20180715 十国峠カブミー参戦記

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ 

防諜上の理由に付き天気図はおろか明日の天気すら軍極秘だった戦時中とは隔世の感のある現代、我が国の気象庁の予報は目を瞠る精度を誇ります。
その気象庁が全国民に向けて 「キケンな暑さ」「記録的猛暑」「屋外の行動は控えて下さい」といった警告を発す中、ノコノコ鈍足バイクでお日様に近い箱根へ行こうなんてのは自殺行為以外の何物でもないと思われます。
駄菓子菓子、男子たるもの「行くぞ~」と言っちゃった以上行かなきゃならないのは日本人の「吐いたツバは飲まねぇ」的な悪癖の為せる業で、飛んで火に入る夏の虫になってきました。

相方石さんとインカムでくだらない会話でもしながら走ればなんとかなるべぇという魂胆は石さんクロス御臨終によりあえなく頓挫、生命の危機すら感じる天気予報に腰が引けながらも作戦決行当日を迎えます。
遠足前夜の小学生気分、と言うより執行前夜の死刑囚の気分で眠れぬ夜を過ごし、いつになく目覚ましが鳴る直前0230起床。
身支度を整えまだ真っ暗ながらも蒸し暑い街へ走り出します。

DSC_0399

単独行の身軽さで予定より早く0430鶴見区のセブンイレブン着。
ここでヘラさんと合流、予定通り0500小隊編成で西へ向かいます。

DSC_0404
後ろにもツーリングに向かうらしいバイクの一団、ヤツらの乗機はイザとなったら高速道路を使ってワープ航法で撤退可能、対する我が方は歩兵の如く一歩一歩進むしかない原付二種、三八式歩兵銃対M1ガーランドどころか竹槍vsB29ぐらいの兵力差。

ボヤいていても始まらないのでとにかく進軍、茅ヶ崎のセブンから小田原に向かい平塚市に入ったあたりで斥候の待ち伏せを食らう。
DSC_0405 

米軍かロシア軍の如き赤い星マークなれど実は友軍のヨッサンさん登場、ここから三機編成で更に西へ。
補給廠Amazonで仕入れた「スマホ対応メッシュグローブ1980円」は存外に使いにくく、苦心惨憺で撮れた写真がコレ。

DSC_0406

0700小田原セブンに到着で小隊小休止、どこからともなく現れたKさん、きさちはさんの二機を加え五機編成に。
DSC_0407

時間余りまくりの現状を鑑みた参謀ヘラさんの進言により甘酒茶屋なるところで時間調整をすべくヘラ機先導で国道1号線で天下の嶮に挑みます。

0800前に甘酒茶屋到着。
BlogPaint 

昔は箱根を越える東海道に数軒あった茶屋の現存する最後の一軒だそうで、ここを目当ての観光客等で結構賑わってます。

旧来の東海道だそうです。
この峻険な山道を徒歩で・・・御先祖様は偉かった。
DSC_0409 

肩越しに茶屋の萱葺屋根を撮ったつもりが私の頭が光ってるだけにしか見えない。
DSC_0411

趣のある囲炉裏からの煙がなんとも懐かしい匂い。
BlogPaint 

ところてんと冷たい抹茶を所望。
DSC_0413

抹茶に付いてきた紫蘇ゼリー?が中々美味かった。
DSC_0414 

十国峠入場は1030からとの事なのでまだ時間は余り、道の駅箱根峠で更に時間調整。
十国峠レストハウスの混雑を予想し、ここで蕎麦など。
DSC_0415
チューブのワサビが笑えるとろろナメコ蕎麦750円。
商魂逞しい観光地価格。

さてそろそろ敵本陣十国峠に斬り込みますが、既にこの辺から暑さで半分死に掛けていたので写真も撮ってなきゃ記憶も曖昧です。
十国峠駐車場に到着後早々にヨコイさんの奇襲攻撃、今回は大量の弾薬を用意しての熾烈な猛攻でした。

DSC_0416
八馬力小隊階級章各種、泥水コーヒー版と闇鍋版、石さん用ペール缶版にウインナーの悪魔版など各種缶バッジ。
いただいたそばからアチコチで御挨拶させていただいた方々に押し付け、帰りにはだいぶ目減りしてました。
ヨコイさんいつもありがとうございますm(_ _)m
石さんには明日渡します。

