

ほぼ、一ヶ月もの間、
ブログをホッチッチでした。

こんなことはブログ始めて14年、
なかったことです。

ネタがないのと、気持ちがどっかへ
ご旅行中でした

今日も、午後までオヒマですので
寄せ集めの画像、つまりラインで送って
くれたの、とか自分で撮ったのとかで、
切り抜けようという魂胆

昨日、今日と雨続き。
久しぶりに「TSUTAYA」へ行ったら
お目当ての「終わった人」は数が少ない上に
全部貸し出し中とて

「検察側の証人」も数はメチャ多いのに
すべて、DVDは空っぽ状態。
(日本アカデミー賞の受賞をテレビで見て
じゃあ、DVDくらいは見てもいいかな、と)

しようがないので
「男と女 モントーク岬」とか
「ミッションインポッシブル フォールアウト」
「リグレッション」など4枚を借りました。

昨日も雨。
数日多忙だったので休養日、DVDを見ていたら
「スワリッパ」で腰痛が勃発しそう

ウォーキングにもマレットにも行けない。

こういう時は傘さしてでも出かける
べきなんだろうか? 
イヤ、足元そぼ濡れて歩くなんて
いやだし、ミジメだし〜。

いずれ、やろうと思っていた「喫緊ではない
買い物」をしたり、棚の上に置いたままの
ブツを片付けたりも、してみたり

さて!

1














友人がかなり前に隣町の「奥殿陣屋」で
撮った一枚。菜の花と空、心す〜っとさせてくれたくらい
気持ちいいので、事後承諾で、転載させていただきました。

2

紅白の梅もまだ、素敵。


4






市内の円楽寺の黒松だそうで。
根っこがすごいです〜。
ってそのお寺、どこにあるか、
不明のランタナ(笑)

くだんの友人、ちと、思うところあって
近頃は、お連れ合いさまと一日10キロ
くらい歩き回っているそう。

コンビニのない畑や田んぼの中を歩いていて
トイレに困った、なんぞと「ヒミツ話」まで。

これは先日、仲間たちとウォーキングに
出かけた後、スタジアムのレストランで
ランチ。窓から見える豊田大橋を
パチリ。


67


はい、ラインで送りましたよ
あちこちの友人へ



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼



題の「これ、な〜んだ?」の
クイズです〜!

これ何でしょう?

雑貨屋さんで見つけたので
口紅ではありませぬ。

大きさは、手のひらに乗る程度の軽いもの
私はいつもバッグに入れております。



3


答えは、数日後に


どうぞ、「コメント」で投票して
遊んでくださいませね


ちなみに、人に見せても
当たったことありませぬ
(よって、もしもわかった方がいらしても
当てぬ方が、ランタナを喜ばせるという(笑)

ナンジャ、それは?




やっとこさの更新です・・・・と書いて
フト思いました。

私の住む、愛知の三河地方では
「やっと会ったね、長いこと会わなかった」という
意味を、面白い方言でいい表します。

「ヤットカメだね〜」

最初聞いた時、意味はわかったけど
ちょっと、違和感ありました。
その地方、地域でしか使わない方言は
お年寄りが当たり前に使って、やがて
マスメディアの標準語に慣れきった
若いモンには、ほとんど引き継がれずに
消えていく運命にあるようです。

私自身はつかったことありませんでしたが
今日は、ブログの題に使いましょ。(笑)

「ヤットカメの更新です〜」

写真がお好きな友だちから
「ウバタマムシ」の画像が送られてきました。

メールの説明は下記「 」内
「ヒノキの皮の間に成虫越冬している
『ウバタマムシ』を見つけ「パチリ」しましたので
見て下さい。3週間、微動もしません。固まって
います。この仲間は日本に240種ほどいるそうです。
寒いのに頑張っていますね」

検索したのが下記

タマムシ科の甲虫の1種。体長35mm内外,
にぶい真鍮(しんちゅう)色。幼虫は枯れた松材を
食べ,成虫になるのに3年以上を要する。
成虫は夏に多いが,一部は越冬する。
本州以南,朝鮮,中国,台湾などに分布。

ウバタマムシ2

な〜んと、何と!!
成虫になるのに3年以上を要する、と。
(セミたちはもっと長いけど)

気の長いムシ君ですなぁ。

それを調べて撮って送ってくださったという
友人に深〜く感謝の意を呈しまする。

ウバタマムシ3

この、ウバタマムシ君は、3年を、何も必死で耐えているのでは
なくて、それが遺伝子に組み込まれたものであって、当たり前の
今の状態で、あって、生きていくすべてなのでしょう。

ほんの一時もなかなかじっとしていられない
人間の性(さが)
すぐ飽きてしまう性
性懲りもない性
諦められないという性
気変わりしてしまう性
欲深い性
好き嫌いの激しい性


そんな「さが」を飼い慣らしながら
もう少しだけ元気にやっていけたら、と
思っています。

はい、それ、ランタナの「さが」なのです。



ブログネタに困る。

神頼みしたい、そういう人と
画像があるというありがたさ。

「よかったらお使いください」と快く
許可を得た例の友人からの野草を
いくつか。

以前、何故か
「サルノコシカケ」がこのブログに
アップできず、と書いた。

もっと小さくしたら
入った!

いわゆる、がんに効くとかいう
貴重なアレね。

「うまくいかなかったのですよ」と
言うと、では、と再度トライに
出かけてくださった友にも
頭が下がるが、
誰かに取られたかして
「コシカケ」が跡形も無くなっていたそうで。

sarunokosikake

背景はもっと、いいのですが
諦めてくださいませ。

シナマンサク

「シナノマンサク」だと画像の一部に
入れてくれてあるという親切さ。

日本のマンサクは
「春先にまず咲く」から
ナマってマンサクになったという。

シナノ・・なので、中国産かしら?

