イカ東トーク・リバイバル

中年世代のためのページ

豪雨復興のためにお金を落とさねばということで、百名城の1つ、岡山城へ行ってきました。なんでも、三大平城の1つらしいです。

縄張りは、旭川をバックに、西側へ張り出した梯郭式。宇喜多直家の仮想敵国は、西の毛利だったのでしょうね。江戸時代には東の守りを固めるために、後楽園が整備されました。

石垣は、各時代の特徴が残っていて、興味深いです。

建物は、ほとんどが空襲で焼失して残念ですが、模擬天守が、なんとなく雰囲気は伝えてくれます。最下段が不等辺五角形で、上に行くと四角形というのは、面白いですね。

幕末には、慶喜の弟が藩主として入っていたようですが、早々に官軍に降っております。

宇喜多直家がもう少し活躍していれば、もっと発展していたであろう、岡山でした。

続百名城の1つ、鶴ヶ岡城に行ってきました。

鶴ヶ岡城へは、鶴岡駅から徒歩30分程度で行けます。

現在、お城は神社の境内になっていて、本殿に直行できますが、本来のルートに従って、本丸を攻めました。

そうすると、まず現れるのは、大寶館。無料で、鶴岡の偉人について学べます。

いやいや、幕末の庄内藩って、無茶苦茶強かったんですね。当時の日本海側の海運による財力を舐めてはいけませんでした。

そういえば、戊辰戦争のきっかけになった、江戸での薩摩藩邸焼き討ちは庄内藩でした。疑問解決。

続いて、城跡見学。

本丸は神社になっており、見所は少ないですが、裏手に回ると、土塁と水堀がよく残ってます。

しかし、関西の城郭に比べると、はるかに質素。まあ、大きな戦乱が想定されてなかったんでしょうね。

庄内藩を学んだ、鶴ヶ岡城でした。

続百名城の1つ、新高山城へ行ってきました。

言わずと知れた、小早川隆景の居城です。

タクシーで「にいたかやまじょう」へ行ってくださいと言ったら、「しんたかやまじょう」ですよね、と返されました。

事前の予習とは違って戸惑いましたが、とりあえず、そこへ行ってもらいました。


他の予定との都合で、16時半くらいから登城開始。

山城を攻める時間としては遅いですが、危なくなったら、即撤退ということで、攻城です。

入口の看板のところには、山登り用の杖がたくさん置いてあります。この心遣いが嬉しいですね。

杖を取って、出発。

10分くらい、急斜面を登ると、番所跡へ着きます。ここからが、城域のようです。

さらに進むと、寺院跡。今でも、瓦が散乱してます。趣がありますね。

さらに、山を登ると、中の郭へ到着。本格的山城です。ここが、この城の中核になるようです。

少し歩くと、本丸。なかなかの広さがあります。

本丸の先端は岩場で、下界が非常によく見えます。

さらに先端へ行くと、城の説明をしてくれる音声ガイドがありました。

ポチッと押すと、

「にいたかやまじょう」って、思いっきり、言ってました笑


非常に整備された山城でした。

続百名城の1つ、小牧山城に行ってきました。

小牧山城は2回、歴史の表舞台に出てきます。



1回目が信長の居城として。

以前は美濃攻略の前線基地という見方でしたが、近年の発掘により、ちゃんと城だったことがわかってきたています。

実際に現地を見て気づくのが、

山麓から一直線に伸びる大手道

です。あの作りは守りを意識した城ではないです。おそらく、人々の目を意識したんでしょう。圧倒的な存在感です。

さらに、大手側南を向いている

ことにも気づきました。対美濃攻略基地であれば、北向きの城にするはず。この向きは、

神社を意識している

に違いないと思いました。信長は、人々に神のような崇敬の念を抱かせようとしたのでしょう。


2回目に歴史の表舞台に出てくるのが、小牧長久手の戦い。

歴史館で勉強する限り、濃尾平野の東側で睨み合っていたようなんですが、この理解でいいんですかね。

当時、濃尾平野の西側は湿地で大軍が動かせなかったのだろうか…


そんなこんなで、勉強になりました。

以降もそれなりに残っており、桜も綺麗なお城でした。

亀山城へ行ってきました。

行って分かりましたが、ここは東海道の要所なんですね。

さらに、三重県唯一の現存の建物があります。

縄張りもそれなりに残っており、特に搦手などは見応えあり、津城より続百名城に推したい城でした。

このページのトップヘ