2006年04月13日22:08スタンドアップ
f38041dd.jpghttp://wwws.warnerbros.co.jp/standup/

1989年のあのアメリカ北部の町のあの女性たちがいたから、今こうして男女平等なんて言う言葉を掲げなくても、普通に女性として甘えさせてもらえるところは甘えさせてもらい、主張出来る点では主張させてもらっている。同じように職場の仲間として同等でいる。そんな仕事環境を手にしていられる私がいるのかもと思った。
自分の子供をそして自分を自分自身で養っていきたい。そう思う女性が生きていくのには困難だった時代。あの時代から見たら今は十分に環境は整っていると言えるのかも。そして今の社会、そのような立場で困難さを感じるのは男女の差ではなく、二人ではなく一人であることの困難さなのかもしれない。
そんな風に思えるようこの社会。自然といつの間にかできあがった社会ではないんだと。こうした人たちの並々ならぬ屈辱やそれに立ち向かう努力や勇気があったからこそ今の社会があるんだとそう思わせてもらえるこの映画。

実話に基づくというところで見ているだけでも、自然に手に力が入ってきてしまう感じ。

とにもかくにもあの会社は酷い。鉱山という男社会の典型的なような職場だからといっても女性に対する態度が酷すぎる。それこそ集団で行うから行っている側も感情が麻痺していってしまっているのだろうか?家に帰れば奥さんだって娘だっているだろうに、どうして同じ職場の女性にはああいう態度をとるのか?

もし私だったらどうするだろう?私が主人公の女性の立場だったら??そう考えながら見ていた。

私だったらこのような職場に就かなくても大丈夫なようにもっと若い頃から違う道を歩いていったかも。でも今現在。どうしてもこの職場にいなくてはならなかったら・・耐えられただろうか?辞めていたか?女性であることを伏せるようにどんな事にも傷つかず、当たられず、さわられずにいるように息を潜めながらびくびくと仕事をこなしていただろうか?
でもそうしていてもそれでも、あの職場は見つけ出し、引っ張り出し晒し出す。
1989年といえば私が就職する2年前。
2年前に自分のいる会社がこんな状況であったとは思えないけども、それでも私の会社も入社するときは結婚したら辞めるという暗黙の了解が走っていた。(今じゃそんなものは消えてなくなったけど)
あれから17年。あっという間に過ぎてきた時間だけど、17年という時間は決して短いものではなく、社会の認識を変えてくるための時間も過ぎてきたのだなと思う。

この映画、いい男性もいるんだけど、とにかく頭にくる男性が多数登場する。まずは主人公の旦那を殴ってやりたいと思い、その次に彼女の父親(最終的にいい人だったけど)次に上司。それから高校時代のボーイフレンド、次に社長。そしてとにもかくにも許せないのがあの気持ちの悪い高校時代の教師ーーーーーーー!!!!!あんた終身刑じゃん?時効になんかなったら絶対に許さないっっっっ!
観ていると本当に悔しいーーーーーーっっと思うシーンがたくさんあり、そのピークのシーンで隣も隣の席の女性が泣き始め、気持ち分かるわーーー!と知らない人なのに話しかけようかと思ったりもした。
そのせいなのか、エンドロールが終わる前に出て行った男性がすごく多かったような気がするのは気のせいかな?(笑)

そして、ショーンビーンに惚れる映画でもあると思うのは私だけでしょうか?

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. イジメかっこ悪い 「スタンドアップ」  [ 平気の平左 ]   2006年04月13日 22:26
評価:85点{/fuki_love/} スタンドアップ 中々すごい映画でした。 ストーリーは、実話を元にした、鉱山で働く女性へのセクハラの話なんですが、これがすごい。 ストーリーにはなんのひねりもありません、というか、 「ひねりなど不要!!」 って感じの、セクハラの描...
2. スタンドアップ  [ ネタバレ映画館 ]   2006年04月13日 23:32
 悪○じゃないショーン○ー○が○ても○かった。フランシス○ク○ーマン○もオスカー助演女優賞ノミニーがかなり○○だ!
3. 映画「スタンドアップ」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年04月13日 23:51
映画館にて「スタンドアップ」★★★★★ ストーリー: 離婚して故郷の北ミネソタに帰って来たジョージー(シャーリズ・セロン)は2人の子供を抱え給料の高い鉄鉱山で働くことを決心する。しかし、その職場には想像を絶するような男性社員からの嫌がらせが待ち受けていた。 ...
4. 映画館「スタンドアップ」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2006年05月25日 19:58
暴力夫から逃げ出し、子供を育てるために鉱山で働くことになったジョージー。しかし鉱山の世界は男の世界。そこに女が入ることによって男達の卑劣な嫌がらせが始まる。。。 性別差別のような気もしますがこういう世界って男女問わず虐めってありそう。小さな世界で作ら...

この記事へのコメント

1. Posted by ミチ   2006年04月13日 23:56
こんにちは♪
TBありがとうございました。
ハイハイ!
ショーン・ビーン、もともと好きですが、久しぶりの良い人役で嬉しかったです。
包容力に溢れていましたね〜。
この映画のように女性というだけで理不尽な仕打ちを受ける映画を見ていると本当に震えが来るほど悔しくなります。
この映画の感想も怒り心頭になってしまい、映画の本質を見ていないかもしれません(汗)
私ももし自分だったらどうしただろう?と思いながら見ていました。
2. Posted by HISAYO   2006年04月17日 22:26
私はショーンビーンってどうも悪役っていうイメージが強かったのですけどもこの映画でそれも払拭。その後、フライトプランをみてきゃー!ショーンじゃないの〜♪と黄色い声を挙げそうになりました(笑)
私もここにもし私がいたら・・・会社の言うなりになってしまったかなぁとも思いました。
じゃなかったらとっくに根をあげてやめちゃっていたかも(x_x;)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