20180916 C125お披露目ミーティング・・・の前にちょっと唐揚

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ 

お仲間ぢょんさんのC125が納車になり、夕方にライコランド東雲店でY子さんに見せびらかすというのでお邪魔しに行ってきました。
が、その前にちょいと唐揚定食を食いに片品村まで行ってきたのでサラッと(←どっちがメインだ!?)。


まだ暗い朝四時、なんとか雨も降ってないのでボチボチ出発。
DSC_04501 

唐揚屋を強襲するらしい肉食一味と待ち合わせの熊谷へ向けトコトコと。
単独行の気安さでペースも上がるし面倒なんでセブンも寄らないので思いの外早く着いちゃいそうなので寄り道。


忍城址、まだ開いてないけど。
DSC_04511


で、行田の鉄剣タローです。
DSC_04521 


アサメシに自販機うどん300円。
DSC_04531 

この時点でまだ6時過ぎ、「みんどこ」を確認すると八馬力小隊隠密隊員ヘラさんの機影発見。
そろそろ来るかな~と鉄剣タローを出るとちょうどヘラさんが通りかかり、捕獲して2台で熊谷へ。


目的地直前で給油。
DSC_04541 


んで6時半頃に熊谷のファミマ着。
BlogPaint 


ほどなくドヤドヤと肉食一味登場。
BlogPaint
セルフモザイクけんじさん、サングラスと飲み物で顔を隠すMさん、電柱の影に顔だけ突っ込むけんじ2さん、しし丸さんは店内へ、皆さんブログ用被写体心得をわきまえてらっしゃる。
あれ?ガンビーさんはどこだ?


さてそれじゃ行きますか。
BlogPaint
先頭は肉食魔王けんじ氏、二番手隠れ大食いしし丸氏、三番手魔王一派にしてはおとなしめなけんじ2氏、四番手小食なのに魔王一味の大番頭M氏、五番手八馬力小隊員だと言われるのは不本意らしいヘラ氏、六番手私、ケツ持ちはいざとなったら高速に逃げ込めるマジェのガンビー氏、終始ほぼこの隊列での進行。


途中なにやら地味なお店に。
line_1537056689686 

このステッカーが欲しかったらしいです。
著作権とか意匠登録とか・・・
line_1537056674120 


これから向かう山方面は怪しい雲行き。
line_1537056931366 


ちょいと走って・・・ココハドコ?
DSC_04591 

はは~ん、ダムだそうです(←興味無し
line_1537059561853 


世を儚んでダイブ、じゃなくてダム撮影中ガンビーさん。
DSC_04601 


晴れてきた。
DSC_04611


そこからまたちょっと走って吹き割りの滝。
観光用駐車場は避けて横っちょからチラ見に向かう。
何か書いた札が下がってるように見えるけど気のせいです。
DSC_04621 


オープン間もない片品村の道の駅で時間調整。
ソフトクリームはデザートじゃなくて前菜。
DSC_04631 


頃合いもよし、唐揚屋突入。
DSC_04641 


唐揚屋じゃなくて普通のお食事処なんですが、唐揚が有名らしいので皆で唐揚定食を注文。
普通盛り850円。
DSC_04671 


肉食魔王は中盛り、これでも大盛りよりかなり少なめ。
BlogPaint 


ん、美味しかった。
DSC_04681 


大量の米と格闘する肉食魔王。
同じく中盛りを頼んだ向かいのしし丸さんはアッサリ完食なのに・・・魔王も年には勝てず?
BlogPaint 

「食ったど~!」
魔王目がマジです。
BlogPaint 


食ったメシの盛りがそのまま横向きに。
BlogPaint 


さて、メシも食った事だし解散です。
東京西部へ帰る魔王一味とお別れし、一路江東区東雲を目指します。
ほぼ止まらずに走ってたため写真無し。
わたらせ渓谷沿いのR120で分かれた後はR122、R50、佐野から県道9号、通称ダンプ街道で渡良瀬遊水地脇を抜けR356、R4、広域農道から江戸川堤防沿いを南下。
連休中なのでサンデードライバーがヘタクソな運転で狭い抜け道に入るもんだから流れが極めて悪し。
やっとライコに辿り着いたのは18時20分頃。