アップする野草たちを、検索してみたのですが
あまりに、「・・・科、・・・属」たら、専門的過ぎて
面白くないので、画像のみにいたします。

オオミノマンリョウ

オオミノマンリョウ。

冬、食べ物が少なくなった頃。

こうして、「赤い」実をつけるのは
野鳥たちに実を食べてもらい
種をどこかへ運んでもらうという
植物たちの深い魂胆(笑)

野鳥たちは、適当なところで
枝にやすみ、ポトンと糞を落とします。

そこが芽を出すのによき場所であれば
芽吹きます。あるいは、数年
種のままで待ちます。


サネガズラ

サネカヅラ

やはり可愛い赤い実
一つひとつは小さいので
固まって、目立つ?でしょ、な
アピール。

一回ここへ来たら
たくさん、食べられるね

寒い時期
南天、ピラカンサ、など赤い実は
どれも、愛らしい。

最後はジャノヒゲ


ジャノヒゲ

庭に植え込んだりする
青い実

フェルメールの青
ラピスラズリに似たような


いいなぁ。
素敵な青

今回送ってくださったのは
どれも、可愛くて大好き

野鳥や蝶には、見える「色」が
人間ほど多彩ではないらしいから
赤、青、黄色などを見分けて
やってくるらしい。


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


余談だけど。

24日(木)は、数ヶ月前から親しい友人に
頼まれていたボランティアの日だった。
車で20分くらいのところにある
グループホーム。

友人は、そこで何年も
傾聴ボランティアをしている。
7年前に1度訪問したことがあって
ハーモニカの生演奏を
とても楽しみにしていて
くれるという。

入居者さんも変わっているだろう。

今回、施設のスタッフとも何度も丁寧に
連絡を取り合い、準備万端おさおさ怠りなくと
なっていた昨日。

電話。

「インフルエンザにかかった入居者さんが
7,8人になってしまってとうとうスタッフも数人
申し訳ないですが・・・・」
「それは大変ですね。ではキャンセルという
ことで?」
「はい、いずれ3月あたりにでも」
「わかりました」

そう言えば
思い出した。

4年前に亡くなった
母が、グループホームや
特養にいた頃。

冬の今頃、インフルエンザ予防のためと
「面会禁止のお知らせ書類」が送られて
きたことがあった。それも、2ヶ月ほど。

そういう時期だったんだ。
忘れている。


私、今年は
元気。

12月もらった
お守りがあるのよね

ブツじゃないけど

お正月気分も抜けて
寒い今日です。

曇天です。


┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈


昨年暮れに友人が送ってくださった
画像、「いつもと同じカメラで
撮って、そのまま添付しましたよ」なのに
「メガ」が大き過ぎるとかで、
ブログ本体にアップできませぬ。

撮影者さんには不本意でありましょうが
ちょいと、編集したら下の2枚は
大丈夫だったのに

サルノコシカケという
珍しい一枚がとうとう、
アップできませんでした。

ムネン!

冬枯れのお池に

野鳥たち

遠景が いい

砂漠色に枯れた

木々の葉っぱが

いい

無題


日に当たる 枯れ葉の

鮮やかさ

最後に ちょっと 

燃えてみたのね

無題1



┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈


お天道さまの 顔出し具合によって
気分が アップしたり
ダウンしたりは これ
人間として 当たり前


何か することがあれば もっといい

「きょうよう」

うん、よう あるぞ

「きょういく」

いくとこ ある わ


なら よろし

こういう日も あるさ



お昼は つけ麺

手作り出汁に
みりん、お酒、ほんの少しの隠し味砂糖
ちょっとのお塩、
我が家定番の「しいたけ昆布醤油」で
お味を調えて

刻んだかまぼこ、お揚げ、
干しエビを入れて

つけつゆの お味をグン!(笑)と
アップ

お漬物、佃煮の盛り合わせ

でかい 赤エビを 

だ〜っと

焼いちゃいましょ





新年、2019年です。

明けましておめでとうございます。

何だかする〜っと年越ししてしまいました。

息子らの足音や、ボソボソ話す声。
気配。昨日、午前中にセントレアに
着いて、買い物したり
スーパーへ行って「野菜が安い!」と
テンション上げたり、お寿司屋さんで
お昼、久しぶりの日本を楽しんで
実家(ランタナんち)へやってきました。

人が入れるくらいのスーツケースを
3個。

ようお帰りなさいました。

一年に一回しか出さない
大きな土鍋を引っ張り出して。

お鍋を囲んで。
オットは呑まないのですが。

私は、息子が飲んでいるのを
気が向けば、
コップにちょっとだけ分けてもらいます。

嫁ちゃん、ちょい、風邪気味とて
それでも、優しいフルーツ味の
チュ−ハイを氷で割って
チビチビ。

頬赤くしながらも
息子に付き合っております。

紅白歌合戦を横目で見ながら
おしゃべり。

フライトで疲れているだろうし
早めにおやすみなさいね、

言い置いて
私は自室へ。

いつものように、本(読んでいるのは、
貸してくれた百田尚樹著 『ボックス』)
に、目が疲れたら、落語(今は芝浜)を
iPodで聞きながら、うと〜。


東の空にいつものように
日差しがさして。

家事を終え、
息子らが起きる前に
パソコンを開いて。

BGMに「スィートピープル」の
「コモ湖」を流しながら
当たり前の日常。
(今流れているのは「アンチェインドメロディ」)

大いなる世界の創造主に
感謝したくなります。

こんなにも心豊かで、
幸せに充たされた思いの
古稀を生きられる、なんて。



昨日は終わり  

もう手の届かない彼方に

飛んで行ってしまった時間


明日は未来

まだ手に入っていない時間

だから 意思でどうでも変えられる時間


今という「一瞬」だけが

私の手元にうずくまる

唯一の私のもの


ここにあるということ

そこで息をしているということを

いとおしむ


それが私自身が嬉しくて

ついでに誰かを笑顔にすることに

つながっていくのであれば

もう いうことはない



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼




またもや、絵がない

何か引っ張りだそう



IMG_7713

IMG_7661



あった。

大好きなベゴニア
「ココナッツアイス」




✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


みなさまにとって、今年も
健康で楽しい一年になりますように



ランタナ


今年ももうすぐ終わる。
あと10日だって?!

ふ〜ん。

多少のお掃除くらいはしようと
思っているんだけど。

今、クリスマスソングの
セリーヌ・ディオンの歌をBGMで
聞いていると、次々と曲がかわっていって
楽しい。

昨夜はマイケル・ジャクソンの
「ビリージーン」にシビレた。

そういうラインしたら
「ランタナさんがマイケル、聞くんですか」
聞きます、好きです。

キレッキレです、歌もダンスも。
リアルタイムではあまりファンでもなかったけど
2009年にドイツに行った時
マイケルの訃報ニュースで、予定されている
コンサートがキャンセルになって
世界中大騒ぎだった。

ミュンヘンのホテルで、
流されるマイケルの映像を
繰り返し見ながら、感動した。

旅先で、ヒマなこともあって(笑)


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


映画のことをこのところ
ずっと、書いてきて。

あまりオオッピラにはしたくない
映画もあったこと、思い出して。

ま、いっか〜。

そうカッコつけるほどの
こともなかろうもん。

今年最後のブログネタにしちゃうか。

若い頃から映画好きで(と書いたね)
そして、1980年代には血気盛ん&
元気もよかったから

「ターミネーター」シリーズがお好みで
ポスターを家庭塾の壁に貼っていた。

「ダイハード」も、もちろん
大好き。
次の作品は?と楽しみにした。

シュワちゃんはそうでもないけど
ブルース・ウィリスのファンらしいのだ
(誰がって、私が)

