映画大好き人間である。
(って以前にも書いたことあるような
気がしているんだけど)

50年ほど前の、学生時代は、
フランス映画が全盛。
女子寮には、『スクリーン』などの
映画雑誌がサロンに
置いてあった。
カトリーヌ・ドヌーブやアラン・ドロンなどを
楽しんだ。

子育て中、『砂の器』に行きたくて
オットに子守を頼んだこともあった。

よく映画館に行った。
これは見たいと思うとさっと走った。
キャラメルポップコーンと飲み物を手に。

そうやって過ごすひとときが
お気に入りだった。気持ちの全部を
そこに持って行かれている
それが、いい。

最近は。
もっぱら、レンタルだったが
だんだん、ハリウッド系
バイオレンスやサスペンス、
SF、アニメが多くなって。

人間の暮らし、日常を感じられるもの
が少なくなってきて。
ちょっと以前のだけど持っていたいと
思うものを
「Amazon」で買うようにした。
ちょっと、たまった。

映画は、1度だけ見たらヨシ
筋書きだけわかれば、いいと
ず〜っと思い込んでいた。

それが手元において何度かみるうちに
初めて気づくシーンが多く。
これは勘違いしていて
こうだったんだ、というのもあって。

最初のシーンはこうだった?と
びっくりするようなのもあって。

年に2,3回見る。
それもふっと時間が出来たときに
手が出るいくつか(外国のものだけ)を
ここに。

ただ。

もうひたすら
好みのモンダイで。
お薦めしているのでは
決してないけど。

映画好きでよかった、と
この頃しみじみ。

手元にあるものをいくつか。
(ネタ探していて)


magunoria














「マグノリアの花たち」
南部の女性たちの友情というか
日常というか。
出ている女優さんが豪華すぎ。
サリー・フィールド、ジュリア・ロバーツ
シャーリー・マクレーン、ドリー・パートン
オリンピア・デュカキス、ダリル・ハンナ

ジュリア・ロバーツが美しい。

ジュリア・ロバーツのだと
これも。
「ノッティングヒルの恋人」

noteinguhiru


ヒュー・グラントが好きなので
しようがない(笑)
ロンドンの暮らし、公園、どれも
懐かしい。
最後のグラントのインタビューに答える
ロバーツのウィットに富んだ
ユーモアもグ〜。






21EH7BT880L













「モリー先生との火曜日」
原作本もある。
主演のジャック・レモンが秀逸。

生き方、終わり方を教われる。
ジャック・レモンは
『晩秋』(原題 ダッド)もいい。
テッド・ダンソン、オリンピア・デュカキスが
共演。




guddomen













「ア・フュー・グッドメン」
「ほんの少数の心あるよき人たち」
な訳でいいかな?
トム・クルーズ、デミ・ムーアが
美しすぎ。
ジャック・ニコルソンの
怪演ぶり。

koiniotite












『恋に落ちて』は
メリル・ストリープ、ロバート・デ・ニーロ
筋書きが抑制のきいた
状況で、でも止まらない出会いの偶然で出会うべくして
出会ってしまった二人なので
何度見ても、飽きない。

余分な言い訳がない。
それがじれったいほど。
だから、またみたくなる、
飽きない
大人のラブストーリー。










messsaji









「メッセージ・イン・ア・ボトル」
ケヴィン・コスナーがよくて。
ファンなんだね。私。

相手役のロビン・ライト・ペンも
いい。あらすじは、ちょっと、なところも
あるけど、嫌いではない。







320



160






「ショーシャンクの空に」は
男性ばかり。
刑務所の中のお話。
だけど、痛快!


ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンがいい。
筋書きもいい。ティム・ロビンスは
童顔だけれど、195cmの長身。
刑務所のジーンズやシャツがにくいほど
似合う。
どう年数がたってもヘアスタイルが
キマッテいるのは、ご愛敬でOKに
しちゃいましょ。

長いけれど、いつでも
楽しめる。

昨夜と一昨夜。見終えて。
そう言えば。
ティム・ロビンスには
スペイン映画で。
でも英語で全編通した
「あなたになら話せる秘密のこと」という秀逸な
ものがあったことを思い出した。




madison



sim

「最高の人生の見つけ方」は
英語のセリフをサブタイトルで
表示して全部、ノートに書いたこともあって。

日本語訳が、違うブブンも
面白かった。
最後の半年でやりたいことの
「ハッチャケ」ぶりがハリウッドらしいけど
フランス、イタリア、ネパール、
エジプト、インドなど、世界を旅する二人が
楽しかった。

終焉を明るく、見られる。








「マディソン郡の橋」はあまりにも
有名で、映画は本を越えられないと
悟った一つなのだけど。

クリント・イーストウッドが
この作品に惚れ込んで、
メリル・ストリープを相手役に
口説いたというもので。

泣かせる「忘れられない台詞」もあって

「人生にこんなことには、決して
二度と出会えない。
一回きりのことだ」みたいなの。

いいよなぁ。


たった4日間だけの恋は
もうもう切なすぎて。

そう!ロマンチストでないと
映画って楽しめないのかも?(笑)

まだ、あるけど。

今日はこれくらいに
しておこうかな?