待ってていただいちゃったようで。
ぢょんさん、Y子さんと芝の隆さん、Kon3さんもおられました。
BlogPaint  


こうして見ると同じ系列の車種とは思えない。
DSC_04731 

旧クロスと並べるとボリューム感があります。
が、跨るとコンパクトにまとまっていて足着きヨシ。
DSC_04741 

初めて見る実写を細々と観察させていただきましたが、やはり値段相応に手がかかってる感じは受けます。
ソツなくまとまり過ぎてて、バランスを崩さぬようカスタムするのは難しいかも。
エンジンからはメカノイズなんか全く聞こえません。
ちょいと高級な四輪並みの静けさにビックリ。
隣でガチャガチャ賑やかなクロスが一層ポンコツに感じちゃいます。
ぢょんさんは早速何やら手を加えられるようで、近々ドック入りだそうです。


とまぁ朝から390Kmばかり走った一日が終わりました。
魔王のてるてる坊主が功を奏したか雨にも降られず、夕方の都内以外はまずまず快適な陽気で楽しめました。
次はまた楽して近場で鍋かな~なんて考えてます。
22日の土曜の晩にでもと思いましたが、天気が悪そうなので9月29日(土)の夜にしようかと思います。
ぢょんさんのC125のドック入りが被らなければC125お披露目パーティーになるかも。
昼間はまだ暑さも残ってますが夜なら鍋も美味かろうってんでいつもの暁ふ頭で。
十月以降はバイク日和になってきますしイベントも目白押しなので、九月末の週末の夜に作戦会議&情報交換でもいかがでしょ。


























 

指令 16日(日)の肉食獣の行動を監視せよ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ 

カブ村に棲息する肉食のケモノが某激盛り唐揚に挑戦するという情報をGET。
肉食獣け○じ氏は手下数名を引き連れ、地元から遠く離れた群馬県は片品村というところまでその食欲を満たすために遠征するらしいと。
1
肉食獣一味。

そこで我が小隊にその行動を監視せよとの指令が下されたわけである。
人類の未来に関わる重大な任務のため、当然小隊全力での出動を画策したのであるが、我が小隊で唯一肉食獣に対抗しうる石さん隊員は土曜の夜に仕事という他任務が割り当てられてしまい「俺パス」とのつれない連絡。
もう一名のBen利屋隊員は最近生きているのか死んでいるのか分からない状態のため、やむなく隊長ひとりぼっちでの出撃と相成った(悲)。

ターゲットは東京西部の棲息地を出て0715に埼玉県は熊谷市のファミリーマート熊谷石原店に立ち寄るらしいので、我がぼっち小隊はそこでターゲット一行に接触を図る。
江戸川駐屯地を0400程度に出撃すれば0700には現着できるはずなので、コーヒーや肉まんを手に待ち伏せてやろうという作戦である。
一応「みんどこ」をキーワードcubで起動して走る予定。
ターゲット一行の末尾に素知らぬ顔で混ざり、目的地までは「やぁ雨は大丈夫ですかなぁ」等とあくまでも通りすがりのカブ乗りを演じきる必要がある。
一行の目的地は片品村の芳味亭なる秘密の館らしいので、そこまではぐれぬよう着かず離れずを保ちつつ追尾する。
目的地ではターゲットは 芳味亭 - 手前にあるのは 30cmの ものさしこんな物を捕食するはずなので、詳細をつぶさに観察、未来の食糧難の時代を生き抜く人類の英知の参考資料とするものである。
しかる後は正体を見破られる前に遁走を計り、生きて自陣下町まで帰着するまでが任務である。
時間的に厳しいとは思われるが、友軍ぢょん氏がY子嬢に新兵器C125を見せびらかしてるらしい現場、ライコランド東雲店に1700程度までに行けそうなら立ち寄ろうかとも画策中である。
作戦の成功は当日の天候や進行具合に大きく左右されるのであくまでも「取らぬ狸の皮算用」ではあるが。
ヨコイ氏作成小隊階級章はまだ余っているので、臨時隊員でも将官級待遇に伍するので応援隊員募集中。
委細面談高給優遇である。



で、話は変わって先日ちょろっとお知らせした「バイクの原3カブミーティング」が9月24日に変更になりました。
詳細は千葉の千太郎さんのブログにて → 告知 日にち変更になりました 【バイクの原3カブミーティング】 




 

20180909 本日ハ晴天ナリ 宮ヶ瀬侵攻作戦

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ 

入念な作戦計画に基づき隣国相模の国は宮ヶ瀬湖畔鳥居原園地への進軍作戦を決行、無事生還為しえたので報告する。

0500 進軍開始。
強烈な残暑が予想されたため暑さ対策第一種軍装にて出発。
要は風通しの良いダボシャツにニッカポッカ、足元はゴールドウインのライディングシューズという珍奇な装備であるが、生きるか死ぬかの瀬戸際に世間の好奇の視線など気にしたら負けである。
素知らぬ顔で近所のGSでハイオク満タン、いざ鎌倉宮ヶ瀬へ。
DSC_0449 