後はまぁ暑さ(熱さ?)で茹だる頭でボ~っと徘徊、沢山の顔見知りの方々やハジメマシテの方々に御挨拶をしていたような気がしますが記憶が曖昧です。
ただ去年の嵐のあだたらカブミーの日にお会いしたマルコメさんがいらしたのにはビックリ、まさか滋賀県から箱根まで遠征してくるとは・・・可愛らしい容姿や穏やかな物腰からは想像も付かない猛者だと再認識させられました。
張り切って出店されていたびちゅけさん御夫妻に商売のお邪魔にならぬようちょこっとだけ御挨拶させていただいたり、名古屋の人なのにすっかり顔なじみのチャーリーさんに頂いた冷たいウイロウが美味だったり、「八馬力ってどんなヤツだ?」と仰せの気動車小隊バイクじいちゃん隊員さんを紹介していただいたり、暑さ対策の私の装備(ダボシャツにニッカポッカ)をやつがれさんに笑われたり、悪夢のようなセーラー服姿の真性ヘン○イに絡まれたり、カブミーなのにワープ航法機で参加の卑怯者某大物ブロガーさんに「ショバ代の取立て?」などと笑い者にされたり、神出鬼没のひよこさんとアチコチで何度も遭遇したり、HDさん御兄弟がはぐれたらしくお互いを探しているのを時間差で伺ったり、とにかくバタバタと賑やかな時間でした・・・ような気がします。

DSC_0417
ヨコイさんからの缶バッジ+いただいたお菓子やら名刺やらステッカーやら。
テーブルに広げて「どうぞ御自由に」ってやったらかなり捌けました。

カブミー自体は1400までですが、連休真っ只中の箱根からの脱出は午後になると困難を極めると判断、同方向のヘラさんと共に1230勇気ある撤退開始です。
スマホを駆使してナビ&渋滞情報を得るヘラさんに先導を託し、途中やはり箱根帰りのカブ乗りさん達とくっついたり離れたりを繰り返しながら東進、暑さと眠さで意識朦朧としてきたので平塚のセブンで小休止。

DSC_0418 
駐車場は日当たり抜群のため歩道の日陰に避難。
道交法がどうのって言ってたら死にます。

後はひたすら帰るだけ、ヘラさんの先導宜しきを得て渋滞だらけのR1→R15を抜け、都内蒲田辺りでヘラさんと分離、1700なんとか生きて帰る事ができました。

この猛暑にカブで出かけるなんて正気の沙汰じゃない、自殺行為も甚だしいと思いながら帰宅した訳ですが、帰ってシャワー浴びて汗を流し、冷たい物でも飲んで一息ついたら「来年もまた行くか♪」なんて考えてる私はきっとバカです。









 

箱根ぇ~八里ぃ~はよぉ~♪

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ 

馬~でもぉ~を~越す~がぁ~よっとこ~らせっと♪

え~ 爺さんの爺さんの、そのまた爺さんの昔から箱根のお山は天下の嶮等と申しましてですな、険しい難所として知られた東海道一の俊嶮なお山でございますな。
その険しい峠の上に各地から物好きな連中がカブで集まるって事らしいんですな。
カブってのはそう、皆さん御存知のあのソバ屋の出前のスーパーカブってバイクですよ。
cub06023302 
↑こんなヤツだぁね。

こんなオモチャだかガラクタだかワカンネェような乗りモンで箱根のお山を登ろうってんだから酔狂にも程があるってもんです。

そこでだ、その酔狂な連中を眺めに行こうって、こう思った訳でございますよ。
「お~い熊さん石さん、箱根の十国峠ってとこにカブが集まるらしいからよ、いっちょ冷やかしに行かねぇかい」
「おう八っつぁん、そいつぁ面白ぇ、あの険しい箱根の山道をガラクタで登ろうってトンチキ野郎を笑ってやろうかい」


てな訳で今度の日曜15日に開催される十国峠カブミーティングを冷やかしに行こうと目論んでます。
カブで箱根なんてバカだなぁと笑いながら私らもカブで行くわけですが、過去二回は不参加のため場所も分からなきゃ現地の様子も知りません。
ま、とりあえず近くまで行けば誰か参加者がいるだろう、誰か捕まえたら現地の様子聞きながらケツに付いてきゃ良いやって事で以下の作戦計画を立案しました。

0330 いつもの江戸川陣地発、R357で大井競馬場を掠めて鈴が森刑場跡からR15へ。
0445 R15下り線、鶴見橋手前の市場交番前交差点角のセブンイレブン鶴見市場富士見町店着。
       ここは箱根駅伝の鶴見中継所でもあるらしい。
0500 再度西進開始。
0600 R1下り線、茅ヶ崎署小和田交番手前のセブンイレブン茅ヶ崎小桜町店で小休止・・・かもしれない。
0700 R1下り線、R255に突き当たる直前のセブンイレブン小田原本町店着。

