2022年05月21日

【ひとひの和菓子】小満『清流』6/5まで

夏の味覚、鮎がおよぐ清らかな川を求肥でおつくりしました。青葉が映る川面を青のりで映し、中は手亡豆の白こし餡です。

2022.05.21和菓子>汐音屋>清流>

小満のお菓子清 流
青のり入り求肥/白こし餡

お好きなお茶とセット 1200円
 お勧めのお茶:
 【静 岡/煎茶/かなやみどり

ご提供期間:5月21日(土)から 6月5日()


解 説
 夏の味覚、鮎がおよぐ清らかな川を求肥でおつくりしました。青葉が映る川面を青のりで映し、中は手亡豆の白こし餡です。

 6月に入る頃、各地の川で続々と鮎釣りが解禁とされます。鵜飼が盛んな岐阜や京都を中心に和菓子屋さんでは鮎をかたどった焼き菓子が並び、遠くの清流の涼やかさと青々しい香りを脳裏に届けます。

 鮎は岩肌の藻類を食み独特な青い香りを持つため「香魚」の異名を持ちます。今回は青のりを混ぜ込んだ求肥で香る魚の泳ぐ川に寄せてみました。どうぞご賞味ください。

◎季節の一句
『 君が瞳(め)の遥か見通す青葉風  』

解 説】 ⇒
夏、青葉を吹き渡るにおうような爽やかな青葉風。
その風に吹かれながら瞳をかがやかす人は、遥か遠くを見通す心を持っている。

作: 志田 円
  福岡・北九州の俳句結社「自鳴鐘」同人


hitohi at 10:03│Comments(0)一日の和菓子 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
=== DATA ===
新しくて懐かしい
日本茶カフェ一日
日本茶カフェ一日ロゴ

神戸市東灘区本山北町3-6-10メープル岡本2階 〒658-0003
078−453−3637
HP : http://hitohi.jp
mail : info@hitohi.jp
twitter hitohi_cafe
face book hitohi

11:30−18:00
月曜休み

カウンター8席・テーブル9席・全席禁煙・現金支払いのみ・駐車場なし(コインP在)
 地図
===月別アーカイブ===