2014年07月

梅雨明けしたとたんに暑い暑い!
 
周りには、工場エアコン効いてるんでしょ~と言われますが・・・・・
 
機械のためです! 精度のためです!
 
なんつって・・・・・
 
 
よく20度で測定と言われてますが・・・・
 
正直、この時期の20度は寒いです・・・・ので適温です。
 
測定温度を合わせると、どこで測ってもみたいなもので・・・・基準です。
 
実際、何メータもある品物や10000分の1~2みたいな品物じゃない限り・・・・問題ないと思います。公差もあるので・・・・
 
と加工屋が言ってしまったらダメなのかな~
 
エンジンなど、材質の違う物が多数、組まれて温度が上がる所など
実際の使用時には、どの位のクリアランスになっているの?
なんて気がします。
 
部品製作時には悩みどころです。
部品単体ではこの材質の膨張率は・・・・
でも、この材質に組まれると、こいつの膨張率は・・・・・
押されたり、引っ張られたりするよな~・・・・なんて・・・・
 
 
 
話は戻って、測定具はコンディションが大切。
それを、チェックするには校正用のゲージも大切です。
 
中古の測定具は注意してみて下さい。
 
 
そういえば・・・・・
むか~し昔、会社勤めだったころ、
誰かが測定具を落としたり、ぶつけたりしちゃうんですね。
それは、しょうがないとして・・・
それを黙っていて、それを知らずに次の人が・・・・・
気づけばよいが・・・それもスルー
そして、最終検査でNG・・・・・・・・すればよいが・・・・・
測定具をチェックすると測定面が・・・両サイドで0.01違うなんて・・・
ありましたね~(違ってると思ってないから通常の公正しかしないし)
黙ってた人がいけないのか・・・黙っておこうと思う職場がいけないのか・・・
 
その測定具は基本、ポイなのですが・・・
 
今どきは・・・・そんなん、ちゃんとゴミ箱にいってるのか?と思ったりして
 
あっ 黙ってたの私じゃないですよ。私はちゃんと逆ギレします。
 
 
 
そんでもって交換です。 
 
前置き長かったですね~
 
すみません
 
イメージ 1
 
シリンダーはどうしてもスライドしてしまうので、測るものにもよりますが
減ってしまいます。
ルーペで見て球体がおかしかったら、かえちゃいましょう。
高いものでは無いので・・・
 

なんで、軽の貨物は2年車検なのに~
 
なんて、言ってもしょうがありませんけど・・・・・・・
 
イメージ 1
 
 
一年は、面倒ですね~
 
まあ、ノーマル車両ならあまり面倒ではないのでしょうが・・・・・
 
車高戻したり、タイヤ替えたり(LTタイヤに)・・・・・
 
 
しかも、現在
事情があって、こんなことになってます。
 
イメージ 2
 
最近、おかげさまで
とてもバタバタしており自分のをやってる暇が・・・・・
 
もっと早めにスタートさせるつもりが・・・・
1~2日で一気に着けるもんつけて・・・ってな感じで・・
 
車検に受かるためのもろもろも、
セットアップもとりあえずって感じで・・・・・・
 
陸事に・・・
 
イメージ 3
 
 
本日は、なかなか混んでるぞ・・・
 
この暑さの中クーラー無いから並んでると・・・・しんどいぞ~!!
 
うだりながらも・・・合格
 
すぐに工場戻って機械をまわさなきゃ・・・・
 
 
 
 
何時になれば・・・・
仕上がるのでしょう・・・・・っま、とりあえず走るから良いか・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
サイズが無いということで・・・・・
 
無ければ作ればいいということで・・・・
 
製作依頼です。
 
イメージ 1
 
                         一番右のは寸法取りです。
 
 
 
お待たせしました。
 
ばっちり、決まると良いですね。
 
ありがとうございます。

お待たせしました。
 
アクスルシャフト
 
出来上がりました。
 
イメージ 1
 
 
 
クロモリ、熱処理でしっかりかっちりです。
 
ナット部分はジュラルミン製&アルマイトです。
 
ありがとうございます。
 
 
 
 
 

↑このページのトップヘ