私の住む町、韮崎市円野町は山梨でも有数の米作地帯です

町の有志の方々が町おこしとして始めたのが平成かかしカーニバルです

すっかり地元では有名になってしまったこのイベント

今年も27日の日曜日から展示が始まりました

 

かかしの里

 

 

 

 

 

 

 

 

米と言えば、たんぼ  たんぼと言えばかかし

といった単純な発想で始まったこのイベントですが

けっこう知名度が上がってきたのです

 

オブジェ

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと田んぼの中に忽然と立つオブジェは、鉄のゲージツ家

くまさんこと篠原勝之の作品なのです

もちろんかかしをイメージしています

 

イナバウアー

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りでしかできないかかしは田舎の風景にぴったりとマッチして

なかなか味わい深いのです

これはイナバウアーかかしです

その年の世相を反映した作品が人気があります

 

ドコモダケ

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはドコモダケ

作ったのはNTTdocomoかと思いきや子供たちのための育成会

 

お祭りの帰り道

 

 

 

 

 

 

 

 

お祭りの帰り道、親子三人の微笑ましいかかしです

簡単そうに見えますがかかしを作るのはすごく労力がかかります

何日もかけて作ったかかしはどれも苦労のあとが伺えます

 

ヴァンフォーレ

 

これはヴァンフォーレ甲府の

マスコット、ヴァン君

ちなみに彼は甲斐犬です

おおかみではありません

念のため

 

 

 

 

 

 

たんぼ

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもかかしが主役のイベントではありますが、本来の

主役である稲は今年は長梅雨のせいかいくらか遅れ気味です

しかし目の前にひろがる稲穂の波はやがてとても美味しい

「武川米(むかわまい)」と呼ばれるブランド米として人々の

舌を楽しませてくれることになります

ここのお米は美味しいのですよ

一度食べてしまったら他のは食べられませんです、ハイ