2021年11月27日

【ひとひの日本茶】半発酵茶:香寿

・日本茶としては珍しい 半発酵茶です。
茶ば>半発酵茶>香寿


日本茶は そのほとんどが茶摘みの直後に発酵を止めます。

「香寿」は、静岡産の茶葉を手摘みして 半発酵で仕上げました。

烏龍茶のような 風味があります。 少量しかありませんが 是非お試しください。


<静岡・半発酵茶・香寿 こうじゅ> 640円
 

半発酵茶の意味と種類 
※公益財団法人 世界緑茶協会のサイトより
 半発酵茶の製法の原理は、まず茶芽を太陽の光に少時晒し、茶葉温度を上げて茶芽に含まれる芳香成分の量を葉内酵素の働きで増加させた後、茶芽を釜で炒って殺青してから、充分に揉捻して形状を造り、これを直火か熱風にて乾燥させて仕上げます。

半発酵茶には発酵程度(カテキンの酸化発酵)の進んだ烏龍茶と、発酵程度の浅く外観にも青味の残る台湾産包種茶があります。烏龍茶は茶芽を日晒し後、室内で茶芽を数時間をかけて萎らせる折、茶芽を手で再三揉み、葉端が赤く変色してきて強い刺激臭を感じる頃を見はからい釜で殺青します。台湾包種茶は、日晒しした茶芽を室内にてあまり揉まずに靜置して、その後釜炒りを行います。

包種茶は高い芳香を持つのが特徴ですが、烏龍茶は製造時にカテキンの酸化発酵が進む際に、芳香成分の1部が分解するために、芳香性では包種茶に劣りますが、その水色は濃い橙赤色を持ち、滋味が濃厚なのが特徴です。(竹尾 忠一)

hitohi at 12:57│Comments(0)今月のお茶 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
=== DATA ===
新しくて懐かしい
日本茶カフェ一日
日本茶カフェ一日ロゴ

神戸市東灘区本山北町3-6-10メープル岡本2階 〒658-0003
078−453−3637
HP : http://hitohi.jp
mail : info@hitohi.jp
twitter hitohi_cafe
face book hitohi

11:30−18:00
月曜休み

カウンター8席・テーブル9席・全席禁煙・現金支払いのみ・駐車場なし(コインP在)
 地図
===月別アーカイブ===