2019年09月10日

【ひとひの生和菓子】9/10〜13: 白露のお菓子「玉うさぎ」

9月13日は十五夜。
中秋の名月にちなんでうさぎを模した 薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)をおつくりしました。


旧暦八月一五日は芋名月とも呼ばれます。
皮には山の芋 (薯 蕷)、中はさつまいも餡を包んで芋尽くしです。
手でふたつに割ってお月見気分でお召し上がりください。
<宇治のお煎茶・じょうみょうとご一緒に> 1180円


190910白露のお菓子「玉うさぎ」

.
「芋名月」の芋は里芋のことで、この時期和菓子屋さんでは衣被(きぬかつぎ)などの銘で里芋そっくりの上生菓子もよく並びます。月見団子も元はこの里芋の代わりだったとか。関西の月見団子は腰に餡を巻いた里芋型、由来がその姿に残っています。


芋類は一般的におなかの力をつけてくれる食材で、特に昔から滋養強壮に良いとされる山の芋は生薬としては山薬(サンヤク)といい、年齢とともに衰えがちなからだのはたらきを支えてくれる優秀な食薬です。胃腸の調子が悪いとき湿度の高い時は向きませんが、普段から少しずつ召し上がっていただきたい山の恵みです。炒め物や汁物に入れてもほっくり美味しいですよ。
hitohi at 10:32│Comments(0)一日の和菓子 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
=== DATA ===
新しくて懐かしい
日本茶カフェ一日
日本茶カフェ一日ロゴ

神戸市東灘区本山北町3-6-10メープル岡本2階 〒658-0003
078−453−3637
HP : http://hitohi.jp
mail : info@hitohi.jp
twitter hitohi_cafe
face book hitohi

11:30−20:00
最終月曜休み

カウンター10席・テーブル10席・全席禁煙・予約可・カード不可・駐車場なし(コインP在)
 地図
==== 最新記事 ====
===月別アーカイブ===