だからブルースが出ているのは
大体、見た。

「ボーン」シリーズも大好き。

「ボーン・アイデンティティ」2002年
「ボーン・スプレマシー」
「ボーン・アルティメイタム」
「ボーン・レガシー」
「ジェイソン・ボーン」

完結編を映画館で見たら
すっきりとした。

再放送があると録画する。
DVDも借りる。

息子は、こういう
アクション、嫌いではないけど
また見たというと
「好きだねぇ」と半ばあきれ顔をする。

テーマ曲もいい。
実は。主役のマット・デイモンが
お好みらしいのだ。

誰がって、私が。

チョ〜好きというのではないけど、
どうも嫌いでないらしいことは
自分なりに理解できる。

才能豊かな人で
1997年の「グッドウィルハンティング」を見て
ハマったようだ。(人ごとのようだけど)

よってマット・デイモンの出ているものは
大体見ている。ハンサム系でないけど
好きなんだなぁ。
(グッド・・・・の主演のロビン・ウィリアムズは
元々ファン、上手いコメディアンだ)

だから、マットが脇役の
「オーシャンズ」シリーズも
欠かさなかったし。

「オーシャンズ」に出るブラッド・ピットの
アクションも見る。

よほどひどい
筋でないかぎり
(映画時評でみて)
見ることにしてきた。

ただ。

ロッキーシリーズなどの
シルベスター・スタローンは
ちと違うのか見ない。

何、書いているのか
だんだんわからなくなって
きちゃってるよ。

どう締めくくろうか。

そろそろ、客間のお掃除や布団などを
真冬モードにしなくてはならない
年末、押し迫っての息子夫婦の帰国に
間に合うように。

あれま。
絵がないわ
過去のから引っ張りだそう。

IMG_20180621_085940

まぁ、ここは
ランタナでまいりましょう(笑)

みなさま、今年も遊びに
いらしてくださって
ありがとうございました。

みなさまにとって
来年も健康で楽しい一年に
なりますように。


お友だちのCさんに、先回書いた
「映画はお好き?(2)」に
コメントをいただいて。

そうだった、と記憶おぼろの
映画を思い出してコメントのお返事を
書いてみたものの。

検索しても
なくて。

イギリス映画、アンジェリーナ・ジョリーと
入れたら出てきた。

題、間違えていたのだ。
『すべては愛のために』(BEYOND BORDER)
だった。

2003年のだから15年も前の映画。
これは、衝撃だった。

1





3





2





10年以上前に、DVDを借りたのだった。

ブラッドピットとの「MR&MRS スミス」
くらいな気分で。

そしたら、その映画の
国際、人種、社会問題提起のものすごさに
圧倒されたのを覚えている。
目を背けたくなるような真実を
これでもか、と描き出す。

アンジェリーナ・ジョリーは
ジョン・ボイトの娘。
ジョンは『チャンプ』や
『ミッションインポッシブル』にも出た
実力派俳優。

アンジーの活躍はよく知られ
セクシーな大きな目元、口元が
いい。

そして英国俳優の
クライブ・オーエンは、
デンゼル・ワシントンなどとも共演する
実力派。メヂカラ、半端ない。

両方とも多分、ファンなのだろう、私は
(って、人ごとみたいだけどきっちり、
ファンと意識したことがないので)
そういう人が出ていると
見たいのだから。

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


要約できるほどすじを覚えていないので
下記、ウィキペディアから抜粋ご紹介


   (引用 開始)
イギリス人と結婚して、ロンドン郊外に
家庭をもつ、アメリカ人のサラは、
平和な何一つ不自由のない生活をおくっていた。

ある日、パーティの会場に、難民への援助を
求めるために乱入してきたニックが告げる
難民救済の実状とやせ細ったエチオピア難民の
少年に、サラは心を打たれる。

そして、勤務していたアートギャラリーを辞め、
難民支援の為の食料を自費で買い込み、
ニックたちが救援活動を行っているエチオピアへ、
向かうのだった。

サラは、そこで内戦と旱魃で疲弊した大地に、
避難民のあふれる衝撃的な実態に触れる。
そして、彼女は、ロンドンへ帰ると、
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)で、
難民救済のために働き始める。

一方、サラの夫のヘンリーは、ロンドンの
シティー(金融街)のバブル崩壊で
仕事を失ってしまう。

やがて、エチオピアから追い出されたニックたちは、
クメール・ルージュと政府軍の内戦が続くカンボジアの
タイ国境地帯で難民救援活動をはじめる。

ニックの仲間の一人に、ロンドンで会ったサラは、
ニックたちが支援を必要としていることを知り、
UNHCRの援助物資とともに、直接、カンボジアを
訪れる。

サラとニックは、お互いの愛を確認するのだが、
サラの家庭の事もあり、いっしょには
なれないと分かれる。

しかし、それから数年後、チェチェンで救援活動を
行っていたニックが行方不明となった、という
知らせを受けると、サラは、ニックをみつけねば
ならないと、非常に危険であるというチェチェンへ、
同僚たちの助言をも顧みずにおもむくのだった。

(以上 引用 終わり)

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


今もほとんど変わらないだろう
いや悪化しているのかも知れない
諸国の事情。

今を当たり前に生きている人たち
(私もだけど)は、これを知らなくては
ならない、と思う。

再度、見たいと
思っている。

近いうちに。

先回、映画のことを書いた。
こうして書き始めると
何か、忘れものした気になる。

そや!忘れておりますがな。

で、再度。

(2)にしちゃおう。

大人のラブストーリーで
お気に入り。
「モンタナの風に抱かれて」
邦題は、ロマンチック。
原題は「ホースウィスパラー(馬のささやき)」

ggking_vwds-3075










ロバート・レッドフォードが
傷ついた馬を癒やす少し老いた
カウボーイ。
ヒロインがイギリス女優
クリスティン・スコット・トーマス。

彼女の大ファン。
主役をつとめた「イングリッシュペイシェント」は
つとに有名。だけど、この映画自体は
それほどお好みでは、ない。

「目の力」はハンパない。
気の強い役なら、おてものもの。

「モンタナ・・・・」は、最後のしめかたが
いい。耐えるから、切ない。
夫役のサム・ニールはジュラシック・・・で
よくやったが、この役はいい。

フツ〜のジェラシー丸出しの
夫では、ない。
「君のような素敵な女性が
僕の妻になってくれたなんて
ありえないことなのだ。
だから、これからのことをよく考えて
本気でニューヨークに戻る気になったら
帰って来て欲しい」
と(いうようなことを)言う。

