3連続でクロエってのもどうかと思ったのですが、


いーじゃん!

好きなんだから。


って事で、

とりあえずKICK-ASS 2、

ですかね。





画像1

KICK-ASS 2 (2013年 米/英)

キック・アス ジャスティスフォーエバー

103分

日本公開は2014年。


出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ジョン・レグイザモ、ジム・キャリー

監督:ジェフ・ワドロウ
脚本:ジェフ・ワドロウ
コミック原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミータ・Jr
製作:マシュー・ヴォーン、アダム・ボーリング、タルキン・パック、デヴィッド・リード、ブラッド・ピット
製作総指揮:トレヴァー・デューク・モレッツ
音楽:ヘンリー・ジャックマン、マシュー・マージェソン



これ、製作総指揮ってトレヴァーなの?

マジで?

クロエちゃんの兄貴ですよね。

う~ん…


まぁいいや。



さてさて、

15歳のクロエなんですが、

HIT-GIRLが少々パワーダウンしているかな。

その代わり、主役のKICK-ASSとのバランスがとれている気もします。

まだまだ圧倒的にHIT-GIRLの方が強いっスけどね。





画像1

アクションよりも話を重視しているのか、

KICK-ASSとHIT-GIRLの存在意義を追求した作品に仕上がっている感じですかね。





画像1

物語の展開上、HIT-GIRLを封印されているってのもあって、HIT-GIRLのマスクをしていないクロエが多いですな。


マスクをしていないクロエが多いのは、それはそれでGOODなんですが、

やはりHIT-GIRLの魅力が半減してしまっているのはとにかく残念な限りです。




このKICK-ASS 2では、





画像1

クリストファー・ミンツ=プラッセ扮するマザー・ファッカーが妙に面白い!


敵なんですけどね。


THE アクションコメディー映画の悪役って感じがいいっス。


アクションコメディーとはいえ、シリアスな部分が全く欠けているというわけでは無いところがこのKICK-ASSシリーズがウケている要因の一つかもしれないですな。


他には、

ジム・キャリーなんて久しぶりに見ましたよ。



KICK-ASS 2は前作よりも10分以上短くて、103分。

総合的に見て、前作の方が見応えがあるかな。


作品が良くなるか、悪くなるかってのが2の難しいところではありますが。




あぁっ、

そーだった。


VILLAGE VANGUARDでこんなの見つけましたぜ!





画像1

KICK-ASS 2のフィギュア。


アメリカ物にしては結構リアルな方だと思いますぜー、これ。

特にマザーファッカーの顔はクリソツっス!



できれば前作の、ちっこい方のHIT-GIRLが欲しいんだよなぁ。





さ~てさて、

もしも3を撮るなら、いつ頃になる予定ですかねぇ。


次は20歳を過ぎたクロエだろうか……


もっと早く作って欲しいと思う今日この頃です。





画像1

I'M HIT-GIRL!