2021年10月26日

【ひとひの和菓子】 霜降のお菓子『銀杏いちょう』11/6まで

街路樹の銀杏の葉がわずかに色づき始めました。足下を見ればぎんなんの実。深まる秋の風情をういろうで表しました。さつまいも餡の中には栗の甘露煮を包んでいます。

霜降のお菓子「銀 杏 いちょう
ういろう | さつまいも餡(栗の甘露煮入り)

247313389_400196948377242_1100267005831729473_n

お好きなお茶とセット 1200円
お勧めのお茶【静岡/煎茶/さやまかおり

※ご提供期間: 11月6日(土)まで


 霜が降りる条件は気温5℃に対し地面の温度が0℃になる時。こちらで霜が降りるのはまだまだ先ですが、足元はすでに上半身で感じる以上に冷え込んでいます。また、紅葉が先端からはじまるように手先や手首も相当冷えやすい状態になっています。

外ではもちろん、おうちや職場、学校など部屋の中でも三つの首を温めるアイテムを使っていると断然動きやすくなります。心も温まるお洒落なものを探してみませんか?


季節の一句
綾糸で織りたき路や神の旅

 解説 ⇒  
 陰暦九月三十日。全国諸社の神々が出雲大社に集まるといわれている。それが「神の旅」である。旅路につく神々の路を色とりどりの綾糸で織って差し上げたい。そんな句である。

作: 志田 円 (福岡・北九州の俳句結社「自鳴鐘」同人)
北九州の俳句結社「自鳴鐘」同人
句・解説ともに著作権は作者に帰属します
hitohi at 13:50│Comments(0)一日の和菓子 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
=== DATA ===
新しくて懐かしい
日本茶カフェ一日
日本茶カフェ一日ロゴ

神戸市東灘区本山北町3-6-10メープル岡本2階 〒658-0003
078−453−3637
HP : http://hitohi.jp
mail : info@hitohi.jp
twitter hitohi_cafe
face book hitohi

11:30−18:00
月曜休み

カウンター8席・テーブル9席・全席禁煙・現金支払いのみ・駐車場なし(コインP在)
 地図
===月別アーカイブ===