それは、彼女がレッドフォードに
惹かれていることを知ったから
ゆえの言葉。

こういう受け止め方をする「男性」は
そんじょそこらにいるもんではない。

泣かせる。


51ke7pcjqmL__AC_US200_













もう、お気に入りで好きで
ずっと買おうと思っているのに。
そしてレンタルで4,5回は借りているのに
まだ買っていないものは
「ドライビングMISSデイジー」

ジェシカ・タンディが、素敵。相手役の
モーガン・フリーマンは、何度も書くけど、
いい俳優さん。
ダン・エイクロイドも好演。
南部の人たちの日常。
麻雀の場面も出てきてビックリした。

最後の方。施設に入っている老いまくった
ジェシカに度肝を抜かれた。

衝撃の姿で好演。

それで、何故買っていないか?
シンプルすぎる理由。
お高い!それだけ。

Amazonで買うのは1000円以内のもの
あるいは、ちょっと出るけど、
それだけの価値あると
思うもの。

なのに、これはお安くならない。
今も、2000円以上。
再検索したけど、決して安くならない。

諦めて買うべき?(だ、よねぇ)

もう一人、女優さんでファンなのが
(ティム・ロビンスの奥様でもある、あった?)
スーザン・サランドン。
特に、メジカラのある女優さんで
これなど、痛快なるロードムービー。


A1S4iTcynFL__UR300,400_FMJPG_

















「テルマ&ルイーズ」
若き日のブラッド・ピットもちょい役で。
(このDVDは持っていないけど)
スーザンとジーナ・デイビスがいい。

最後のシーンは圧巻。

812qIFSLHQL__SY500_
























「八月の鯨」
ベティ・デイビスとリリアン・ギッシュが主演。
淡々とした老いの日常。
大好きなんだけど、持っていない。たまに
見たいと思うと、レンタルに走る。

320






















すっかり忘れていたのが
「風と共に去りぬ」

私が高校2年の夏。
私の性格を持て余した母が
「これ」と薦めてくれた一冊。

スカーレットの性格がどこか
私に似通っていたのだそうで。
(マッタク、失礼しちゃう)

反発を感じながら、長い間かけて読んで。
コトンと、恋に落ちた。

レット・バトラー船長に。

一週間くらい授業が頭に入らなかった。

明日は、明日の風が吹くのだ。
「Tomorrow is another day」

この先、どうなるのだろう?
帰ってくるだろうか?
イヤ、来ないだろう。

後年、映画を見たけれど。
ビビアン・リーは見事にいいとして。

アシュレイ役に、落胆。
長年、スカーレットが
この人に
恋い焦がれるなんて、と
とても、納得いかなかった。

そして、メラニーは原節子似で
あまりにも、美しすぎ。

やはり、南部、ジョージア州。
奴隷のひどさなどは、あまり出てこないが
「10代からの、憧れなのだから
行かねば」と、勝手に一人で盛り上がって
再読。

2014年、アトランタに行った。

空港で係官に
「何でアトランタに?」と聞かれ。
「いえね、高校生の時風と共にさりぬを
読んで、レットバトラーに恋に落ちたのよ
それで、一度来たかったの」と言うと
係官(アフリカ系、もちろん)
ガッハッハ〜と大笑いして
「その話、いいね。気に入ったよ」
と二人で笑い合ったあのひとときも
今では珠玉の瞬間。

オリンピックのあったところなので
ホテルは大満足、そうお高くもなかった。
カーター大統領の記念館にも
足を伸ばした。

作者の「マーガレット・ミッチェル記念館」を
楽しんで、私の中の「風と共に去りぬ」は
ゆる〜り、決着した。

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

以上、勝手気ままな
映画ジョ〜ホ〜
ご容赦くださいませ。

映画大好き人間である。
(って以前にも書いたことあるような
気がしているんだけど)

50年ほど前の、学生時代は、
フランス映画が全盛。
女子寮には、『スクリーン』などの
映画雑誌がサロンに
置いてあった。
カトリーヌ・ドヌーブやアラン・ドロンなどを
楽しんだ。

子育て中、『砂の器』に行きたくて
オットに子守を頼んだこともあった。

よく映画館に行った。
これは見たいと思うとさっと走った。
キャラメルポップコーンと飲み物を手に。

そうやって過ごすひとときが
お気に入りだった。気持ちの全部を
そこに持って行かれている
それが、いい。

最近は。
もっぱら、レンタルだったが
だんだん、ハリウッド系
バイオレンスやサスペンス、
SF、アニメが多くなって。

人間の暮らし、日常を感じられるもの
が少なくなってきて。
ちょっと以前のだけど持っていたいと
思うものを
「Amazon」で買うようにした。
ちょっと、たまった。

映画は、1度だけ見たらヨシ
筋書きだけわかれば、いいと
ず〜っと思い込んでいた。

それが手元において何度かみるうちに
初めて気づくシーンが多く。
これは勘違いしていて
こうだったんだ、というのもあって。

最初のシーンはこうだった?と
びっくりするようなのもあって。

年に2,3回見る。
それもふっと時間が出来たときに
手が出るいくつか(外国のものだけ)を
ここに。

ただ。

もうひたすら
好みのモンダイで。
お薦めしているのでは
決してないけど。

映画好きでよかった、と
この頃しみじみ。

手元にあるものをいくつか。
(ネタ探していて)


magunoria














「マグノリアの花たち」
南部の女性たちの友情というか
日常というか。
出ている女優さんが豪華すぎ。
サリー・フィールド、ジュリア・ロバーツ
シャーリー・マクレーン、ドリー・パートン
オリンピア・デュカキス、ダリル・ハンナ

ジュリア・ロバーツが美しい。

ジュリア・ロバーツのだと
これも。
「ノッティングヒルの恋人」

noteinguhiru


ヒュー・グラントが好きなので
しようがない(笑)
ロンドンの暮らし、公園、どれも
懐かしい。
最後のグラントのインタビューに答える
ロバーツのウィットに富んだ
ユーモアもグ〜。






21EH7BT880L













「モリー先生との火曜日」
原作本もある。
主演のジャック・レモンが秀逸。

生き方、終わり方を教われる。
ジャック・レモンは
『晩秋』(原題 ダッド)もいい。
テッド・ダンソン、オリンピア・デュカキスが
共演。




guddomen













「ア・フュー・グッドメン」
「ほんの少数の心あるよき人たち」
な訳でいいかな?
トム・クルーズ、デミ・ムーアが
美しすぎ。
ジャック・ニコルソンの
怪演ぶり。

koiniotite












『恋に落ちて』は
メリル・ストリープ、ロバート・デ・ニーロ
筋書きが抑制のきいた
状況で、でも止まらない出会いの偶然で出会うべくして
出会ってしまった二人なので
何度見ても、飽きない。

余分な言い訳がない。
それがじれったいほど。
だから、またみたくなる、
飽きない
大人のラブストーリー。










messsaji









「メッセージ・イン・ア・ボトル」
ケヴィン・コスナーがよくて。
ファンなんだね。私。

相手役のロビン・ライト・ペンも
いい。あらすじは、ちょっと、なところも
あるけど、嫌いではない。







320



160






「ショーシャンクの空に」は
男性ばかり。
刑務所の中のお話。
だけど、痛快!


ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンがいい。
筋書きもいい。ティム・ロビンスは
童顔だけれど、195cmの長身。
刑務所のジーンズやシャツがにくいほど
似合う。
どう年数がたってもヘアスタイルが
キマッテいるのは、ご愛敬でOKに
しちゃいましょ。

長いけれど、いつでも
楽しめる。

昨夜と一昨夜。見終えて。
そう言えば。
ティム・ロビンスには
スペイン映画で。
でも英語で全編通した
「あなたになら話せる秘密のこと」という秀逸な
ものがあったことを思い出した。




madison



sim

「最高の人生の見つけ方」は
英語のセリフをサブタイトルで
表示して全部、ノートに書いたこともあって。

日本語訳が、違うブブンも
面白かった。
最後の半年でやりたいことの
「ハッチャケ」ぶりがハリウッドらしいけど
フランス、イタリア、ネパール、
エジプト、インドなど、世界を旅する二人が
楽しかった。

終焉を明るく、見られる。








「マディソン郡の橋」はあまりにも
有名で、映画は本を越えられないと
悟った一つなのだけど。

クリント・イーストウッドが
この作品に惚れ込んで、
メリル・ストリープを相手役に
口説いたというもので。

泣かせる「忘れられない台詞」もあって

「人生にこんなことには、決して
二度と出会えない。
一回きりのことだ」みたいなの。

いいよなぁ。


たった4日間だけの恋は
もうもう切なすぎて。

そう!ロマンチストでないと
映画って楽しめないのかも?(笑)

まだ、あるけど。

今日はこれくらいに
しておこうかな?

小春日和の午後。

フラリと気が向いて
近くの公園へ出かけた。

もちろん、ゲンを連れて。
そこに行くまでは、
老犬のゲンには遠いので
車で行く。

釣り人たちが古い
パラソル開いてじ〜っと
水面を見つめ、
ほぼ、微動だにせず。

ワンコ連れの人もあちこちに。

その公園には中の島があり
サギやカモが遊び、
カイツブリもあちこちに。

小さな池を一周、嬉しくて
あちこちで道草したいゲンを引っ張り、
遊ばせ、ウッドデッキ(ていうかしら?)みたいに
池の中へエル字型に張り出して作られている
道にさしかかる。

二つの木のベンチの一つに
誰かいて。

キャップをかぶった、男性。
日本人ではないのは、すぐわかる。

ぼんやりと遠くを見つめている。

一瞬、近くの小学校のAET
(英語補助教員)かなと思った。

ちょっと会釈してから
「こんにちは、お話していいですか?」
「ええ、もちろん」
メチャ、久方ぶりの英語。

「私はこの近くに住んでいます、
日本人の妻がいて。
小学生と中学生の子どもがいます」
そうで。

お年は50過ぎ。だから、小学校では
私が一番年上のお父さんですよ。

ニュージーランド出身で私の町の
隣の町に住んで、3年になる。
お仕事は?
ライターです。

天文台に勤めていて
今はインターネットで仕事をしていて。
たまに、ロサンジェルスにも行くし、
ニュージーランドにも帰るが
日本が大好き。
こんないい国はないです。
何でもありますし、何でもできます。

ニュージーランドにご家族は?
と聞いたら。

自分には家族はいない。
日本の家族だけ。
一番大事な家族です。

フォスター(親のいない子どもを養育する制度)で
育てられたので、数年ごとに家族は変わっていた。
いい親もいればひどい親もいた、と。

こんなこと、聞いてごめんなさい

いえ、いいですよ。

あの国は、だだっびろくて
封建的なステレオタイプな人が多くて
好きではない、と。退屈ですよ。

今は、普段家じゃなく
「タリーズ」「スタバ」「コメダ」
などのカフェで書き物をしている。

夫婦げんかは、何語で?
喧嘩するときは、お互い黙っちゃうので
何語でもありません、には
大笑いした。

ゲンをあやしてくれながら

迷い犬を保護したことあって
可哀想だったけど、うちには
猫が2匹いるので、飼えなかった
悲しかった、と聞くうち
いい人だなぁ、と。

今日はいい日ですね
インディアンサマーというのですよね
あ、そうですね。

線路の向こうの小さな川沿いを歩いて
ここまで来て、ぼんやりとするのが
好きなのだと。

あれ? そう言えば。

数年前から、小学生の下校途中
その列について歩いている、
背の高い外国人男性を見かけたことがあった。

短パンにTシャツ、キャップをかぶって。
あ!あれはこの人だったんだ!

別の道を大股で小学校へ歩いて行く
のも見かけたっけ。

ご縁を感じて、
メールアドレス聞いていいですか?
あ、いつもは、バックパックを
背負ってるのだけど
今日は、書くモノ、何も持っていません。

私はエプロンの上に
薄いカーディガン羽織っているだけで。
ポケットにはティシュのみ(笑)

あ、車で来ていますから何かあります。

私の車までを歩きながら
え〜とあなたのお名前
聞いていませんでした。

「Garyです」

ん、ちょっと発音しにくいですね。

ええ、みんなそう言います。
だからニックネームで
呼ばれるけど。それも
好きじゃないです。

しどろもどろの英語に
ちゃんとお世辞を言ってくれる
ことも忘れない。

自分の名前と仕事先のHPを書いてくれた。
「これは何ですか?」
「私の勤め先です」
「ベンピーク天文台!」
ニュージーランドの南にあるそうだ。

最近の気候はやはり
温暖化傾向だと思いますか?
と聞かれ。

そう思います。
そうですよね。


http://www.observatory.org.nz/jaindex.html

上がそのHP。興味おありの方は
コピーペーストして、検索してみてください。
気象台?望遠鏡もあって。
すごいところ。

ほ〜。

メモを見ると、2つ、メールアドレス。
どちらがいいですか?