で、ここから先は全く不透明です。
R1をそのまま進んで箱根峠を越えて行くか、R135に切り替えて熱海市街から熱海峠経由かだろうと思うのですが、他に近道とか走りやすい道があるかもしれず、小田原まで行けばきっと誰か通るだろうからコバンザメ作戦でケツを追尾しようって魂胆です。
「しゃーねぇな、俺が連れてってやるよ」って方がおられれば↑の各セブンで私らを捕獲、連行も歓迎です。
いつもの隊長ヅラで先頭ではなく、おとなしく後ろに着いて走ります。
「みんどこ」はいつもの如くキーワードcubで起動していくつもりなので、走行中にいきなり襲い掛かってこられても可。
要するに「私を十国峠に連れてって」って訳なので、誰か私らを捕まえて下さい。

「おい熊さん石さんよ、誰も助けてくんなかったら道分かるかい?」
「あぁ八っつぁん、分かんなかったら交番で聞いてくらぁ」
「おいおい、悪人面のアンタがノコノコ交番に入ってったらいきなり拳銃突きつけられねぇかい」
「何言ってやがんでぇ、テメェの方がよっぽど悪人面だろうが」
「お、言ったなコノヤロウ、そいつを言っちゃぁおしめぇよ」
「おう言ったが悪いかコノヤロウ、文句があるならかかってこいや」
「何をこのウインナーの悪魔が!あ、痛っ、ぼ、暴力反対、痛ぇってば」

なんて事にならないように、十国峠に参戦予定の皆さん宜しくお願いします。
お後は宜しいようでm(_ _)m    


 

20180630ヒュ~ドロドロドロ♪ 稲川○んじの漫談、いや怪談ナイト

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ 

当初予定の23日は案の定雨で流れ、予備日の30日こそなんとか晴れろ~という念が通じ過ぎて前代未聞の六月の梅雨明けとなった昨夜「稲川けんじの怪談ナイト」を予定通り開催しました。
参加された方々
↓   ↓   ↓
「皆を恐怖のどん底に陥れてやる」と息巻く肉食霊能系ブロガーけんじさん
ヤンチャなヨシムラカブからジェントルなC125に乗り換え予定ぢょんさん
すっかり私ら妖怪一派(砂かけバ・・・いやネコ娘です)のY子さん
往路も復路もけんじさんの新装備インカムで怒涛の怪談話を聞かされ一人だけ恐怖のどん底すさきちさん
いかにも出そうな廃墟巡りをしても何も感じないとのたまう自称霊感ゼロ瑞古さん
久々の登場、怖い話をしても怖く感じさせない不思議な能力の持ち主Duckyさん
遠く静岡市からわざわざバカ話に参加の物好きして下さったHDさん
翌日仕事なのに安全ベスト光らせて登場夜遊びに参加の非行中年ひよこさん(関東バージョン)
20時からの夜会に18時に現地入りして陣地確保、「一人で暇だったぁ」←そりゃそうでしょガーさん
買い物に行ったローソンでバッタリ出くわし「いや、ちょっとタバコを買いに」とどっかで聞いたようなセリフのレンゾーさん
恐怖の夜会なのにお祭仕様満艦飾カブでにこやかに登場気動車おやぢさん
私が買い物に出てる間にひょっこり現れサッと消えた(らしい)忍者のようなオッカブPさん
何度か顔は合わせているので見覚えはあったもののあまりお話した事がないような・・・ムラタケさん

後は・・・もっと誰かいたような気がしますが私の脳内HDDは3KBぐらいの容量しかないので記憶があやふや(汗)
因みに相方の青いツナギの悪魔は鋼鉄相手に喧嘩して名誉の負傷→戦線離脱でした。


仕事を終えて帰宅後バタバタと支度し、予定ギリギリの20時直前に現地入りしてみると既に数人の方が。
DSC_0400

強風が吹き荒れるため苦労しながらお湯を沸かし、カップ麺を啜り皆さんから差し入れのお菓子やら果物やらと摘んで宴会座談会開会です。

到着するなりナニやらゴソゴソしていた気動車おやぢさん、昭和の屋台みたいなデコレーションのセッティングでした。
DSC_0404 

そんな気動車おやぢさんには「刺激的な辛さ 富山ブラック」を進呈し、ついでに「アゴ焼き」をトッピングして差し上げたら「何か入ってる~!」と叫んでました。
DSC_0402 


