第23回学生発表大会が開催されました。

平成22年2月13日土曜日、産業技術短期大学において第23回学生発表大会が開催されました。
天候にも恵まれ、55名の皆様の参加をいただきました。
午後1時より2会場にてパラレルセッションにて全部で20件(10件×2会場)の発表があり、熱のこもった質疑応答など、盛会のうちの終了しました。

ここに、ご参加いただいた皆様に対して、御礼を申し上げます。

ありがとうございました。

文責:高度情報化技術研究会(HIT研)副会長 飯田尚紀

P1020230_bP1020234_b

P1020242_bP1020255_b

第23回学生発表大会のプログラムができました。

高度情報化技術研究会(HIT研究会)主催 第23回学生発表大会の開催について、ご案内申し上げます。

いよいよ、今週末(平成22年2月13日土曜日)に第23回学生発表大会が、兵庫県尼崎市にある産業技術短期大学で開催されます。

今回は、20件の発表申し込みがありました。

プログラムを載せさせていただきますので、お時間のあるかたは、ぜひご参加ください。

なお、参加については、事前のお申し込みは不要です。

不明な点などあれば、会場校担当者の飯田hit-gakusei-No23iida@cit.sangitan.ac.jp)まで、お問い合わせください。

第23回学生発表大会開催のご案内

高度情報化技術研究会(HIT研究会)主催 第23回学生発表大会の開催について、ご案内申し上げます。

高度情報化技術研究会では、毎年学生発表大会を開催しております。

この学生発表大会は、大学・大学院・専門学校などに在籍する学生を対象にして、日ごろ行っている研究(卒業研究、卒業研修などを含む)を発表し、対外的な評価を得るものです。

特に学部生の発表では、学内などの発表に終わるケースが多いですが、学外発表をすることは、いわば「他流試合」を行うことで、違う分野のいろいろな方々から意見などを得ることができる貴重な場といえます。

この発表会は、高度情報化技術研究会の会員でない場合もご発表いただけますので、該当する学生がいらっしゃいましたら、ぜひ、お声がけいただきますよう、お願い申し上げます。


★日時 平成22年2月13日(土曜日) 午後1時~午後5時(予定)

★場所 産業技術短期大学 兵庫県尼崎市西昆陽1-27-1
 URL:
http://www.sangitan.ac.jp/
 会場へのアクセスは、上記Homepageにてご確認ください。

★担当者 産業技術短期大学 情報処理工学科 飯田尚紀 
e-mail :
iida@cit.sangitan.ac.jp

★参加費 無料。

★発表時間 1件につき、発表12分 質疑3分。

★設備
 発表会場には、PCとプロジェクタ、PowerPoint2003がセットアップされていますので、ご利用いただけます。発表会場のPCをご利用になる場合には、USBメモリやCD-ROMにてデータをご持参ください。また、ノート型PCの持込も可能です。
詳細は、お問い合わせください。

★発表申込先
 担当者の飯田尚紀まで、電子メールにて( 
iida@cit.sangitan.ac.jp )お申込ください。

★申込内容
 発表者氏名
 所属
 発表題目
 連絡先電子メールアドレス
 発表概要(300字程度)
 使用予定機材(プロジェクタ、OHP、ビデオ)
 発表用コンピュータ(装備PC利用、PC持込)、

なお、「発表者氏名、所属、発表題目、発表概要(要旨)(300字程度)」は、当日資料として、プログラムと一緒に配布する予定です。

★申込締切
平成22年2月1日(月) 午後5時

★予稿集
 本発表会では、CD-ROMにて予稿集を発行します。 執筆要綱については、本文末を参照ください。

(予稿集原稿締め切り:平成22年2月7日必着。担当者まで。)

★その他
 ご不明な点などありましたら、上記担当者までお問い合わせください。

★学生発表大会予稿集執筆要項
1) 原稿はA4とし、図表込で6枚を超えないこと。なお、発表申込者には、サンプルファイルを送付する。
2) 原稿は、PDF形式にて提出すること。ファイル名は「発表者名.pdf」とする。
(「発表者名」はローマ字で半角にすること。例:iidanaoki.pdf)
3) 原稿には、適宜小見出しをつけたり、図表は適宜縮尺を行うなど、読みやすい工夫をすること。
4) 原稿の1頁目の5行以内に、題目、氏名、所属を書き、発表概要(要旨)を300字程度、6行目から書くこと。本文は、発表概要(要旨)の後、2段組にて書くこと。
5) 印刷時のマージンは上下左右とも2cm 以上とする。
6) 原稿は、締切日までに下記の電子メールアドレスへファイルにて送付すること。ただし、1通のメール対する添付ファイルの容量が合計で3MBを超える場合には、CD-RやUSBメモリなどのメディアにて下記住所に送付すること。送付されたメディアは、発表当日返却する。なお、本年度は予稿集をPDF形式にてCD-ROMで配布する予定である。
7) 予稿集原稿締め切り:平成22年2月7日必着。(郵送の場合も同様とする)。


原稿送付先:
〒661-0047 尼崎市西昆陽1-27-1
産業技術短期大学 情報処理工学科 飯田尚紀
Phone:06-6431-6246 FAX:06-6431-7992
電子メール:
iida@cit.sangitan.ac.jp



よろしくお願い申し上げます。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