ん〜、こっちの方がいいですね。
毎日、チェックしますから。
私の電話番号は知らないのですよ
自分は掛けませんし。

そうですね。

知り合えてよかったです。
ありがとう、と握手。

別れ際、ふっと笑いながら言う。

「ああ、こんなところで私が
英語で話しているなんて
ちょっと、信じられません」

欧米系の外国人だとわかると
誰でも、挨拶して
避けて通りますからね。

気をつけてお帰りください

奥様の名前と名字も教えてくれた。

早速、メールした。

錆び付いた英語に落胆しながら。

こういうの、日本語で「en」というのですよ

なんて。

先週。
かなり久しぶりに娘からラインが入った。

「元気っすか?」
「はい、元気だよ」

「19日、孫と娘のために、
おでんとか作りませんか?
鶏肉とじゃがいも、牛すじと
こんにゃく、たっぷりの」

「何で19日の月曜日?」
「代休」
「あ、そ。りょ」と返事しておいた。
(りょ、は了解の意)

19日は、昼前から
おでん仕込み。

大根、じゃがいもを面取りし
玉子を茹で
蛸ぶつも串にさして
ネタを買ってきて、したごしらえ
練り物は熱湯かけて油抜き。

私は鶏手羽元を茹がいて
一緒に入れる
いいお出汁がでるし
煮込んで肉が崩れかけてくると
軟骨も食べられる。

昆布と削り節の
お出汁でことことと煮上げる。

火が通ったら止めて

一時間ほどしてまた火を入れる。

数回これを繰り返すと、お味がしみて
いい具合になってくる。

孫も来るし、一応、メイク直し。
メイク、ハゲハゲだと、
病人みたいな顔になるから


私の部屋をそっと、
のぞいて
「ば〜たん、わ!」優しい声で。

「お!びっくりした」

キュルキュル〜と笑って

「でしょう?でも、そっと言ったよ
あんまりびっくりさせなかったよ」

上の歯が2本抜けているので
なんだか、面白いけど、可愛い。

「そうね、いらっしゃい」

ギュ〜とハグ。

ふわりと子どもの匂いがたつ。
髪の毛の匂いがする。

 今日は、七五三の
 お参りに行ったらしい。

(以前、一緒に行って
ちゃんとお払いもやってもらったので
今回は、パス)

公園で鉄棒したり、ゲンを散歩に
連れて行ってから早めの夕食。

 (私は先週、おでんを作って
 3日食べ続けたので、残りは
 全部持たした)

「いっただきま〜す」

一口食べて娘。
「む〜〜、うまい。これ一年に一回は
食べたいのよね〜」
「そうか?」

ほんとは「鶏ガラ」も入れたいのに
売り切れてた。

デザートは柿とシャインマスカット
(今年、これにハマって
食べ続けている)

孫ちゃん、「こんにゃく」が大好物で。
7個も食べました!

食後、「ジェンガ」と「ウノ」を一回ずつ
7時半ころ、バイバイ。
翌日は小学校だもんね。

後片付けしている娘を待つ間。

キチンの壁に、ミニ白板を見つけて
孫ちゃん

「何か描きたい」

「いいよ」

マーカーとイレイサーを渡す。

数回、描き、消しをやって
これを残して行った。

 「あ、これは?」

 「じいちゃんがゲン散歩させてるの」

ほい!

いい笑顔のじいちゃん。

胴長のゲンちゃんが
リードにつながれていて。

子どもらしく
そこ、ここに
お花もあしらって(笑)

見ていて、微笑ましくて

あ、これ残しておいてやりたいわ。


無題


11月の始めころ。

玄関出たとこにあるサザンカの
木が、フト目にとまる。

サザンカのつぼみがチラ、
そぼ降る雨の露を先っぽにつけて。

お寿司屋さんの帰り
オットが云う

「つぼみ、ついてるぞ」

「ん、知ってる(かわいくないネ)」

「もうすぐ咲くな」

「たくさん、咲きそ」

そして数日、向こう側のが
遠慮がちに開いた。

また数日。
一気に咲いてきた。

つぼみのうちは
ほんのりと外側が紅がかっていて。

黙って季節を忘れずに
花開くのがお花のよさ。

黙って咲いて黙って
ほろほろと散っていくだけ。

今日は、出かけない日と決めた。
ウォーキングしてきた。

この子をアップしてやろうと
思った。

IMG_7766

IMG_7769


















蘂の色がいい、
真っ白な花びらが愛らしい。

ピンクはある。
どこにでもある。
うちにもある。

でも白いサザンカは
ちょっといい。

母を思い出すサザンカだ。

IMG_7767

IMG_7768














あちこちを向いて好き勝手に
ひっそりと開いてくれて。


IMG_7770



























手が触れたらほろほろと
落ちて、元の形を留めない。

その潔さも、いい。

そばのアブチロンも可愛いので
入れとこう。

IMG_7772











外のボランティア花壇

パンジー、ビオラなど
冬〜春のお花を予定&用意しているけど
夏場のコボレダネ「メランポジウム」が
大きく育ってしまって。

ワイアープランツや
ツルニチニチソウに狭められている
場所を凌駕してしまっていて。


IMG_7771






あ、メランポジウムの奥に咲いてる
ピンクのお花の名前、ど忘れ〜!

何だっけ〜〜。

種をあちこちに飛ばして。

ウ〜ム。出ないぞ!

ヘルプ〜

 雅さん、ありがと〜。
 オキザリスでした!
 メモっとこ。



IMG_7765

毎年、外せない
プリムラジュリアンの
鉢。

いつまでも元気できれいに
咲いてくれる
心強い味方!

たまの液肥、ハナガラ取りで春
までたっぷり、咲き続けてくれます。



と、ここまで書き散らしてきて
ランタナ
力尽きました(笑)

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


付録のオマケ

※先日、メモった俳句

 ひとはみなひとわすれゆくさくらかな

   (黒田杏子)

 露の世やけふを必死に使ひ切る

  (宗本智之)




このパソコンにして11日目。

 ほぼ、パーフェクト!

