HISTORY*MIX OUTLET店のblog

マリノアシティ福岡2F HISTORY*MIX OUTLET(ヒストリーミックスアウトレット)店のブログです☆ 海外デザイナーズブランドや名門ファクトリーブランドをいち早く福岡に紹介してきた地元セレクトショップの老舗「HISTORY MIX」。 「1ランク上のクオリティ」「買い替えではなく、買い足しのワードローブ提案」という品揃え、コンセプトはそのままに、アウトレット品を期間限定にて大放出。 「控えめだけど、存在感のある着こなし」を、おしゃれを熟知する大人の女性に提案します。

3月の17日〜20日までの4日間行った
f-joyポイントカード10倍



そんなお買得セールで
大好評だったのがこの子


YANUKのYシャツ


この子の素晴らしさは
前回『春のイチ押しアイテム』で
ご紹介致しましたが




他にもいろんなカラーがありますので
ご紹介したいと思います




YANUK チェックシャツ



1枚でも羽織りとしても使える
ヤヌークのシャツ



ヤヌークのデニムとも
相性が抜群ですね


襟って大事ですよね〜
安心感があります




お色違いでもう一枚

1枚で着たらこんな感じ



スカートにINして合わせてみました









夏には日よけとしても使える
YANUKのYシャツですが


どうしても暑くなって脱いでしまっても



バッグに  ポイッッ


元からシワ感を出しているので
気にせずバッグに入れておけます



お洗濯後もアイロン要らずなので
とっても楽なんです





どんな場面でも活躍してくれる
YANUKのシャツ達



カラーバリュエーションも沢山



是非店頭で着比べてみられませんか?


スタッフ一同お待ちしております



HISTORY*MIX
092-834-9991





今回はmen'sコーディネート
第2弾をお送りしたいと思います



本日ご紹介するブランドは

『MEAN』

2005年、東京にて発表。


『意味にこだわった服作りをしていく』を
コンセプトに立ち上がった
ファッションブランドです


そんな想いがこもったアイテムを
いくつかご紹介致します


ノーカラー テーラードジャケット


2015年にブランドの世界観を
一新し無駄な物を削ぎ落とし
軽量化や機能性をあげた『MEAN』


こちらのジャケットも
無駄なものは一切なく
立体的で着心地のいいライン

高品質の素材にシルエットの美しさは
天下一品です







続いては…
チェスターコート


こちらのコートも
シルエットが研ぎ澄まされています

高品質な素材により
光沢感もより一層UP


コートとアームの部分が
ツートンカラーになってます






最後はこちら
タートルネック ニット


こちらのニットは
高級綿で知られるエジプトコットンに
カシミヤを使ったニットです


お色違いや

クルーネックのタイプもございます




何度もお伝えしているんですが
MEANは着心地が抜群です
それに加えシルエットも絶妙で

外面だけでなく
内面の豊かさも引き出されます


是非、店頭でお試し下さいませ



3月17日(金)~3月20日(祝)

HISTORY✱MIX
マリノア店
f-joyカード
ポイント10倍


春といえばトレンチ
秋にも着れちゃうトレンチ

ということで

トレンチコートはかっこよくキレイな女性を演出してくれるので、この時期外せないアイテムとなりますね


「身長低くて挑戦したいけど似合う気がしなくて…」
「定番を既に持ってるし…」


そんな素敵なお客様
ちょっと覗いてみて下さいませ



低身長152cmでも
コーデ次第で
スラリとちょっぴり高く見せられます


インナーには春らしく
ステラシフォンのブラウスと
ヤヌークのデニムを
合わせました

こちらのトレンチは
とろみ感半端ありません
毎日子どもに怒ってしまう私にとっては
着るだけで癒されて
心も優しくなります
洋服の効果って絶大ですね~



ひざ下ペンシルスカートに
とろみ感のあるブラウス
トレンチ羽織れば
脚長効果

パンツ愛好家のお客様!
このスカートは
久しぶりスカート
一投目にはオススメの履き心地
&着痩せ効果アリでございます✨




シンプルなノーカラーコート
襟付きと違って女性らしい
フェミニンな雰囲気を
醸し出します

卒業、入園、入学式も多いこの時期は
パンツを白にして上下ワントーンも
オススメです



オシャレ基本アイテム
定番のトレンチコート
どんな場所でも雰囲気を壊さずピッタリ合うこと間違いなしっ




3月17日(金)~3月20日(祝)

HISTORY✱MIX
マリノア店
f-joyカード
ポイント10倍


このページのトップヘ