2024年03月20日

【ひとひの和菓子】春分 『花見団子』

お花見につきものの「お団子」三種類を、上生菓子仕立てでおつくりしました。
・桜の花を表すピンクは薯蕷(山の芋)の練切
・葉の緑はよもぎ入りのういろう
・幹を表す茶は小豆の練切 


和菓子>汐音屋>花見団子>2024.03.20

立春の和菓子『 花見団子
ういろう・薯蕷練切(山の芋使用)

・お好きなお茶とセット 1300円
お勧めのお茶
【滋賀/煎茶/朝宮茶


※ご提供期間: 3月31日(日)まで


解 説
 花見団子が生まれるきっかけをつくったのは一説によると豊臣秀吉だそうです。
一五九八年、京都の醍醐寺で催された花見の宴(闘の花見)の折に、全国の銘酒や銘菓をあつめて供したことから、花見でお菓子を楽しむ風習がはじまったのだとか。

のちに花見団子が生まれ、「花より団子」という言葉が生まれるほど庶民にも広く親しまれるようになりました。

 ほんのり桜が香る琥珀糖を咲かせました。お花見気分でひとときのお茶の時間をどうぞお楽しみください。


季節の一句
揚げ雲雀 (ひばり) 紺碧の空溶けゆごと

解 説> ⇒
 春の野を鳴きながら空高く真っ直ぐに舞い上がる雲雀。
春の青い空に溶けてはるか天の国に舞い上がる如くである。

作: 志田 円/福岡・北九州の俳句結社「自鳴鐘」同人

hitohi at 13:28│Comments(0)一日の和菓子 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
=== DATA ===
新しくて懐かしい
日本茶カフェ一日
日本茶カフェ一日ロゴ

神戸市東灘区本山北町3-6-10メープル岡本2階 〒658-0003
078−453−3637
HP : http://hitohi.jp
mail : info@hitohi.jp
twitter hitohi_cafe
face book hitohi

11:30−18:00
月曜休み

カウンター8席・テーブル9席・全席禁煙・現金支払いのみ・駐車場なし(コインP在)
 地図
===月別アーカイブ===