かなり久々の更新な気がします。

別趣味のブログがそこそこ忙しかったので大分間が空いてしまいました。


今回、たまたま時間潰しで入ったブックオフでDVDを発見したんですよね。


おっと、こいつはクロエちゃんの出演作だったぜ、

しかもまだ観たことが無いぜっ!


というわけで購入。


まぁ、A級な作品でも無いですけど。





画像1

Texas Killing Fields(2011年・米)

キリング・フィールズ 失踪地帯

105分


出演:サム・ワーシントン、ジェフリー・ディーン・モーガン、クロエ・グレース・モレッツ、シェリル・リー、スティーヴン・グレアム、ジェシカ・チャステイン、アナベス・ギッシュ、ジェイソン・クラーク他

監督:アミ・カナーン・マン
脚本:ドナルド・F・フェラローネ
製作:マイケル・マン、マイケル・ジャッフェ
製作総指揮:ビル・ブロック、ポール・ハンソン、ジャスティン・トムソン、アンソニー・J・A・ブライアン・Jr.、イーサン・スミス、マイケル・オホーヴェン
音楽:ディコン・ハインクリフェ





画像1

超簡単に言ってしまうと、

キリング・フィールドと呼ばれる危険地帯で発生した少女連続失踪殺人事件を追う刑事マイクとブライアン。

ブライアンが気にかけている保護観察中の少女アンもまた事件に巻き込まれ…


みたいな話。


実話を元にしているらしいですが、

ありがちなネタ。

この手の話はアメリカ映画に限らず世界中にいくらでもありそうなくらいありがち。

しかも地味。

サム・ワーシントンも出演しているのに地味過ぎる作品です。





画像1

熱血刑事!というほど熱血でもないですが、そこそこ熱血刑事のマイク・サウンダーにサム・ワーシントン。





画像1

相棒のブライアン・ヘイはジェフリー・ディーン・モーガン。





画像1

何かとブライアンに心配されているリトル・アン・スライガーにクロエ・グレース・モレッツ。


他キャストは内容が内容なので、そこそこ地味。

辛口な評価をすると、サスペンス感も無く、盛り上がり所も無く、単発モノのTVドラマ的な作り。

時間も105分と短い方。


何しろ連続殺人事件の緊迫感に欠ける。

もう少しなんとかならなかったものかと残念極まりない作品。





画像1

クロエちゃんの寂しそうな表情が秀逸ではありますが、

この頃はまだたっぷりと脂肪が着く前のクロエちゃんですな。


ナイス!