つまり、私が以前のパソコンと
同じ仕方で動かせるようになってきた。

アイコンも馴染み、

シングルクリック、

フォントも大きめ

メール(各種インターネットの注文とか)に、

映画情報、

検索、

ブログ、

お天気情報に

マレット練習場の利用状況、

パソコン日記(今ではこれが主流)


そして。
パソコン始めた
動機の一番がホームページ
「ロンドン大好き」

意外と神経細くて(誰?そこで笑ったの)
弱気なランタナは
新しいパソコンのストレスに
「もういっかぁ〜」と一度は
諦めた、けど。

ファイル転送画面は出る。
ノート見ながら、「FTPツールの転送」まで
できているのに、アップロードができず
エラーになるときて。

フリーダイヤルで尋ねたら
我が家はケーブルテレビの
ロイヤル会員になっているそうで。

本日、若い男性スタッフが来てくれた。
ケーブルテレビから依頼された
協力会社の社員だという。

名札、ぶらさげてても
顔近づけて
見ませんものね。

静かに、タブレット片手に調べているので
じ〜っとそばにいてのぞき込むのも
控えて、拭き掃除などやっていると。

「あ、すみません、できました」

「あら〜」

見るとちゃんとアップロードした
画面になっている。

「ケーブルテレビが無料でサービスしている
インターネットセキュリティの
McAfee(マカフィー)の中の
ファイアウォールが、これらのファイルを
危ないものだと認識していて、
転送をジャマしていたのです」

「ふ〜ん」

「たまに、こういうことがあるのです」

フム!

「それを一時的に、無効にしておいてから
転送したらできます、ほっといても15分後には
有効になりますから、大丈夫です」

 お〜お!
 すご〜い!

彼の肩を(軽く、です)
たたいてしまった。

「ありがとう〜」

急いでメモするところが
またもやアナログ。


銀杏がいっぱいあったので
袋に入れて差し上げた。

これで最後のパソコン四苦八苦が終わった。
思いのほか早くにできて、大満足。

爽やかな気分。

ここに書かずにおれようか?


☆★☆★☆〜☆★☆★☆〜☆★☆★☆


今日の雨。予定キャンセルになってしまって
ウォーキングもできないし、と
思いついて。

映画情報見たら、「日々是好日」を
いい時間帯でやっているよ。

行くつもりではなかったけれど
今日、時間ができた。

樹木希林さんがみたいだけで
すっ飛んで行ってきた。


お茶は、若い頃に
武士のお手前だという
「石州流」をほんの一年くらい
かじったことがあった。



320

























「日々是好日」検索してみました

ここから引用開始

‘本語の禅語としては「にちにちこれこうにち」と
読むのが正しいとされるが、「にちにちこれこうじつ」と
する例もある。

日常的な表現としては「ひびこれこうじつ 」とも
読み、その読みで作品名などになっている例も
あるが、同様に「ひびこれこうにち」「ひびこれよきひ」と
する例もある。


◆崙々是好日」は、どんな日でも毎日は新鮮で
最高にいい日だという意味です。
 
むかつく日も悲しい日も、雨の日も風の日も、
その時のその感情や状態を大いに味わって
過ごせば、かけがえのない日になる。

新鮮な気持ちで目覚めたら、雨を楽しもう、
寒さも味わおう。


A蠹弔澆弔鬚気鵑麓,里茲Δ暴劼戮討い泙后 

日常の生活の中では、いや(・・)なことが
いっぱい起こりますね。 日日好日どころか、
毎日が悪日の連続。「なんの悪いこともしないのに、
私だけがなんでこんなに苦しまなければ
ならないのか。神も仏もあったものではない」と、
自分の不幸を嘆く日もあるでしょう。

それでも雲門禅師は『日日是好日』というのです。
雲門禅師のいう好日とは、好い日、
悪い日という比べっこ(・・・)をやめた話なんです。
つまり、好悪を越えた話です。
自分の都合という〈物差し〉を捨てた時の話です

img_thumbnail
























引用終わり
ネットより



歌手が歌っている読み方、
どれもありだそうです。


お手前のゆかしさ
畳、ふくさの使い方
炉、棚、水屋

掛け軸の文字

お部屋の何気ないたたずまい

お庭の四季の美

茶道の教師である
希林さんが、
発するおりおりの
ことばのよろしさ

あの、鼻にかかった
特徴のあるお声
「ん、ん」と喉から
声ともいえないような音、

自然なお声も。
その懐かしさ。

お着物姿のよろしさ

よき一日であった。


ただ。
原作本を読んでいないのだけど
映像で情報を受け取り、判断する
「映画」としては、いろいろ、唐突であり
希林さんの人生もどうなのか?
黒木華さんの迷いやお茶への
気持ちの表現も、少し薄いかも、
という気が、した。


今を、今日を、大事に
「一期一会」の思いを忘れずに
生きてけばいいのだ、と
いうメッセージを受け取れたら
いいのかな、という映画であった。

11月5日月曜日。
ウォーキングしてきた。

昨日の「ダンシングヒーロー」の後、
舞台裏を降りる階段を1段踏み外した。

「あ、大丈夫?」

さっと立ち上がって歩けた。足の甲に
多少の違和感、ゆっくりと歩けている。

さて。
パソコン。

前の中身をお引っ越しさせてもらって
一週間。

「何で?」なことが多くて
無料会員の「教えてgoo」に
パスワードをいれて、ログイン&質問。

質問は
「単語登録画面にならないです。
以前のでなく、ATOKというのが出ます。
登録したのに、ワードで打っても出てこない。

したすぐなのに、同じ単語が「既に登録されています」が
出ないで、何度でも同じことばが登録できてしまいます」

これを、fujitsuのホームページで
確認しながらいろいろとやった。

 お返事が即。

曰く
「私のパソコンは5年前のですから、
あなたのように新しくないのでわかりません」

それ回答?

諦めた。

しばらくしてやるとできることもある。

今朝は別の人から回答。

「あなたは、多分、windowsのIMEと、ATOKを
両方、やってしまったのでしょう」

だから?

それ、回答?

とりあえずは、「ATOK」で登録できて。
ツールもできて、要らぬものは
「編集で削除」もできたので、
今のところは、よしといたす。

我ながら「トコトンのヒトって
始末が悪いわ」

ATOKって何?と検索したら、
どさ〜と出てきて、ふ〜む。
後で再検索して、読むわいなぁ。

「単語検索システム」のことかしら?
あちこち触ったので、手書きやら、
いろいろとわかったし、
タスクバーが表示できた(昨夜)
すぐにやれるようになった、
もうこれで、よろしい。

読んでおられる方は
「は! 何のお話、でしょうか?」
かもしれませんが、意外に粘り強い
自分自身に驚いておりまして。

昨日は、日曜日だったからか
訪問者が増えておりましてびっくりです。
ありがとうございます。

「他人&ヒトの大変、蜜の味」ですモンねぇ
(笑)

ほんでも、
ね。

ようやってんやんね、と
誉めたっておくんなさいまし〜。


LINE_P20180114_142223629




お付き合いくださいました読者の方に
この大根をどうぞ。

友達がラインで送ってくれたもので
あまりにヘンテコリンなのに
保存しておいたもの。

不謹慎?

