内藤久夫の ほっと一息〜日記

山梨のダンボールメーカー・株式会社内藤の社長です。忙しさの中でもほっと一息つけるような癒しのブログにしたいですね。

念願の地へ 2

DSC_7082


私にとって念願の地というだけあってそれほど広い場所ではない
のですがここにはさまざまな撮影ポイントがあります



DSC_7074


特にお気に入りはこの白い木々が並ぶ湖畔の風景です
水面に映る白い影はまるで西洋絵画の名画のようです



DSC_7065


今まで何度も来たいと思っても来ることが叶わなかったのでよけいに
愛着のわく風景です


DSC_7058


そんな場所ですからまた多くの人が写真を撮りに遠くからも足を
運んでいます

早朝だというのに大型バスで団体で撮りに来ている人たちもいます



DSC_7047


そんな魅力的な場所、自然湖です




















DSC_7047

念願の地へ

DSC_7049


長らくブログから遠ざかっていました
一眼レフを久しぶりに手に取って念願の地に行ってまいりました
この景色を撮ってみたかったのです

DSC_7014


鏡のような水面に写りこんだ立ち枯れの木々
背後には紅葉が始まった森の姿
何とも言えない雰囲気があります


DSC_7015


ずっと以前から行きたかったこの念願の地は、長野県の「自然湖」です
自然湖とはまた変わった名前の湖ですが、確かに自然にできた湖
なのです



DSC_7040



ここは1984年に発生した長野県西部地震の際に川が土砂で
堰き止められてできた湖なのです
長野県王滝村の山奥にあります



DSC_7041



念願かなって訪れたこの場所はやはり期待に違わず味わいのある
風景を目の前に見せてくれました
久々の撮影に胸が躍りました

緑の中で

DSCF1067


カメラのレンズにかびが生えてしまうのではないかと思うほど
久しく一眼レフにさわっていませんでした
一念発起して信州の風景を撮ることにしました


DSCF1043


小さな池ですが朝早く行ったらいい景色かと想像して足を運んでみました
幸い早朝でしたので人もいなくて風もなく水鏡になっていました



DSCF1052


風景に癒されそして誰にもじゃまされずシャッターを切ることが
できる至福の時間となりました


DSCF1062


こういう時間が今まで欲しかったなんだなあ・・・
なんてぜいたく言ったら怒られるかもしれませんが



DSCF1068


ともあれ私は緑がなくては生きてはいけないのでこうして
ほんのひと時でも充電できて幸せでした
またがんばれます

わに塚の桜咲く 2


DSC_6665



わに塚の桜、もう少しおつきあいください
この桜は360度ぐるりとまわって見るとさまざまな顔を見せてくれます


DSC_6669


この大きく垂れ下がった枝はわに塚の桜の特徴でもあり
魅力的な姿です

DSC_6661


また足元の小さな花たちも桜と時を同じくして仲良く咲きそろい
この桜の魅力を引き立てています


DSC_6658


どっしとした桜の太い幹と可憐に咲く小さな花たち
なかなかのコントラストです

私は桜の大きな咲き誇る姿も好きなんですが、この足元も花たちも
捨てがたいと思います


DSC_6655


多くの人に愛されるわに塚の桜は韮崎市の大切な宝物の一つです
これからも末永く守っていきます






わに塚の桜咲く

DSC_6641


韮崎市神山町の「わに塚の桜」が咲き始めました
毎年韮崎市民はもとより多くの人が待ち望んでいる桜です


DSC_6645


田んぼの中の小高い丘に悠然とそして孤高の凛々しさをもって
そびえ立つその姿は見る人に感動を与えます


DSC_6639


きょうは空がさえわたり八ヶ岳もすべて姿を見せてくれたので
桜によいコントラストをつけてくれました


DSC_6654


わに塚の桜の足元にはいつも仲間の花たちが彩りを添えてくれています
華やかな桜の花にさらに華やかさを増しています


DSC_6650


まだ二分咲き程度のようすですのでこれからどんどん開花が進むこと
でしょう

明日はライトアップも始まります
多くの方に「わに塚の桜」を見に来ていただきたいと思います

京都の桜 【京都御苑 3】

DSC_6420


京都御苑 近衛邸跡の枝垂れ桜、ブログの読者にはもう
食傷気味かもしれませんが、久しぶりにカメラをもったので
うれしくてバシバシ撮ってしまいました


DSC_6415


なにしろこの桜は見る角度によって姿が大きく変化するので
ぐるぐる周囲をまわって上から下から横からあらゆる角度で
撮ってみます



DSC_6412


この写真のように見上げるようにして撮ったりもします
一つには見物客がたくさんいるのでその人たちを構図の中に