相方バディたる石さんとの集合地点のセブン、0530発予定のため0515着、日本人らしい国鉄並みの正確さで0530発、第二集合地点の大田区のセブンへ。
途中コメント極秘暗号電により合流申請をされた芝の隆さんが待つポイントに向け快走、敵を欺くにはまず味方からの喩えを実践する戦士芝の隆氏は会合ポイント手前で路地からいきなりモグラ叩きの如く飛び出して来られ合流完了・・・ビックリ箱かと思ったのは内緒である。
カブ界にその名を轟かす高名な戦士とあらば我々新参者としては丁重に御挨拶といきたいところであるが、戦闘行動中に付き「あ、どうも」程度でお茶を濁し先を急ぐ。

のどかな休日朝の都内を疾風の如く、但し制限速度を守って駆け抜け、本日2セブンにオンタイム0615到着。
特に連絡はなくとも阿吽の呼吸で現れるであろうと予測した通りヘラさん合流、ついでに御近所住まいのぢょんさんも出陣の見送りに馳せ参じて来られた。
BlogPaint 

いつもの魔改造リトルの時とは打って変わって爽やか風にチャリンコで登場。
次期戦闘機C125の話など伺い、作戦計画通りに0630発。
ぢょんさんにも「なんならチャリで御一緒しましょ」と水を向けるも「あははは」と誤魔化して帰参、四機変態編隊で第三集合地点へ向け離陸。
シンガリを務める石さんと文明の利器インカムで連絡を密にし「暑いねぇ」「暑いなぁ」「腹減ったなぁ」「俺カツ丼食いてぇ」等と緊張感を保ちつつ3セブン着。
BlogPaint

ほどなく小豆さんとお仲間ハンター氏(あ、名前忘れた)が翼を翻し着陸、ここからの敵地の案内役を担う斥候すさきちさんも到着、長躯遠征攻撃の重爆CB400SFを駆るsyunyaクンまで合流し八機体制に。
(宇都宮から川崎まで下道で三時間で来たというsyunyaクン・・・お巡りさーん!)

ここからは斥候すさきち機に先導を任せ、旧小倉橋至近の4セブンへ。
途中先導すさきち機が寝ぼけて新小倉橋へ誘導せしめるというハプニングもあったが、責任感の塊不肖ワタクシ隊長機がフルブーストで先行、事なきを得て無事目的地着。
BlogPaint 

道端の六地蔵に武運長久を願掛けするも隊長機本職の務めかと。
BlogPaint 
大東亜共栄圏の樹立、国体護持の目的遂行に邁進する正義の我らに正体を秘匿する必要などサラサラ無いが、この戦闘詳報を御覧になるお茶の間の国民の平和の為敢えて顔を秘す。

ふと地蔵尊から脇を見ると見上げるばかりの激狭急坂の抜け道発見。
目的完遂のためには安穏な道ばかり選んでいては武人の恥とばかりに指揮官先頭で突撃、軽戦闘機の我らカブ部隊でも思わず笑っちゃうような激しい道、登りかけてから「しまった」と思った事などおくびにも出さずにコケかかって半ベソ状態で登攀成功、重爆syunya機に至ってはフルステアでも曲がりきれずに何度も切り返して後続部隊を渋滞させるという離れ業を演じつつなんとか切り抜け「本当に行くんだもんなぁ」と一言。

途中の写真を撮りたかったがとてもじゃないが停車などできないので頂上から最後の三台だけ記録す。

芝の隆機。
BlogPaint 

すさきち機。
BlogPaint 

石さん機。
BlogPaint

全員大笑いなのがお分かりいただけるだろうか?
もう笑うしかないぐらいの難所だったのであるが、思えばここが本日一番面白かったかもしれない。

「まさか本当に登ると思わなかった」とか「あれで登りきれなかったらどうするつもりだったんだ?」とか「マジか、バカじゃねーの」等々賞賛の嵐を浴びつつ最終目的地鳥居原園地へ。

明晰なる頭脳にて構築された優秀なる計画は破綻する事なくオンタイム1000鳥居原着。
既に多数の二輪四輪にて乱戦模様なるもカブ軍団は一等地を確保し善戦中。
BlogPaint 

戦場の真っ只中に飛び込みながら「腹が減っては戦ができぬ」と悠然と糧秣確保。
DSC_0462 
戦地の事とて致し方ないとは言えもう二度と注文する事は無いであろう「冷たい天ぷらそば(食いかけ)」。
syunya二等兵の山菜そば特別出演。

