にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ 

何度目になるのか覚えてませんが、またしてもお台場辺りでの怪しい集会を楽しんできました。
集まった皆さんがそれぞれあちこちで遊んでいたので詳しい事は分かりませんが、以下簡略なレポートです。

予告通りの20時着を目指してお台場方面へ向かっていると石さんから「もうみんな来てるから早く来い」と連絡。
沢山のコンビニを回ってより多くの種類のガリガリ君を入手しながら向かうつもりでしたが、とにかく数だけを確保してそそくさと暁ふ頭公園へ走ります。
到着してみると既に怪しい人影が闇夜に蠢いています。

 ガリガリ君とドライアイスを詰め込んだボックスを下ろす間もなく真っ先に襲撃してきたハマコーさんとBENCHENさん。
BlogPaint 
体調不良で顔だけ出しにとおいで下さったハマコーさん、既に半分この世の者ではなくなっているようでモザイク要らずのブレブレ写真。
もしかしたら高機能スマホカメラが正体を写し撮った?
お勤め帰りらしい恰好のきちんとした佇まいのBENCHENさんと対照的なコンビで車でいらしたそう。
BlogPaint 
左 妖術をかける魔物  右 受けて立つニッポンのサラリーマン

賑やかコンビは打ち上げ花火の如く一瞬の大騒ぎの後サッサと帰られました(わざわざありがとうございました)



毎度お馴染みカブだらけ。
DSC_02031 



楽しく談笑中・・・が、見ようによっては近寄っちゃイケナイような危ない雰囲気。
DSC_0216 


ガリガリ君食ったり花火したりしてた・・・らしい。
DSC_0217 


鍋が無いので東屋下が妙に広い。石さんの背中はもっと広い。
BlogPaint 


石さんが地べたにチョークであみだクジを書いてガリガリ君のトッピングの割り当てを決めたり、けんじさんが持参された香りのする花火で遊んだり、差し入れにいただいたノンアルビールを飲んだりと賑やかに過ごしていたのですが、悲しいかなブロガーとしての自覚皆無なので写真を撮っていません。
そこら辺はsyunyaクンのブログでどうぞ。
因みに石さんが用意したトッピングはチョコクリーム、バタークリーム、麩菓子、タバスコ、ワサビ、ハバネロ入りレッドソース、ふりかけ、等あったようです。
テンションマックスではしゃぐ石さんのノリでは絶対体に悪いトッピングを押し付けられると思い、私はさりげなく逃げていたので詳細は知りません(笑)


ひとしきり騒いでマッタリムードになった頃ヨッサンさん登場。
BlogPaint 

飢えたピラニアの中に放り込まれた生贄同然のヨッサンさんに皆がワラワラの群がり、当然本日のメインディッシュのデコレーションガリガリ君の洗礼です。


素直に応じるヨッサンさん。面白がってカメラを向けるすさきちさん。
BlogPaint 

「はいこれも」「あ、そ、そすか」
BlogPaint 

こんなに乗せて食えるかな・・・
BlogPaint 

ま、不味そう・・・
DSC_0215 

この後まだ麩菓子なんかも乗せられたようですが、根が真面目なヨッサンさんは苦笑いしながら完食されてました。

ヨッサンさんの差し入れのお菓子などいただいていると「午後ティー無糖もありますよ」と。
いただきます!と言う方々のために私が水割りを作るホストよろしく冷たいお茶を用意して差し上げました。


八馬力スペシャルブクブクカクテル、要するに余ったドライアイスをブッ込んだ紅茶です。
何故か妙に嬉しそうなオッカブPさん(通称Pカブ君)、後方は御相伴にあずかり苦笑いのsyunyaクン。
BlogPaint 

うわっ、スモークで見えねぇ、コップがやたら冷てぇと騒ぐ二人を羨ましそうに(?)見ていたヨッサンさんにもハイドーゾ。
BlogPaint


「ワタシにもお茶いただけますか」
「じゃドライアイスを」
「いや、それは結構ですから」
「まぁそう言わずに」
「いや・・・じゃちょっとだけ」
と、普通にお茶が飲みたかっただけのけんじさんはブクブクモクモクのお茶を見つめて黄昏ています。
BlogPaint 

後ろで笑っているぢょんさん、「明日は我が身」って諺通り。
BlogPaint 


湾岸制覇証拠写真を撮るヨッサンさん。
DSC_0222



そんなこんなでボチボチ撤収にかかります。
余ったドライアイスを海に投げ込んだら・・・意外と地味でつまらなかったり
DSC_0224 
水入れてスモーク炊いて笑ったり ←ガキか(笑)
DSC_0225 


それじゃ皆さんお疲れ様でした~と解散。
各方面へそれぞれ皆さん帰って行かれ、私と石さんは腹が減ったのでラーメンでも食って帰るかぁって事に。
やたらと付き合いの良い、言い換えればいつまでもフラフラ走っていたいヘン○イsyunyaクンも率いて三人で開いているラーメン屋を探して地元江戸川区へ。
ラーメン屋はあったものの「横浜家系」とデカデカと書いてあり、既にコッテリ系が苦手なお年頃の私のワガママで急遽すぐ先のびっくりドンキーへ。
眠い眼をこすりながらsyunyaクンとハンバーグというとあの日の悪夢が思い起こされますが、今日は家までほんの数Kmの場所なので気楽さは段違いです。
DSC_0226 
食うだけ食ったらサッサと解散、モタモタしてるとsyunyaクンに金精峠に連れて行かれちゃうので逃げるように帰宅しました。

お集まりいただいた十名ぐらい(はっきり把握できてない)の皆様ありがとうございました。
ただグダグダと喋り他愛ない事で笑うだけのひとときですが、お付き合いいただき楽しく息抜きをする事ができました。
次は十月に芋煮鍋かなぁと考えていますので、またお付き合いいただければ幸いです。



追記
明けてクソ暑い日曜、異音が賑やかなカブのエンジンを開けてみました。
DSC_0202 
もしかしたらのピストンとバルブやヘッドガスケットは接触痕なし、バルブクリアランス正常、シリンダーの吸気側に微かな縦傷あり、ピストンスカート部の吸気側はシリンダーと擦れたらしくコーティングが薄くなっており、排気側スカートには短い線傷ひとつ。
決して良い状態とは言えないものの異音の原因は特定できず。
このままじゃお盆に予定している日帰り長距離に出るのは自殺行為に等しいような・・・
まいったなぁ。。。