ジャックと天空の巨人。



はっはっはっ!


クロエ・グレース・モレッツの方ね。


同名の映画が他にあるのですが、

今回は残念ながらクロエの方。



しかし、


う~ん……


何?

この映画。



駄作!


退屈!


超子供向け!


無理矢理クロエの名前を入れたってのが見え見え。


クロエファンがクロエを見る為だけにあると言ってもいいんじゃね?


そんな映画。





画像1

JACK AND THE BEANSTALK
(2010年 米)

クロエ・グレース・モレッツ
ジャックと天空の巨人

94分


出演:クロエ・グレース・モレッツ、コリン・フォード、クリストファー・ロイド、ジェームズ・アール・ジョーンズ、チェビー・チェイス

監督:ゲイリー・J・タニクリフ
脚本:フリップ・コプラー、シンディ・マーカス
音楽:ランディ・ミラー



誰でも知っている、ジャックと豆の木の話なんですけどね。



酷い!


せっかくクロエが出演しているのに、

こんなのが許されるのかっ!


って激怒したくなりますねー。





画像1

映画は酷いっスけど、

救いはやっぱりクロエですね。


2010年公開って事は、撮影はいつ頃だったのか?

ってのが気になるんですが、

KICK-ASSの公開も2010年だったと思います。


撮影から公開まで、1~2年の間が空くってのは普通で、

公開直前のプロモーションでは、子役などは大分成長していたりもするわけですな。


この映画のクロエは、

ちびクロエには違いないのですが、

KICK-ASSの頃と若干違いがあるような、無いような。

かなり微妙っスけど。





画像1

もうね、

とにかくつまらないわけ。



スゲー盛り上がるわけでもないし、

特撮がスゲーってわけでもない。



退屈!


94分でさえ長く感じる程に退屈な映画でしたぜ。


ガッカリ映画ですね。




もう一度言いますが、





画像1

クロエを見るだけの映画っス。


髪型がなんか可愛いよねぇ~!