マーティン・スコセッシが監督した映画ですよね。



当ブログでは、まだ映画を観た事が無い人の為に、

なるべく、

極力、

突っ込んで内容を公開しないようにしているつもりなのですがね。


超簡単な内容程度。


必ず、と言うか、

絶対居ますからねぇ、まだ観ていない人って。



この映画、

クロエが主演というわけでは無いのですが、

登場時間がそこそこあるので、

クロエカテゴリーに入れておきました。


映画としてのジャンルがイマイチよくわからないってのもありますなー。


ドラマ映画ってやつですかね。





画像1

HUGO(2011年 米・英)

ヒューゴの不思議な発明


日本での公開は2012年。


出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ベン・キングスレー他

監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジョン・ローガン
原作:ブライアン・セルズニック
製作:グレアム・キング、ティム・へディントン、マーティン・スコセッシ、ジョニー・デップ
製作総指揮:エマ・ティリンガー・コスコフ、デイヴィッド・クロケット、ジョージア・カカンデス、クリスティ・デムロウスキ、バーバラ・デフィーナ
音楽:ハワード・ショア



ヒューゴの不思議な発明って邦題なんスけど、


変。


ヒューゴが不思議な発明をしたわけでは無いっスよね、

これ。



じゃあどんな映画よ?

って聞かれたら、



簡単に言ってしまうと、

ジョルジュ・メリエスの映画にまつわる話ですね。





画像1

月世界旅行とか作った人。



ヒューゴの不思議な発明は、

スコセッシ映画の中でも、比較的評価の高い作品ですな。


この映画には2Dと3Dがあって、

何故3D?

とも思ったのですが、


成る程、

2Dの方を観て納得しました。


2Dを観ても、明らかに3Dを意識した作り。

一度3Dの方も観てみたいと思いましたぜ。


映像も綺麗で、割とスリルのある映画だし。



ヒューゴを演じたエイサ・バターフィールドは子役ながら名演ですな。


イザベル役のクロエは12、3歳ってところですかね、

なんか、だんだんとふっくらしていく過程って感じですなー。





画像1

髪型はイマイチなんだよな、

クロエ。