2022年06月22日

【ひとひの和菓子】夏越『水無月-みなづき』6/30まで

 夏至を迎え、今年も一年の折り返しのタイミング。

古くより 陰暦六月三十日には「半年の穢れを払い」
「無病息災や厄除け」や「家内安全を願い」
茅の輪をくぐって禊ぎをする「夏越しの祓」の風習があります。

京都では三角の形で氷を模した「ういろう」を食べる習わしがあります。

2022.06.22和菓子>無月みなづき

夏越の菓子水無月 みなづき

吉野羹(吉野本葛・寒天使用) / 丹波大納言の蜜漬け

お好きなお茶とセット 1200円

 お勧めのお茶:
 【静 岡/煎茶/さやまかおり

ご提供期間:6月22日(水)から 6月30日(木)


解 説
 かつて宮中や江戸幕府では氷の節会または氷室の節句として、氷室から切り出された氷を暑気払いとして食されていたそう。
小豆のは邪を祓う生命の色と言われています。

 ういろうで作ることが多いのは 小麦の収穫を祝う意味もあったためとか。
お店ごとに特徴があり、中には上等な本葛のみでおつくりになるところも。好みを探して食べ比べするのもこの時期の楽しみのひとつです。

 こちらでは暑気払いにぴったりな 本葛と寒天を合わせた吉野羹(よしのかん)でおつくりします。
どうぞご賞味ください。


◎季節の一句
『  くぐる背に日や風過ぎし茅の輪くぐり 』

解 説】 ⇒
祝詞を唱えて茅の輪をくぐると、日や風がけがれの落ちた身を教えてくれるようにわが身を過ぎていく。

作: 志田 円
  福岡・北九州の俳句結社「自鳴鐘」同人


hitohi at 10:22│Comments(0)一日の和菓子 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
=== DATA ===
新しくて懐かしい
日本茶カフェ一日
日本茶カフェ一日ロゴ

神戸市東灘区本山北町3-6-10メープル岡本2階 〒658-0003
078−453−3637
HP : http://hitohi.jp
mail : info@hitohi.jp
twitter hitohi_cafe
face book hitohi

11:30−18:00
月曜休み

カウンター8席・テーブル9席・全席禁煙・現金支払いのみ・駐車場なし(コインP在)
 地図
===月別アーカイブ===