ポール・ニューマン

Paul Newman

今は亡き、大好きな俳優。





画像1

ポール・ニューマン。


カッコイイっス!


本名:PAUL LEONARD NEWMAN

1925年1月26日生~2008年9月26日没

国籍:アメリカ合衆国

活動期間:1954年~2007年


出演作についてはあえて深く突っ込みませんが、

簡単に幾つかを挙げると、


ハスラー
暴力脱獄
明日に向って撃て!
ロイ・ビーン
スティング
タワーリング・インフェルノ
スラップ・ショット
評決
ハスラー2


などなど、他多数。


名作と呼ばれる作品が幾つもありますね。


個人的には暴力脱獄やロイ・ビーンなんかは結構好きだったりします。



レースにも参加し、かなりの好成績でもあるポール・ニューマンは、日産の6代目R30型スカイラインのCMに起用されています。

スカイラインは代々、ケンメリやジャパンなどという愛称があり、

このR30型スカイラインは、広告展開上ニューマン・スカイラインと呼ばれることになります。

しかもポール・ニューマンのサインが入っている物もありましたね。





画像1

当時、メッチャ欲しかったですなー、

結局購入できませんでしたがね。




ポール・ニューマン。


とにかく大好きな俳優です。


今の若い人にも是非観て欲しいですなー。





画像1

渋いっス!


渋過ぎるっス!

暴力脱獄

ポール・ニューマン主演作の中でも、評価の高い映画ですね。


賛否両論でもあります。



個人的にはお気に入りの一本ですな。


近頃はテレ東の昼頃から放送している映画を除いて、

いわゆる映画劇場的な番組が極端に少ない。


DVDやBlue-reyが簡単に手に入る時代だから、

ってことが大きな要因であろうと推測されるわけですが、

昔はかなりたくさんありましたよね、映画番組。


この作品を初めて観たのは深夜の映画番組でした。





画像1

COOL HAND LUKE(1967年 米)

暴力脱獄

126分


日本公開は1968年。


出演:ポール・ニューマン、ジョージ・ケネディ、J・D・キャノン

監督:スチュアート・ローゼンバーグ
脚本:ドン・ピアース、フランク・ピアソン
原作:ドン・ピアース
製作:ゴードン・キャロル
音楽:ラロ・シフリン





画像1

主人公ルークを演じるのはポール・ニューマン。


体制に反抗する男の物語ですね。


ガッツな奴です。


かつて戦場では数々の勲章を得た男、ルークは、ある日酒に酔ってパーキングメーターを壊し、刑務所に収監される。
刑務所では過酷な労働が課せられ、所長や看守は囚人達を力で支配している。
だがルークは権力に屈せず反体制を貫く!


って話なんですけどね。





画像1

元々収監されていた囚人は新入りのルークに冷たいわけですよ、

囚人の親分的な奴とか。


しかし、ルークのガッツに、

次第にみんなが惹かれていくんですね。





画像1

囚人を仕切っている親分格と殴り合いをしたり、

卵の大食い競争をしたり、

スキあらば脱走したりと、


とにかくガッツな奴なんですよ。


脱走してもまた捕まって戻されてしまうわけですが。




そして最後の脱走でルークは……



是非にも観て欲しい映画っスね、

暴力脱獄。



ガッツな奴だよ、まったく。

明日に向って撃て!

BUTCH CASSIDY
AND THE
SUNDANCE KID


ですな。



ご存知、

明日に向って撃て!


漢の映画っス!





画像1

BUTCH CASSIDY
AND THE
SUNDANCE KID(1969年 米)

明日に向って撃て!


110分


日本公開は1970年。


出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス

監督:ジョージ・ロイ・ヒル
脚本:ウィリアム・ゴールドマン
製作:ジョン・フォアマン
製作総指揮:ポール・モナシュ
音楽:バート・バカラック
主題歌:B・J・トーマス
「雨にぬれても」



たまりませんね。


スティングの数年前に、

ニューマンとレッドフォードのコンビで製作されているわけですが、

頭脳のブッチと早撃ちのサンダンスが無茶苦茶ハマってます。


ウエスタン物でやんちゃな強盗映画。


アメリカのウエスタン物というと、

日本でいう時代劇に当たるわけですが、

ハラハラ・ドキドキ感も実にGOOD!





画像1

レッドフォード演じるサンダンス・キッドとニューマン演じるブッチ・キャシディ。


当時若手のロバート・レッドフォードもいいっスけど、

やはりポール・ニューマンいいっスね。


この頃はレッドフォードもまだ無名だったのですが、

こんな映画に出演してしまったら、

一気に知名度が上がりますぜー。





画像1

エッタ役のキャサリン・ロスもいいですねー。

役者陣には何の不満も無し!


ですよね。



実はこの映画、

関連作品が他に2つあって、


一つは続・明日に向って撃て!

もう一つは新・明日に向って撃て!


続の方は、キャサリン・ロス主演で一作目の正当な続編になるのでしょうかね。

新の方は、ニューマンとレッドフォードではない別の俳優を起用しての、一作目よりも少し前の話。


だったような記憶があります。


新の方の俳優が誰だったかってのが全く思い出せない。


どちらも一回程しか観ていないのでイマイチ記憶が定かではないですなー。



観た事が無い人は色々探してみて下さい。



出来の方は、

やはり一作目には到底及びませんが。





画像1

カッコいいシーンですよね。


結構色々な作品にパクられてますな。



昔、少年マガジンで連載していた、

"バツ&テリー"の最終回でもこのシーンをパクっていましたねぇ~。


まさに名作っ!

スティング

この映画を観た事が無い人は、

今すぐDVDかBlue-Rayを手に入れるべし!


超名作中の名作!


詐欺師による騙しの映画ですね。


劇中の展開に、観ている方まで騙される。


とんでもない映画ですな。





画像1

THE STING(1973年 米)

スティング

129分


日本公開は1974年。



出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、ロバート・ショウ、チャールズ・ダーニング

監督:ジョージ・ロイ・ヒル
脚本:デイヴィッド・S・ウォード
製作:リチャード・D・ザナック、トニー・ビル、マイケル・フィリップス、ジュリア・フィリップス
音楽:スコット・ジョプリン、マーヴィン・ハムリッシュ
主題歌:「ジ・エンターテイナー」





画像1

ポール・ニューマン。


渋いっ!


いいっスね、ポール・ニューマン。

大好きです。


ポール・ニューマン主演の映画は相当観ていますね、

全て観たと言えないのが悲しいところではありますが。


大ファンなので、

ポール・ニューマンでカテゴリーを一つ作ってしまいましたぜ。


いずれまた確実に扱う事になりますねー。





画像1

ロバート・レッドフォード。


甘いマスクのいい男。


ニューマンとは明日に向かって撃て!以来ですかね。


公開年は明日に向かって撃て!の方が早いのですが、

先にスティングを取り上げてしまいました。


ニューマンとレッドフォード、

この二人は黄金コンビですな。





画像1

ロバート・ショウ。


この人も出ているんですよねー。


これまた渋いっス!


役者だけでもたまらんのに、内容が凄いですからねぇ、この映画。



映画としてのジャンルがよくわからないっスな。



騙し騙されなので、

コメディー?



まぁ、いいか。





画像1

超名作っ!

ギャラリー
  • シン・ゴジラ
  • シン・ゴジラ
  • シン・ゴジラ
  • シン・ゴジラ
  • シン・ゴジラ
  • シン・ゴジラ
  • ゴジラVSキングギドラ
  • ゴジラVSキングギドラ
  • ゴジラVSキングギドラ