ついでに隣のガーさんのペヤングヤキソバには麩菓子を投入。
黒糖味のヤキソバのお味やいかに?
BlogPaint 


闇に紛れて何やら怪しい密談中のDuckyさん、レンゾーさん、すさきちさん。
DSC_0403 


手前背中は気動車おやぢさん、時計回りにガーさん、けんじさん、Y子さん、HDさん、瑞古さん。
BlogPaint 


怪談ナイトらしいっちゃらしい図。
センターには落ちてたブロックに座る講釈士稲川けんじ氏。
BlogPaint 

が、海の向こうは工事現場の煌々と光る灯り、警備艇やら大きな貨物船も通り空にはひっきりなしに羽田へ発着する飛行機。
雰囲気作りに持参したロウソクは強風で消え、線香の煙は吹き散らかされ・・・
BlogPaint 


決して恐怖で凍りついてる雰囲気には見えません。
BlogPaint 


翌日仕事にも関わらず夜遊びに参加してくれていたひよこさんとレンゾーさんが帰られるので、横浜方面で一泊予定のHDさんの水先案内がてら離脱です。
BlogPaint


少々人数が減ってもダラダラペースは変わらず。
BlogPaint 


少人数になって稲川けんじの怪談も盛り上がり皆一様に恐怖に凍りつき・・・
な訳もなく明るい雰囲気、鉄道事故などの悲惨な話も明るい笑い話に変える特殊能力の持ち主←ある意味天照大神並み!?
講談師稲川けんじ氏の微妙な表情はコアラ入り鍋の丼を持った時と同じような気が(笑)
BlogPaint


ひとしきりダベりタイムを楽しんだ後に個性豊かなカブの試乗会。


私のクロスにすさきちさんが乗ったり、
BlogPaint 
レスポンスは良いですね~と一所懸命褒めるポイントを探しつつの感想を述べる苦労人(笑)


「実はクロスカブって乗った事ないんです~」と気動車おやぢさん、
BlogPaint 
跨った瞬間「足着かない!」、ちょいと走ってきて「これはカブじゃなくてクルーザーですね。大間にも楽勝で行けますよ」と余計な事をのたまう天照大悪魔。

他にも皆さんとっかえひっかえ、新型カブC125と同じスペックのエンジンの瑞古さんのウェーブ125は皆さん興味を引かれたようでした。
私もけんじさんのJA44や瑞古さんのウェーブ125に乗せてもらいましたが・・・散々弄った私のクロスが意外なほどパワーが無く、音や振動も含めてガサツな感じなのを実感。
ピーキーキット組んでだいぶマシになってコレか・・・_| ̄|○

そんなこんなで日付もとっくに変わった深夜1時過ぎに撤収です。
深夜にも関わらず、平均年齢を考えればやたらと元気な中年(初老含む)軍団は各々愛機に跨り三々五々家路に就きました。
近場の強みの私はものの30分もかからず2時前には帰宅しました。

毎度くだらない集いに参加して下さった皆さんありがとうございました。
線香花火なりガリガリクンなり、また何か思いついたらやりますのでお付き合いいただければ幸いです。


因みに翌日曜にひょっこり現れた石さん。
なんでも入院を勧める医師にアッカンベーして帰宅して家で倒れてたそうです。
ご心配をおかけした皆さんに元気(?)な姿を。
DSC_0394
顔の感覚麻痺して水も飲めねぇメシも食えねぇ→体重落ちてるぜ♪
口内の傷に激痛が走るためタバコも吸えねぇ→健康的だろ♪
フラフラしちゃってバイク乗れねぇんだよワッハッハと、あくまでも能天気ポジティブな石さん。
昨夜の話をして笑わせると傷が痛くてヒ~ヒ~言ってました^^


次回の集いには↑の悪魔復活予定ですので今回ほど甘くありませんから念のため(笑)

 
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

八馬力

ギャラリー
  • 20180715 十国峠カブミー参戦記
  • 20180715 十国峠カブミー参戦記
  • 20180715 十国峠カブミー参戦記
  • 20180715 十国峠カブミー参戦記
  • 20180715 十国峠カブミー参戦記
  • 20180715 十国峠カブミー参戦記
  • 20180715 十国峠カブミー参戦記
  • 20180715 十国峠カブミー参戦記
  • 20180715 十国峠カブミー参戦記