映画館にポップコーン。


必ずあるんですけどね。


なんかモロにアメリカ的な気がします。


映画館の飲食物は高いっスけどねー。



さて、

ダーク・シャドウですな。





画像1

DARK SHADOWS(2012年 米)

ダーク・シャドウ

114分


出演:ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、エヴァ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・グレース・モレッツ、ベラ・ヒースコート、ガリー・マクグラス

監督:ティム・バートン
脚本:セス・グレアム=スミス
原案:ジョン・オーガスト、セス・グレアム=スミス
原作:ダン・カーティス
製作:ティム・バートン、グレアム・キング、クリスティ・デンブロウスキー、ジョニー・デップ、デヴィッド・ケネディ、リチャード・D・ザナック
製作総指揮:ナイジェル・ゴストゥロウ、クリス・レベンゾン
音楽:ダニー・エルフマン



ジョニー・デップとティム・バートンのコンビですよね。


長年一緒にやっているわけですが、

とにかく怪人モノが多いですなー、このコンビは。


ジョニー・デップとティム・バートンの新作、

と聞いただけで、また怪人モノだと容易に想像が出来るってものですよ。





画像1

魔女アンジェリーク・ブシャールによってヴァンパイアにされ、更には生き埋めにされていたバーナバス・コリンズ。


200年後に外の世界へ出てみれば、かつての栄華は微塵も無く、

アンジェリークの策略によって一族は衰退没落。


バーナバスがコリンズ家復興を目指す!


みたいな話なんスけど。



変な役が多いジョニー・デップは既に怪人役がハマり過ぎているので一先ず置いといて、


今回は同じく変な役が多いクロエの方ですかねー。





画像1

コリンズ家の現当主、エリザベス・コリンズ・ストッダードの娘、キャロリン。


多感な15歳を演じてます。

反抗期的な。



そのキャロリンなんスけどね。





画像1

ぎゃああぁあぁぁーっ!

恐ええぇぇえぇーっ!


やっぱり変な役が多いっスな、

クロエは。



映画の本数的に、

怪人役はジョニー・デップには到底及ばないものの、

10代でこれ程変な役が多いってのも、ある意味凄い!

それゆえに目立つ。


海外の10代の役者ではやはり飛び切り目立ちますよねー。


日本の15歳とは存在感が違うよなぁ。


まぁ、クロエは15歳くらいまでがメッチャ可愛いんスけどね。





画像1

やっぱイイっスなー、

クロエ。