入れないようにする苦肉の策でもあるのですが


DSC_6431


しかし枝垂れのよさはやはり流れ落ちるような枝振りです
横からでないとなかなか雰囲気が出ません


DSC_6427



青空の下、しばし時を忘れてカメラに夢中な私でした



ブログのタイトル変更します

 わけありまして長年使ってきました「ほっと一息〜日記」を改め

きょうから「内藤久夫の ほっと一息〜日記」と変更します

内容的には従来と一切変わりません

従前どおり皆様にはご覧いただきますようによろしくお願いいたします

京都の桜 【京都御苑 2】


DSC_6387


京都御苑の中の数ある桜の中でもひときわ目立つのが
この近衛邸跡の枝垂れ桜です


DSC_6389


京都御苑の北西にある近衛邸跡のこの桜は京都市内の桜の中でも
早咲きでこの季節いち早く花見客を楽しませてくれます
少し赤みがかかったこの桜は御苑の中でも最も美しい桜だと思います



DSC_6401


近衛家は五摂家のうちの一つで摂政や関白を輩出しています
近衛家跡には数多くの枝垂れ桜が咲き乱れていてかつての
栄華を桜で表しているかのようです



DSC_6403


今まで何度も京都の桜を撮影しましたが、近衛邸跡の枝垂れ桜は
私の好きな桜ベスト3に入ります

これからも何回この桜に会えるかわかりませんが、できる限り
会いに行こうと思っています


DSC_6425

京都の桜 【京都御苑】


DSC_6380


まったくカメラを手にすることがなくなってしまい久々の撮影でした
しかもこれまた久しぶりの京都へ弾丸ツアーです


DSC_6479


京都御苑はもともと京都御所を中心に公家屋敷があったところですが
明治時代になり公家が明治天皇とともに東京に移り空き家となってしまい
この地が荒廃しました



DSC_6377


それを憂いた岩倉具視が明治政府に保存を建議し、京都御苑として
環境省が管理する公園として現在に至っています


DSC_6384


ここは東西700m、南北1300mの広大な敷地ですが、この中には
たくさんの桜があり京都の春を代表する桜の名所として親しまれて
います



DSC_6478


このようなすばらしい桜の名所なのですが、何分にもカメラから
すっかり遠ざかっていたためにカメラの操作があまりにも稚拙で
このような不出来なものになってしまいました

あしからずご了解のほど

久和会

DSCF0935


私の後援会「久和会」の青年部・女性部の集いがきょう行われました
これからの韮崎市の市政発展のために何かきちんと残せる催しを
したいということで、パネルディスカッションを行うことにしました
またパネリストの一人にゲストとして女優で韮崎親善大使でまた国立
市議会議員の石井めぐみさんをお招きしました



DSCF0932


私にしましてもこうした催しは初めてでしたのでどのようにするかは
コーディネーターやパネリストの皆さんの流れに任せることとしました


DSCF0954


パネルディスカッションは3部構成で行うこととし、全体の進行を行う
コーディネーターに元韮崎市教育委員長の松本恵子さんにお願いしました

第1部は、「外から見た韮崎市」というテーマで特に石井めぐみさんが
これまでの韮崎市との関わりから感じる韮崎市の姿を軸に話を進めました

韮崎市は市民自身が気がつかない良さがたくさんあり、たとえばそこにいて
ほっとする風景の良さやそこに住む人々の人柄のよさが貴重な財産である
ということに改めてスポットライトが当てられた感じでした

DSCF0972


第2部は、「結婚」がテーマでした
人口問題とも密接に関係のあるテーマで大変難しい問題です
若者の代表として昨年の青年会議所の理事長の秋山謙太郎さん、
神山町の大村実可さんに参加していただきました

今のような結婚に対する若者の姿勢は一端に親や年配の世代の
ネガティブな発言の多いこと、また出会いの機会の少ないことなど
現実的な課題がいくつかあぶりだされました


DSCF0989


第3部は、「子育て」がテーマでした
藤井町にお住いの野田ひろみさん、韮崎市子育て支援センターにらちび
スタッフの齋木美和さんが参加してくれました

お二人とも非常に韮崎市の子育て施策を肯定的にとらえていただき
小学校の給食の自校方式や地域の人たちとのつながりがとても温かい
ところが韮崎のよさであるということをもとに今後の学校の放課後の
地域への開放の課題などが提示されました

いずれにしても2時間という時間の中で皆さんが本当に真剣に議論を
していただき大変中身の濃いパネルディスカッションとなりました

十分にこれらのことを参考に市政に反映してゆこうと思います
参加していただいたすべての方に心より感謝を申し上げます
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