い〜え、タダの大根。

自然のなせる技。


(このブログの画像に入ってるということは
アップしたことがあったのでしょうけど
ランタナ、忘れましたので、初めて見るように
面白がって、笑っちゃってくださいね)

さて。

新しい、性能の大変よろしい
パソコンにしてから4日目の朝。

ケーブルテレビのウィルス対策の基本ID書類が
見つからなくて、再度送付してもらい。

一昨日までサクサクできていた、webメール画面。
昨日、午後。
なぜか確認画面が立ち上がって、
即、出ていた「メール画面」にたどりつけず。
数回同じことを繰り返して、とうとう
ケーブルテレビのサポートに電話。

若い男性スタッフが「では!」と
私のパソコンのトップ画面を見ながら遠隔操作して
指示してくれることになった。

あれしてこれして、とやっていくと。
私のパソコン画面に赤い線で丸
するする〜とが描かれていく
「あら!」
「今、私が描いています、これで
お教えいたします」
「はい」

前にも一度これをやってもらったことあったっけ。

ここをクリックと小さな赤い丸(手書き特有の
落書きのような)

はいはい
ではこちらを右クリック
はい
ここの画面の丸々を選択
はい
では、ひまわりのHPのここをこうして
はい
あ、だめですね、では
はい

何度かいろいろ試しても迷うことなく
メール画面がすっと出るようにしてくれた

私、何がどうなってこうなったのかわからない。

でも「すごい」ということはわかる!

何のかんのと言っても
パソコンできることは
いいことだ。

「あなた、すごいわねぇ」
「いえいえ」
「あのね、私古稀越えてるのよ。
あなたの指示によくついてきた、と
思いません?」
「あ!そうでしたか。あっはっは〜
そうですか、お見事でしたよ」

彼は初めて「録音されることになっている
慇懃無礼な声音」を解いて、
声をあげて笑った。

5,6分。

大満足。

こういう階段を一つずつ上っていかねば
この子(マイパソコン)を自分なりの
使い勝手よい「状態」にできない。

これほどまでとわかっていたら
買うことにしたか、どうか?


  (閑話休題:
  実は。昨日の朝、鏡を見てギョ!
  左の目の白いところが真っ赤。
  わ!人のを見たことはあるけど。

  検索したら。
  「結膜下出血」ほっといたら
  1〜2週間で消えるという。

  痛くも痒くもないけど、
  多少の違和感。

  思い当たることありの、
  ここ  数日間の普段に
  ないストレスと  
  ダンシングヒーローの仕上げの
  3時間というのが「下敷き」にあって。

  眼精、神経、肩凝りなど
  いろいろあるのを感じない
  ことにしていたら。
  この結果でいらしたわけね)



イヤ、やっぱり買わねばならなかったなぁ。
壊れてからでは、遅かったのだ。

キーボードをさわり、ワードを
打つ気持ちよさったらない。

「パソコン日記」を書く、自由で楽な
ひとときが、たまらない。

と、ブツブツここで
ひとりごとをつぶやいて。

あれれ?ロンドン大好きのトップ画面に
お知らせできないままでも、訪問者が
いつも通りにいてくださる。

心強い!

何の画像を入れようかなぁ?

IMG_7731

再びのコスモスで。


ここを開いてくださった皆さまへ。

「ロンドン大好き」というホームページを
開いてここへ来てくださっていた方は
ほんとにいつもありがとうございます。

このブログ「徒然なるままに」は13年程前に
作って以来、「海外一人旅」を写真ものっけて
遊んできたのですが。

パソコンを「おニュー」にして
ホームページビルダーをインストールしたまでは
よかったのですが、転送に
困難を生じて、結局、このブログのみを
残すことに決めました。

そのことをお知らせする方法がありませんので
ここへいらしてくださったみなさまにだけ
お伝えいたします。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。


ランタナ拝

IMG_7732

せめてのコスモス(笑)



これは、新しい「fujitsu」のパソコンで
書いている。
昨日、新規購入して、
今日、私のパソコンドクターに
出張してもらった。

前の東芝のはかなり性能のいいものだったようで、
それと同等のにするなら
これ!と言われて
そうだなぁ、そうかもなぁと
納得して買った。

お昼からの立ち上げ&
前のマイドキュメントをコピーして
ここに入れる&
ウィンドウズライブメールはもう使えないので
webメールに。

パスワードたら、何度も「何で?!」を
繰り返しながら、3時間余り!!

このブログ記入画面に来るまでにも
一波乱。パスワードが違うとかで再発行してもらい。
メールを読んで、打ち込み。

ようやく、パソコンデスクの上に
鎮座ましましておるこの子。

画面が小さすぎて
打ち込みにくい。

どうして画面いっぱいのにならないのだ?

う〜ん、集中していかなくてはならない
このストレス。

これが多分最後のパソコンになるだろう。

IMG_20180621_163451

デジカメもインストールしなければ。
画像がないので、古いものを再度。

とりあえず、
おニューのパソコンになりまして
多忙で、更新ができなかったことの
いいわけに。

あ。今度、慣れたらこの愛用の
パソコンちゃんを撮ってアップしよう。
きっと、うん、多分。

元気がでたら。

(ぐった〜〜〜)



ある日。
運転中にふと気づく。
あら、あそこにコスモス畑が。

通りすがりの奥の道沿いなので
用事にかまけて
そのまま、家までスル〜。

あ、シマッタ、写さなくちゃの日々。

今日は今日とて
きっと行くぞ!

デイサービスの車が停車していて
車椅子の人たちと背伸びしたり
カメラ向けたり。
「もう暑いから中に入るよ〜」
「秋晴れじゃない、もう少し居ようよ、ね」
「いい空気吸って。ほら、深呼吸」
という若い女性スタッフの声を
聞くと私まで深呼吸(笑)

IMG_7720

IMG_7719


ふわり、ふわ〜とした
このお花の風情が大好き。
茎も細くはかなげなのに
しなやかで、強くゆっくりと開いて
数日で閉じていく
黙ってうなだれて
下向いて

花びらをシュワと落として
蕊だけを残し
まだつぼみのものたちへ
お前さんたち次は頼んだよ
てな終り方


IMG_7729

IMG_7728

IMG_7731

IMG_7725

真っ青の空に吸い込まれそうな
どうということのない
誰も覚えていないような
午後
でも大事な時間
このひとときを
ブログにのっけて
記念に。


IMG_7726

まだちょっとだけ
元気な私がいる


IMG_7732
















そばには公園があって
釣り人たち
散歩する人
芝生に座って食べてる人

小さな自転車が2台ヘルメットを
載せてチョコンとあって


蝶、バッタが飛び
真っ青な空
穏やかに晴れ渡った
日曜日の午後

「日日是好日」
素敵な気分なり

このページのトップヘ