再度戦場に舞い戻ればエラい数の敵軍友軍入り乱れての超乱戦激戦模様。
カブだけで何台いたんだろ。
DSC_0463 

鳥居原駐車場の売店側半分はほぼカブだらけ、当然同数の戦士がおられる訳で「あ、どうも」「いやぁ久しぶり」「ハジメマシテ」などの激戦が各地で繰り広げられ、お馴染みさんから顔だけ知ってるけど名前の分からない方、ハジメマシテの方、向こうはコッチを知ってるらしいけど誰だか思い出せない方、とにかく沢山の方々と合間見えては急降下離脱の一撃離脱戦法で戦場を徘徊。
先日箱根十国峠で関西軍司令官補佐付き秘書兼バッジ屋さんのヨコイ閣下より拝領した八馬力小隊階級章を乱撃し、石さんも全弾撃ち尽くして尚御挨拶攻撃に余念がなく不敵な笑みを浮かべつつ戦場を飛び回っていた模様。
「闇鍋バージョンが欲しい」「もうありません」「青いツナギのウインナーが可愛い」「タコさんバージョンなら残り一個」等の通信が繰り返される。
釣り人に偽装したパパベリー氏が本当にカブミーほっぽりだして釣りに行っちゃったり、お久しぶりのDucky氏が突然JA44を見せびらかしに現れたり、けんじ氏に激盛り唐揚作戦への出動要請を執拗にされたり、気動車おやぢ小隊三番機Y氏に宇都宮の魔物の帰路の子守りを押し付けたり、HD氏のニューアイテムBRDマフラーの感想を聞いたり、ミニスカの変態氏と目を合わせないようにしてたのに見つかっちゃったり、ヨッサン氏、瑞古氏、KEY氏、はるむね氏、M氏、郵政氏、どっかで見た事ある氏、ありゃ誰だっけなぁ氏、カブミーデビュー女性戦士、カブは見た事あるけど・・・氏、その他あまりに多数で詳細報告不能。

時刻も昼を回った頃には我が小隊は矢尽き刀折れ状態のため自陣への転進を計り戦場離脱を画策。
「あれ、もう帰っちゃうの?」「おーい八っちゃんこっちこっち」「あ、なんだ八馬力さんここにいたのぉ?」等の攻撃をかわしつつ遁走。
石さん、ヘラさん、Duckyさん、小豆さん、ハンター氏と共にまだまだ続く乱戦を尻目に帰路に。
道中たまたま見つけたローソンに浮気してちょいと小休止以外はひたすら自陣東京東部へ進行。
Duckyさん、小豆さん、ハンターさんと順次編隊離脱、自陣都内に入ってヘラさんも離脱後に羽田でちょいと蕎麦食って帰還。
最後の解散式は地元のセブンで。
BlogPaint

ここで相方石さんと本日の戦果報告、各々愛機の状態&今後の武装計画などの会議後に解散。
1730無事帰還で全ての作戦を完了したのである。

ペラッペラのダボシャツでの操縦だったので首の後ろがヒリヒリする以外は戦傷も受けず、話の流れで来週片品村まで唐揚作戦に出動せざるを得ないかもしれない状況に陥った以外は概ね良好な戦果であった。
次回の宮ヶ瀬決戦は11月になるが、その前にスケジュール次第では唐揚作戦、10月には去年参戦しそびれたあだたらカブミー長躯攻撃、足元都内の一大決戦カフェカブ青山攻防戦もある。
その他小規模戦闘の暁ふ頭鍋作戦や愛機の出動準備やら家を追い出されない程度の家族サービス、孫の子守りなど中々忙しい秋を迎える。
友軍諸氏においては本作戦への尽力に感謝し、次期以降の戦場での邂逅の際はお互い援護しつつの奮戦に期待する。

以上!













 
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

八馬力

ギャラリー
  • 20180916 C125お披露目ミーティング・・・の前にちょっと唐揚
  • 20180916 C125お披露目ミーティング・・・の前にちょっと唐揚
  • 20180916 C125お披露目ミーティング・・・の前にちょっと唐揚
  • 20180916 C125お披露目ミーティング・・・の前にちょっと唐揚
  • 20180916 C125お披露目ミーティング・・・の前にちょっと唐揚
  • 20180916 C125お披露目ミーティング・・・の前にちょっと唐揚
  • 20180916 C125お披露目ミーティング・・・の前にちょっと唐揚
  • 20180916 C125お披露目ミーティング・・・の前にちょっと唐揚
  • 20180916 C125お披露目ミーティング・・・の前にちょっと唐揚