私はこの3月で高校卒業30年を迎えました。

振り返ってみると紆余曲折、様々な事があったので、30年があっという間とは容易に言えませんが、光陰矢の如しとは、まさにこのような感覚なのでしょう。

雲ひとつない爽やかな空の下、3月3日に私の母校である麗澤高校で卒業式が行われ、私達30年前の卒業生もその卒業式に招待されて参加してきました。
母校ではこの日をホームカミングと呼んでいます。
IMG_3293
私達が在籍していた頃は全寮制の高校でしたが今は多くの通学生を受け入れており、全寮制ではありませんが、今でも学生寮はあり、その伝統は受け継がれています。

私の父は銀行員だったのですが、小学3年生から中学を卒業するまで、社宅のあった千葉県習志野市に住んでいました。中学3年生の時に父がシンガポールに赴任する事になり、寮のある高校をいくつか検討した結果、柏市にある全寮制の麗澤高校に行く事にしたのです。

全寮制の事を語ると話が尽きないのでここでは割愛しますが、それは、それは、奥深い世界がそこにはあります。

卒業式(正式には卒業証書授与式だった事も何故か新鮮に感じた)のプログラムの中で校長先生や学校関係者の祝辞も素晴らしかったのですが、在校生代表による送辞、卒業生代表による答辞は高校生とは思えないな素晴らしい内容で私自身が大変感動しました。また、私達の期を代表して同期の一人が来賓を代表して祝辞を述べる場面もあり感慨深いものがありました。
IMG_3294
そしてやはり「仰げば尊し」を斉唱した時は、切ない気持ちと共に小学校、中学校、高校、大学とそれぞれ卒業した時の情景が蘇ってきました。
IMG_3297
IMG_3316
また、このホームカミングで忘れてはならないのが、卒業式の後の会食です。
私達が卒業した時にもいただいたのですが、卒業式記念会食では「すき焼き」をいただく事になっています。そしてこの会食にも私達を招待してくれるのです。
IMG_3298
IMG_3304
IMG_3299
卒業生や彼らの保護者、学校関係者に混じり、私達もすき焼きをいただきながら、懐かしい友と思い出話や近況話に花を咲かせました。
IMG_3317
それにしても、すき焼きが本格的に美味しくて感動しました!

卒業式の後は、同期の皆で新しく増築された校舎や新しく建てられた寮の見学をしたり、先生方と歓談をして夕方には場所を変えてホームカミング同窓会に参加して来ました。昼の部よりも更に多くの同期が集まり、また、30年間一度も同窓会に参加した事がなかったり、転校した同期が参加してくれて、時計の針が30年前にタイムスリップしてしまったような楽しくて、不思議な時を過ごす事ができました。
IMG_3312
今回、卒業30周年ホームカミングに参加する事ができて、3つ嬉しかった事を挙げるとするならば以下の3つです。

(1)長年会えなかった友人との再会を果たせた事。
(2)母校の進化を感じる事ができた事。
(3)自分自身が元気に参加する事ができた事。

フレッシュな高校生達を見ながら、当時、私自身は30年後の自分がどうなっていたいと考えていたんだ?と当時の自分に語りかけていました。自分の将来像を描けずに漠然と有り余る力をラグビーに注いでいたような気もするし、また、日本国内だけで仕事をするイメージは描けず、海外で働きたいというボヤっとした夢を持っていたような気がします。

高校を卒業し、大学に入り、卒業後には商社に入社し、想像とはかけ離れた厳しい新人時代を乗り越え、多くの失敗や苦しい経験を経て(勿論、いくつかの成功体験もあり)起業を果たし、今のような仕事(生活)をしているとは想像もしていなかったでしょう。

私は今年49歳を迎えます。
社会人としては、まだ若いという見方もあるのかもしれませんが、私自身はとても焦りを感じています。一つは体の健康です。残念ながら、高校同期の友人2人が病気で他界しています。社会人になってからの友人を考えると残念ながら他界した友人が数名います。50歳を間近に控え、心身共に健康である事が奇跡のように感じています。もう一つは事業の成長です。私は仕事をする上でまずは体力がないと気力も湧いてこない、気力が萎えてしまっては、知力も発揮できないと考えています。従って健康は、当然ですが、事業の成長のためにも最優先事項だと考えています。健康である事が少しづつ難しくなってくる年齢になってくる一方で(幸い今はとても健康ですが)私には55歳までに成し遂げなければならない夢があります。それは、
「日本の中小企業の世界展開の仕組みの土台を作る」というものです。今はこの夢に向かって毎日奔走できる幸せな日々を過ごしていますが、様々な観点で、いつどんな事が発生するか分からないという不安をいつも抱えている事も事実です。

確かな事は人生には限りがあって、時間はかなり限られているという事です。
30年前にはそのような実感は全くありませんでしたが、今では強くそう感じています。1日、1時間、1分、1秒を大切に過ごさなければならないと。

今回、ホームカミングに参加させていただき、様々な事に思いを寄せる事ができました。育ててくれた両親や家族、学校の先生方や仲間達、命を繋いでくれた祖先にも改めて感謝の気持ちを持って初心にかえって頑張ろうと思いました。

最後に同期の皆、再会を楽しみにしています!
ありがとう!

菱沼 一郎

3月15日 10:30ー12:00
大阪マーチャンダイズ・マートにて
第59回大阪インターナショナル・ギフト・ショーにて講演させていただきます。

弊社の新しいサービスです。
創ろう未来、世界に向けて JAPAND

貿易や海外展開などに関しては、以下のお問い合わせフォームから
ご連絡をお願いいたします。
菱沼貿易株式会社 お問い合わせフォーム